福田内閣支持率25%に

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

抗癌剤の最後の投与が先週終わった。3日くらいは気分が悪くて仕事もろくに手につかなかった。これからは月に一度程度の診察で経過観察。私にできることは、ストレスのない生活と玄米菜食で食事に気をつけること。これくらいしかない。


朝日新聞の世論調査によると、福田内閣の支持率が25%に急落して「危険水域」に入ったと報じられている。前回調査が31%だから、すでに末期的症状だ。

原因はもちろん「後期高齢者医療制度」だ。しかし、ここで考えてもらいたい。この制度を作ったのは2年前の小泉内閣であり、「郵政民営化」を初めとする「劇場型政治」にOKを与えたのは国民ではないのか? 「官から民へ」「自己責任」「痛みを伴う改革」、これらに何となく期待を持って、「刺客」騒動に拍手喝采をしたのは誰だったのか?

歳をとるのは「自己責任」であり、医療費の「定額払い」は「痛みを伴う改革」そのものではないか。それが「後期高齢者医療制度」として現実に始まったというだけのことだろう。我々「馬鹿な」国民がこの制度を承認し、支持し、お墨付きを与えてきたのだということを忘れてはいないか。

私の昨年9月22日のブログ『「老人虐待防止法」はこの国の政府に適用すべし』ではそのことを書いておいた。マスコミも、この制度が始まる直前まで問題点を報道しないのだから、その役割を果たしてはいない。一昨日のテレビで、共産党の議員が「入山料を取る姥捨て山だ」と言っていたが、うまいことを言うものだ。まさにその通り。まともに払わない年金から保険料(入山料)は天引きでしっかり取るのだから。そのテレビ番組で公明党の議員が言っていた。「消費税を増税しないとやっていけないのでは・・・」と。

本音が出てきたというべきだろう。小泉の始めた「構造改革」による社会保障費の削減は、かつて小泉が「国民が、もうお願いですから消費税を上げて下さいと言うまで、徹底的に(社会保障を)削り
まくれ
」と指示したように、本丸は消費税の増税だろう。

道路特定財源、軍事費、これらを見直せば消費税の増税なぞは必要ないはずだ。しかし、消費税に反対しないマスコミでは、この社会保障の問題の本質的な解決策は出せやしない。

各地の医師会など、「後期高齢者医療制度」に反対する世論が沸き起こっているが、驚くのは公明党の態度だ。自民党以上にこの制度を廃止することに反対している。さらには消費税を増税しろといっている。ここにはかつての「庶民の党」といったイメージはまったくない。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ガンの患者学研究所 (4)ガンの患者学研究所 (4) 川竹氏の『ガン・治る法則12カ条』には部分的に見れば賛同できるものも少なくありません。例えば「どんなときにも希望はある」。たとえ末期であっても希望を持つことは大切です。治った患者 […]
  • ガンの患者学研究所 (3)ガンの患者学研究所 (3) 川竹氏は「人間はなぜ治るのか」の番組に大幅な追加取材をして、2年後に『幸せはガンがくれた』を出版しました。しかし、この本にはK病院関係者はすっぽりと抜け落ちています。それについて […]
  • 癌の怖さは死ぬことだけではない癌の怖さは死ぬことだけではない 筑紫哲也さんが7日に亡くなり、TBSで追悼番組が放映されました。マスコミが次第に権力にすり寄り、「権力の監視役」という本来の役割を放棄しつつあるときに、また一人、反骨精神のあるジ […]
  • 心と癌と量子力学の関係(6)心と癌と量子力学の関係(6) 前回、「いま切実にがんの治癒を願っている患者は、がんを複雑系と考える立場をどのように自分の治癒へとつなげばよいのでしょうか」と書いて宿題にしてありました。私の答えは次のようになり […]
  • 玄米菜食の効果玄米菜食の効果 4月5日のブログにも書いたとおり、玄米菜食を続けています。2ヶ月になりました。 4月5日以降は3食とも玄米です。日立の圧力電気炊飯器は時間は少々かかりますが、玄米が柔らかく […]
  • 立花隆の『思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む』立花隆の『思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む』 1週間前の放映であるが、NHKスペシャル『立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む』でこんなシーンがあった。立花隆が一昨年に膀胱がんを告知され、NHKはその手術の様子や治 […]
  • 買って損した『癌では死なない』 二人に一人ががんになり、三人に一人ががんで死ぬ時代ですから、がんは珍しくもない病気です。医者の数は約29万人といわれていますから、半分の15万人ほどががんになっても不思議ではない […]
  • ゴボウでがんが消えた話ゴボウでがんが消えた話 山あじさい 紫陽花ももう終わりかなぁ。今年は早いような気がする。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です