スポンサーリンク

桜見物 千鳥ケ淵

LINEで送る
Pocket

しばらくブログの更新をサボりました。サボったわけではないですが、少し考えるところがあって、それをどのように書こうかと迷っています。それはまたいずれ。

_mg_0257edit_2
今日は朝の6時から千鳥ケ淵の桜を見に行きました。靖国神社に着いたのが7時少し前で、まだ駐車場が開いていなくてウロウロしました。近くの二松学舎大学裏のコイン駐車場がちょうど空いていたので、そこに入れてまずは靖国神社へ。

ひろ さちやに言わせれば「明治維新のあと、大日本帝国が作った国家神道は、あれはニセモノ宗教です。あんなニセモノ宗教を押し付けられたので、日本人は宗教嫌いになってしまったのです」(『世逃げ』のすすめ 集英社新書)となるようです。私もそう思います。遊就館(宝物遺品館)などはまさ_mg_0273editに「戦争博物館」です。侵略戦争を美化するばかりです。

千鳥ケ淵の桜はまさに満開でした。昨日なら天気も良くてもっときれいだっただろうと想像
するのですが、今日は曇り空。冬が戻ったような肌寒い朝でした。

『古今集』の紀友則の歌に、《桜の花の下にて、年の老いぬることをなげきて詠める》として

色も香も おなじ昔に 咲くらめど 年ふる人ぞ あらたまりける

との一首があります。

_mg_0294edit
桜は昔と色も香も変わらず咲いていますが、それを見ている私も妻もすっかり歳をとってしまいました。桜をバックにした妻の顔をファインダ越しに見ては、お互いに老けたなぁと感じます。今年は夫婦そろって60歳になります。

ひろ さちやはまた、別の本で、『癌は自分の体の中から生まれたものです。だから自分自身なのだから、癌と戦うのは、自分自身と戦うことです。右手が左手とけんかをしたって自分の体が傷つくだけです。』といっています。『人間が老・病・死と戦っても勝てるわけがない。負けるに決まっている。それが仏教の教えだ』とも。(日本人の良識 アスキー新書)

_mg_0321edit
これって、老子の思想と同じですね。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 全がん協生存率:膵臓がん全がん協生存率:膵臓がん がん治療の中核となる病院でつくる「全国がん(成人病)センター協議会(全がん協)」の、28の病院別に治療から五年後の生存率を公表したと、今朝の新聞各紙が報じています。 全がん […]
  • 「バイブル商法」になったのか?近藤誠「バイブル商法」になったのか?近藤誠 鎌倉なんだから、やはりそれらしい紅葉でなければ・・・。ということで円覚寺。 ご本尊、宝冠釈迦如来像。 竹林と紅葉もいいね! 以下、記事本文です。 近藤誠氏がまた新しい本『「 […]
  • 内部被ばくに関する注目すべき記事内部被ばくに関する注目すべき記事 「世界最高の医療と研究を行なう」「患者目線で政策立案を行なう」を理念として掲げている国立がん研究センターが、今回の福島第一原発事故による”将来のがん患者”については、内部被ばくに […]
  • 膵がん細胞が正常細胞に!膵がん細胞が正常細胞に! 膵がんの細胞にE47遺伝子を発現させたら、がん化する前の正常細胞に戻ったという非常に興味深い研究です。 4月18日・米サンフォード・バーナム医学研究所からの報告で、今回報告された […]
  • 神川町、群馬フラワーパーク神川町、群馬フラワーパーク 旅行記のつづきで、いろいろ書くつもりでしたが、梅澤先生の『使い方次第で抗がん剤は効く』が届いたので急いで読みたい。時間がないので、今回は写真をアップするだけです。 […]
  • 第8回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会を開催します。第8回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会を開催します。 コロナ禍で2回めの緊急事態宣言が発令されました。しかしコロナ禍であってもがんとの闘いが中止されるはずもありません。 まして、この1年で膵臓がんを告知された方にとって […]
  • おいしい(我流)お茶の淹れ方おいしい(我流)お茶の淹れ方 お茶ミルで挽いたお茶があまりにおいしいので、一日に5、6杯は飲んでいます。抗がん作用があるかどうかはあまり気にせず、楽しくうっとりとしながら飲んでいますが、よりおいしく作るため […]
  • 膵臓がんに免疫チェックポイント阻害薬が効かない理由膵臓がんに免疫チェックポイント阻害薬が効かない理由 「海外がん医療情報リファレンス」からの記事です。 オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害薬は、膵臓がんには効かないと言われますが、その原因が明らかになって […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です