腫瘍マーカの推移

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

昨年の手術以後の腫瘍マーカの値をグラフ化してみました。

UクリニックでPET-CTをやっておこうと言われたのは、この腫瘍マーカが「正常値」の範囲内ではあるが、右肩上がりだと先生が言われたためです。正常範囲は、

  • CA19-9  0~35.0
  • CEA    0~5.0

グラフ化してみると、なるほど、CA19-9もCEAともに右肩上がりになっていました。「若い先生だと気がつかないこともあるよ」とのことでしたが、癌研の先生は若くはないが、外科医ですから無理もないのかもしれません。それ以上に癌研の先生方は忙しすぎるような気がします。患者一人ひとりの身に合った診察などできないほど忙しいのでしょう。

こうしてグラフを眺めてみると、PET-CTの画像診断医は「疑いがある」との診断報告書ですが、転移だと考えてほぼ間違いないと思います。

腫瘍マーカの値は、数字よりも値の上下、時間的な経緯観察が重要だという教訓です。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • PET-CTの結果、リンパ節への転移発見PET-CTの結果、リンパ節への転移発見 PET-CTの結果を聞くためにUクリニックへ。 先生が開口一番「いますね。」 大動脈近くのリンパ節に転移した腫瘍があるらしい。大きさは5mmほど。「この程度の大きさではC […]
  • 癌研の定期検査癌研の定期検査 約4ヶ月ぶりの癌研での定期検査。といっても血液検査だけです。 腫瘍マーカーの値はCEAが3.8と、変化なしで正常値の範囲内です。CA19-9は21.1と、前回の31.2から大きく […]
  • 転移ではなかった転移ではなかった サードオピニオンで四次元ピンポイントの放射線治療をする予定だったが、植松先生の提案でもう一度CTを撮ることになった。 昨年のすい臓がんを見つけたときにお世話になった山王の伊 […]
  • ASCO 2010 Gemcitabine & nab-paclitaxel(アブラキサン)ASCO 2010 Gemcitabine & nab-paclitaxel(アブラキサン) ASCO […]
  • サードオピニオンサードオピニオン 四次元ピンポイントの「スーパー・フォーカル・ユニット」による放射線治療の適用が可能かどうか、サードオピニオンを受けた。 天王洲アイル駅の近くの報知新聞社前で待ち合わせて面接場所へ […]
  • 食事療法について 食事療法でがんが治るのか。これについては賛否両論ある。骨折ならすぐに外科治療あるいは整形外科を受診すべきだろう。しかし高血圧なら、一時的に血圧降下剤が効くにしても、根本的には生活 […]