スポンサーリンク

膵臓がんで手術できるのは患者の20%

LINEで送る
Pocket

338cc昨日の検査結果の確認と入院前の最後の診察で癌研へ。
今日は妻を伴っていった。

先生が妻のために最初から丁寧に説明してくれた。「膵臓がんと診断された患者さんのうち、手術できるのはそのうちの約2割です。体の中央部、胃の裏側になり、なかなか検査も難しいところですから、見つかったときには転移もしていて手術すらできないということになりがちです。癌研には手遅れだと判断された患者は紹介されてきませんから、ここに来る患者の50%は手術ができません」

私は幸運にも手術可能な20%に入っているわけだ。

手術自体は99%成功するから大丈夫ですよ、との説明に妻も納得。最後に先生から「がんばりましょう」と言われて診察室を出た。手術後の5年生存率はこれも20%ということにはお互いに触れず。まぁ、2年生存率50%に入ることを目標にがんばるさ。

午後から入院に必要なものを調達。まず「いびき防止器具」を薬局で購入。iPod nanoに好みのCDを可能な限り保存した。クラシックをメインにしてこれまで耳になじんだ名曲をたくさん入れた。CD100枚くらいは入っただろうか。びっくりした。これにBOSEのノイズキャンセリング・ヘッドフォン-QuietComfort3の組み合わせで、入院中は音楽三昧としよう。

夕食は近所のレストランで。先生から禁酒を言い渡されているのでノンアルコールビール。妻は生ビールをおいしそうにジョッキに二杯も飲んでいた。飲めない俺に少しは遠慮がないのかなぁと思ったが、彼女もここ数日はストレスの連続だっただろうし、今日の先生の話で幾分はほっとしたのだろうと、許すことにした。心の中で「また癌になってすまない」と詫びる。

乾杯!


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • オラパリブはプラセボよりも全生存期間を延長傾向オラパリブはプラセボよりも全生存期間を延長傾向 オラパリブはプラセボよりも全生存期間を延長傾向 BRCA変異を持つ進行膵癌の1次治療後の維持療法として、PARP阻害薬であるオラパリブが承認されましたが、どの程度 […]
  • ペプチドワクチンで腫瘍が増大することがある 退院して6日目です。何とか、本来の体調に戻ってきたようです。 グラフィック・メディカル・マガジン「Mebio」12月号が「がん免疫療法の進歩と問題点」を特集しています。中村 […]
  • がんに効く、無敵のカクテルがんに効く、無敵のカクテル DP2 Merrill F3.5 1/1250秒 […]
  • 膵臓がんが消えた? ARISUさん 1月8日の記事でちょこっと紹介したARISUさんの手術。無事に終わって一般病棟に帰ってきたようですね。お疲れさまでした。 ARISUの連絡帳『痛いが止まらな~い』 し […]
  • DPP-4阻害薬とSU薬の併用で低血糖リスクが1.5倍DPP-4阻害薬とSU薬の併用で低血糖リスクが1.5倍 膵臓がん患者では血糖値の管理に気を遣っている方も多いです。HbA1cも気になるけど、怖いのは低血糖。高血糖ではすぐに命に関わることはないですが、低血糖では場合によっては痙攣を起こ […]
  • あなたが代替医療を考えているのなら、この一冊をあなたが代替医療を考えているのなら、この一冊を 統合医療のバイブル本 がん患者の8割が、何らかの代替医療を取り入れていると言われています。書店に行けば、その類の本が真っ先に目にはいってきます。中には怪しげなものもたくさん […]
  • 前向きに生きることが、治癒につながる前向きに生きることが、治癒につながる プレハビリテーションのクラウドファンディング 佐藤典宏先生が立ち上げている、プレハビリテーションのクラウドファンディング、 目標の90%以上を達成して、220万円ま […]
  • シュレベールの箴言(2)シュレベールの箴言(2) がんを治すことができる代替治療法はひとつもない。しかし、私たちの体がもっているがんに対する自然の防衛力を無視するのもまた、ナンセンスである。 がんの芽を摘むことができるはず […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です