膵がんの期待される治療法:MRIdian(メリディアン)

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

AERA.dotにMRIdian(メリディアン)の記事がアップされています。

膵がんの補助療法

2019年に改定された『膵癌診療ガイドライン』では、膵がんの治療法は「手術+補助療法」が基本とされた。

手術が可能な膵がんであっても、術前に放射線や抗がん剤で治療をするべきだとなっている。

膵がんは、主要部が主要な血管や周囲のリンパ節に食い込みやすい、そのために転移しやすい特徴があるため、がんが小さく、手術で切除できても、目に見えないがん細胞が残っている可能性があるからだ。

これらの微小な腫瘍を放射線照射や抗がん剤の投与によって叩いておこうというわけだ。手術単独よりも、その方が長期生存が望めるからだ。

これまでは、手術できるかできないかの境界領域の膵がんに放射線や抗がん剤を投与して、腫瘍が縮小すれば手術ができるようになることを目指して行うことがあったが、新しいガイドラインでは、基本的にすべての手術可能な膵がんに補助療法を勧めている。

2016年に、膵がんにおいても、腹腔鏡による膵体尾部切除術が健康保険の適用になった。ただ、膵頭十二指腸切除術など膵頭部の膵がんに対してはまだ手術の方が推奨されている。

MRIdian(メリディアン)

国立がん研究センター中央病院で、臨床試験として行われている「MRIdian(メリディアン)」。

これまでに40人ほどの膵がん患者に施行しているそうだ。

対象となるのは、局所進行膵がんで、血管に腫瘍が食い込んでいるなどの理由で手術ができないケースに限っている。

「適応を限定しているアメリカの成績では、患者22人の治療後1年間の生存率はほぼ9割」と、新しい放射線療法に期待を寄せる。

MRIdianの治療を受けられるのは、同院と江戸川病院の2カ所。自由診療なので国立がん研究センター中央病院では、210万円ほど費用がかかる。相談は同院のセカンドオピニオン外来で受け付けている。

江戸川病院では、今年中に新しいMRIdianの装置を導入すると言われている。

MRIdian(メリディアン)」について詳しく知りたい方は、下の『このブログの関連記事』も参考にしてください。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • メリディアン(MRIdian)の臨床試験メリディアン(MRIdian)の臨床試験 昨日の「膵臓がん患者と家族の集い」では、国立がん研究センター中央病院でメリディアンの治験への参加を勧められてという方が、2~3人いました。 メリディアンについては、 […]
  • 【膵臓がんにも適用】放射線治療の新兵器―メリディアン(MRIdian)とは【膵臓がんにも適用】放射線治療の新兵器―メリディアン(MRIdian)とは がんの3大治療法は、手術、抗がん剤、放射線と言われますが、近年放射線治療の進歩がめざましいです。 陽子線や重粒子線はもちろんのこと、サイバーナイフ、ガンマナイフ、トモセラピ […]
  • 今日の一冊(107)「最先端治療 胆道がん・膵臓がん」今日の一冊(107)「最先端治療 胆道がん・膵臓がん」 膵臓がん患者は、希望が持てる最新の正しい知識を求めているのです。そうした患者の要求に応えようと、ある程度努力した内容となっています。ある程度と書いたのは、再発、転移後の治療法に関 […]
  • 代替療法について考える 20日もブログを更新しないあいだに、外はもう春の装いをはじめたようです。早咲きの桜は、枝の先端に蕾を用意しています。先月は新潟の松代で積雪4mの雪景色を巡り、先の週末は沖縄で初 […]
  • 車のオイル交換は一年一回でよい車のオイル交換は一年一回でよい 一年ぶりに愛車ハリアーのオイル交換をした。前回は昨年の7月だから正確には1年2ヶ月ぶりになる。この間の走行距離は約10000キロ。入院後のここ数ヶ月はほとんど走っていないから例年 […]
  • マイナンバーって要るの?マイナンバーって要るの? 今日から確定申告の受付です。早速申告を終えてきました。 今年から「マイナンバーの記載が義務づけられます」と、税務署が盛んに宣伝していますが、私は記載しないで提出。受付の担当者が […]
  • 春だから、そろそろ写真も撮りに行きたい春だから、そろそろ写真も撮りに行きたい 春ですね。暖かくなってきました。 桜そろそろ満開ですけどね、新型コロナウイルスの影響で宴会は自粛ですか。 一昨日上野公園の前を通りかかったのですが、交番脇のい […]
  • 『生物と無生物のあいだ』福岡伸一 新書大賞とサントリー学芸賞を同時受賞した、福岡伸一さんの『生物と無生物のあいだ』。本当に文章のうまい人です。化学者というよりは文学者と言ったほうが良いほどです。 前半は、野口 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です