腫瘍マーカの数値は信用できるのか?

Web交流会のご案内


【日 時】2021年2月7日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】20名
【内 容】
第一部 「がんゲノム医療とリキッドバイオプシー」について患者の和田さんが解説
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

足利事件でDNA鑑定により犯人とされた菅家さんの無罪が確定したというニュースはまだ記憶に新しいが、先日(7/16)は神奈川県警で科学捜査研究所のDNA誤登録が原因で別人を逮捕したという事件が報じられた。

DNA型鑑定の精度は足利事件当時とは格段に向上して、同一パターンが出現する確率は4兆7000億人に1人といわれる。ところが、一般に実験・試験において検体の取り違え、何らかの記載ミス、事故などにより間違いを犯す確率は、公表はされていないが多くの専門家はそれを100分に1程度だとしている(『たまたま』レナード・ムロディナウ著、P.58)。仮に試験機関においてミスを犯す確率が100分の1としよう。試験機関がミスを犯す確率とDNAのパターンが一致する確率は独立した事象だと見なせるから、DNA鑑定において無実の人が犯人とされる確率は、これらの合計である。(偶然の一致と人為的ミスはどちらもあまり起きそうにないから、両方が同時に起きる確率は無視して差し支えない。したがってどちらか一方が起きる確率を求めればよいのであり、統計学では独立した事象のどちらかが起きる確率は、それぞれが起きる確率の合計であることを教えている)

そして4兆7000億分の1は100分の1に比べて無視できるほど小さいから、えん罪の起きる可能性は100分の1として差し支えない。これはどうみても無視できるような数字でない。

つまり、足利事件裁判においてはDNAの鑑定精度を云々するよりも検体の取り違えなどの人為的ミスの確率を問題にすべきであった。そして人為的ミスの確率は決して小さくはなく、人間は必ずいつかはミスを犯すだろうから、これからもえん罪は起き続けるだろう。さらに、人為的ミスではなく意図的に検査結果の信憑性を低下させるような行為があるとしたら、誤鑑定の確率は10分の1程度に上昇しても不思議ではない。

がん患者にとって重要な検査項目である腫瘍マーカにおいて、こうした人為的ミスがあるとしたらどのような影響があるだろうか。CA19-9が500→300→200と下がってきた。患者は安心して現在の治療法が効いているのだと思うし、医者も同じように考えて今の治療法を継続するだろう。しかしその測定値がミスによるものであって、実際は300→400→500なのかもしれない。測定値が信頼できなければ治療方針に確信が持てない。もちろんどのような測定にも誤差はある。誤差の範囲を考慮して検査結果を判断すべきである。しかし、その検査に人為的ミスだけではなく、意図的な悪意に満ちた、いい加減な検査があるとしたら、ことはがん患者の命に関わる重大事である。「現在のガン治療の功罪」で梅澤医師がその実態を書いている。それも最近のできごとらしい。

大手といわれる試験機関において検査の信憑性が疑われており、それを指摘されているにもかかわらずいまだに公表も弁明もしていないという。梅澤医師はマスコミの取材を通じて公になるはずだと予告している。ある医療事件で患者の立場に立ち、内部告発をしたこともある梅澤医師である。今後の展開に大いに期待したい。

今はどこの病院も経営が苦しい。従って外注経費の削減は至上命令であろう。外注に出す検査費用も安いところを優先するに違いない。そして試験機関も単価を安くしなければ病院から仕事がもらえない。そのためにはどうするか。手っ取り早いのが高価な試薬を薄めて使う、あるいはより安価な試薬に変更するということが日常的に行なわれているとしても不思議ではない。詳細は忘れたが、何年か前にそのような事件が報じられたという記憶がある。鰻や牛乳、赤福に白い恋人。医療の検査ではこのようなことは起きていないと思う方が、脳天気すぎると言えるに違いない。

つまりは、より安く、より利益を上げるという経済論理が医療の分野でも横行しているのである。公平な競争は必要であり、無駄は省く必要があるが、現在の医療行政のもとではそれが常識的な水準を超えており、もはやまともな経営者では経営ができないというレベルにまで悪化してしまったということではないだろうか。営利企業である検査会社だけではなく、民間資本を導入した病院経営の行き着く先を暗示しているできごとである。

腫瘍マーカの数字がまったく信用できないということは、われわれがん患者は目隠しをされて横断歩道を渡らせられているようなものである。大きな不安と憤りを感じる。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 胃がんの検診(内視鏡検査)胃がんの検診(内視鏡検査) 一昨日の甲状腺の超音波検査に続いて、今日は胃がんの内視鏡検査いわゆる胃カメラでした。 クリニックはいつもリパクレオンとアヘンチンキをもらっている病院です。ここの先生が内視鏡検査 […]
  • 血液型と膵臓がんのリスク血液型と膵臓がんのリスク 血液型がO型の人に比べて、B型は72%も膵臓がんになるリスクが高いという報告がありました。 ダナファーバーがん研究所の研究者らは、膵臓がんの基礎的な生態に関し新 […]
  • EPA/DHA摂取でがんの生存率向上EPA/DHA摂取でがんの生存率向上 生物は傷ついた組織を修復する能力を持っています。その中心メカニズムが”炎症作用”です。ところが、がんはこの修復メカニズムを利用して、自らの成長を支えるために炎症を引き起こそう […]
  • 芋焼酎「六代目百合」芋焼酎「六代目百合」 長い正月休みですが、今年はどこにも出かける予定がない。今年もいろいろあったが、可もなく不可もなし。大掃除も終わったし、あとはのんびりとチェロを弾き、音楽を聴いて酒でも飲んで過ごす […]
  • 久留米大 がんワクチンの臨床試験開始久留米大 がんワクチンの臨床試験開始 がんペプチドワクチンに関するニュースが連続していますね。前立腺がんといわず、すべてのがんについて「先進医療」としてくれれば、患者負担が相当低減されるのですが。国内外とも未承認の薬 […]
  • ビタミンCビタミンC Linuxの開発者リーナル・トーバルズは、彼の父親がライナス・ポーリングの信奉者だったことから命名されたそうです。ポーリングは個人で二つのノーベル賞(化学賞、平和賞)を受けた数少 […]
  • 歯周病は膵臓がんのリスクを高める歯周病は膵臓がんのリスクを高める PubMedに発表されたニューヨーク州立大学の研究論文です。 Human oral microbiome and prospective risk for […]
  • 高遠の小彼岸桜高遠の小彼岸桜 土日で信州高遠城址公園の小彼岸桜を見物してきた。十年前に一度行ったが、その時は早すぎて枝ばかりの木を見ただけ。今年は15日が見頃と予想が出ていたが、この日はチェロの合同レッスンの […]
LINEで送る
Pocket

腫瘍マーカの数値は信用できるのか?” に対して3件のコメントがあります。

  1. のんの より:

    マーカー値は癌の勢いを示す数値として患者はその結果に一喜一憂する。
    その検査が杜撰では何をか云わんですね。
    主人の場合も病院を変わるとCA19-9の基準値は同じなのに数値に2倍の差があって驚きました。
    一時500を超え心配していたら他の施設では240というので下がったのかと喜んでいたのに、DRは
    37を超えたら数値より上向きか下向きかが問題なので数値は気にしなくていいというDRの説明だったのです。
    是ってどういう事よと不審に思いましたが、今回のコメントで良く判りました。それにしても数値が倍はひどいです。
    検査方法の徹底がなされチェック機能が働けばこんな事にはならないでしょうに・・。厚生省は何をしている?

  2. キノシタ より:

    陶さん。仮に不正があるにしてもごく一部だと(信じたい)ですね。多くの業者はまともにやっているのでしょう。私のかかっている癌研などは自分のところで検査処理しているのですから、これは信用しても良いはずです。ISOの考えでは「購買先」の評価項目がありますが、病院でもISOを取得しているところはこうした検査業者の「品質」も評価しているはずですね。小さなクリニックなどで外注に出す場合には、同じ血液を分割して別名で依頼し、その結果で品質を評価する、こうした工夫が必要ではないかと思います。検査は誤差もあればミスもある。しかし一定の品質を確保するためのシステムをどのように構築しているのか、競争社会であれば余計に品質への神経質なほどの注意が必要です。でなければ生き残れない。

  3. より:

     患者の命に関わる数値(腫瘍マーカー値)に営利優先の杜撰な改ざんやインチキが蔓延っているとすれば
    由々しき事態だと思います。
    ただ、その実態を指摘しておられる医師のブログを拝見してちょっとだけわが身に置き換えて安心したところもあります。
    ブログを読みますと、
    1.大学病院・がんセンター・地域の基幹病院は、外部の検査会社に委託検査をしてもらっていない。(もしくは
      私の場合で言いますと検査を委託しているとしても委託項目はごく一部のみである)。
    2.検査会社の中には(大手も含む)検査結果が信用できない‘ことがある’。
    と理解され
    数値が信用に足る検査はあるし、すべてがすべて信用性に疑問符がつくわけではないということ、のようです。
    いずれにしても
    杜撰極まりない検査を行っている検査会社があるとすれば、社会正義からも直ちに糾弾されてしかるべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です