がんとケトン食

Web交流会のご案内

【日 時】2021年2月7日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】20名
【内 容】
第一部 「がんゲノム医療とリキッドバイオプシー」について患者の和田さんが解説
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

インチキ食事療法と言われているケトン食だが、大阪大学のがん患者に対する症例研究では、成果が出てきつつある。

まだ症例研究の段階だが、期待が持てる結果だ。

大阪大学を中心とする「癌ケトン食治療コンソーシアム」(代表研究者:大阪大学 大学院医学系研究科 先進融合医学 特任教授(常勤)萩原 圭祐)が、研究成果を、2020年5月19日に国際科学雑誌Nutrientsのオンライン速報版で公開している。

進行性のがん患者を対象とした臨床研究において、中鎖脂肪酸油(MCT)を含むフォーミュラ食品を使用した新しいケトン食療法によって、有望な結果が得られました。

さまざまな癌腫の患者(ステージIV)55人の患者のうち、3か月間ケトン食療法を実施した37人の患者のデータを分析した。

開始1年後には、3人の患者が完全奏効し、7人の患者が部分奏効。

生存期間の中央値は32.2(最大:80.1)か月

3年生存率は44.5%でした。

ケトン食療法の開始3か月後における、血清Alb値、血糖値、CRPによる評点(ABCスコア)を使用して、患者を層別化すると生存率が有意に異なることが明らかになりました。

今回の結果から、大阪大学で開発したケトン食療法は、様々な種類の進行がん患者に対して、有望な支持療法になる可能性が示されました。

参加者は全てステージⅣの患者さんなので、素晴らしい成果ですね。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • いつまで自粛を続けるかいつまで自粛を続けるか 新型コロナウイルスのクラスターが発生する3条件っていうのが、次の図に表現されていますけれども、患者会がんの患者会というのはまさにこの条件にぴったしではないですか。 […]
  • 膵癌細胞診のミスで胃に転移したAさん膵癌細胞診のミスで胃に転移したAさん 先々週の出張で40mのタワーに垂直のモンキー梯子で上り下りして宿に帰ったら、ある方から自宅に連絡したいのだがとの伝言があった。 仮にAさんとしておくが、旧『すい臓がんカフェ […]
  • がんと炎症の関係がんと炎症の関係 がんと炎症との関係について、私がその重要性を知るようになったのはシュレベールの『がんに効く生活』という書籍でした。「私のがん攻略法」には、これ一冊あればがん治療対策は十分だと書い […]
  • 改訂された米国がん予防ガイドライン改訂された米国がん予防ガイドライン 昨日から水溶の下痢が続いており、おかしいなと思っていたのですが、どうやらインフルエンザに罹ったらしい。膵臓癌になってから初めての風邪・インフルエンザです。今日は1日寝ていました。 […]
  • がんと食事(4)がんと食事(4) DP2 Merrill F5.6 1/160秒 ISO200 […]
  • 末期がん患者の死への不安末期がん患者の死への不安 末期がん患者のこころの問題 小児科医細谷亮太氏は、聖路加国際病院小児科で40年間難病の子どもたちと向き合ってきた医師です。大下大圓氏は、日々悩み苦しむ人たちに献身的に寄り添 […]
  • 写談「撮んぼ」写真展写談「撮んぼ」写真展 写真家の入江進さんに誘われて、東京芸術劇場で開催されている写談「撮んぼ」写真展に行ってきました。 東京芸術劇場。こんなところで私も個展をやってみたいものです。 […]
  • ストレスはがん患者の死亡率を高めるストレスはがん患者の死亡率を高める 「海外がん医療情報リファレンス」のこの記事、よく読むと子宮頸がん以外のがんもストレスで死亡率が高くなると読めます。 「がんと診断された患者は、うつ、不安、ストレ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です