入院前の検査

337cc
癌研で入院前の検査。

持病の不整脈が手術に影響するかどうか、内科の先生の診察を受ける。40年も付き合っている不整脈だし、前の直腸がんのときにも問題がなかったから大丈夫だと思うが、担当医としては確認しておきたいのだろう。

結果的には「問題ないですよ」との診断。その後血液検査と胸部レントゲンの撮影。最後に入院受付で入院時の書類を渡され説明を受ける。
「部屋でインターネットは使えますか?」との質問に、窓口の女性は「パソコンは使えますが、電波で通信すると機器に影響が出る恐れがあるので、使用できま
せん」との説明。あれあれ、癌研のHPの記述と違うではないか。HPの「よくあるご質問(入院)」には次の様に書かれている。

  • Q パソコンは使えますか。
  • A パソコンは、周囲の妨げにならなければ使用しても差し支えありません。
  • Q インターネットはできますか。
  • A 患者様により、お持ちいただいたノートパソコン等(*モデムが内蔵されているものに限る)でインターネットをご使用になられる場合は、院内に設置してある公衆電話からのモジュラーケーブルによるインターネット接続がご利用可能になられます。
  • その他、患者様のほうで、モバイル接続(それぞれ各プロバイダーが出しているサービスをご参照ください)を契約している場合は接続が可能になります。ただし、お部屋の位置によっては接続が悪いところもありますのでご了承ください。
    (*契約から機器が患者様に届くまでに一週間ほどかかるそうです。)
  • 残念ながら病院から患者様に提供しているインターネットのサービスはご用意してありませんので、あらかじめ患者様のほうでご用意くださいますようお願いいたします。

とある。患者がモバイル接続の契約をして部屋で使うのは差し支えないが、部屋の配置によっては受信感度が悪いですよ、と読めるではないだろうか。事務の上司の方に再度確認したら、「インターネットは使用しても良いですが、部屋ではちょっと・・・」との説明。これも違う。

入院してからもう一度確認してみよう。

JR大井町駅に着くと「有楽町駅で人身事故があり、電車が遅延しています」のアナウンス。人身事故=自殺だということは誰もが推定していることだろう。どんな人が、どんな理由で、などとは考えないで当たり前の風景・出来事になってしまった異常な国。

駅で蕎麦でも食べようとエレベータ付近で写真仲間のJさんとばったり。風景写真家の竹内敏信さんが脳溢血?で倒れたと聞かされた。
http://www.takeuchitoshinobu.jp/

 


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す