すい臓癌の5年生存率

Pocket
LINEで送る


スポンサーリンク

_mg_2627
今日5月9日は32回目の結婚記念日です。娘も付きあって妻と3人で近所の寿司屋へといったのですが、時期をずらした連休休みで閉まっていました。タクシーを拾って大森駅前までいき、「びっくり寿司 大森店」に。ここはよく行く寿司屋ですが、最近リニューアルしたようで内装もきれいになっていました。


「毎日jp」の「がん 50話」にすい臓癌に関する興味深い記事があります。
5月8日の第7話には「5年生存率」と題して、次のような記述があります。

地域がん登録が実施されていて、さらに正確な予後情報を把握している地域の例として、大阪府における生存率を調査し、

大阪府のがん患者さんの5年生存率の最新の値は、1999年にがんと診断された方のものです。数値はがんが発生した部位別の5年相対生存率(相対生存率はがん以外の理由で死亡した影響を除去した生存率)です。
がん全体では42%。乳房や前立腺では70~80%程度と比較的良好です。しかし、膵臓(すいぞう)では5%と良くありません。予後は当然、見つ
かった時のがんの広がり(進行度)や年齢、治療内容、合併症によっても異なります。なお、ここでの生存率はあくまでも過去の平均的な値であり、診断や治療
の進歩により、変化するものと考えてください。(大阪府立成人病センター調査部、伊藤ゆり)

やはりすい臓癌の生存率は他の癌に比べて圧倒的に低いのですよね。しかし、これは全てのすい臓癌の平均値です。手術ができない癌と手術可能だった癌をひっくるめた平均値です。

私たちの施設では、手術に局所再発防止のための放射線療法や肝転移防止を狙った化学療法を併用することで、血管まで浸潤した進行膵がんでも50%近い5年生存率が得られるようになっています。(大阪府立成人病センター消化器外科部長、大東弘明)

と紹介されているように、手術が可能であったすい臓癌の場合は50%の5年生存率もありうるということです。

生活を見直してストレスを極力なくす。玄米菜食を継続する。明るく希望を持って生きる。病気を受け入れ、落ち込まない。自分の力の及ばないことにはくよくよしない。これは諦めるということではなくて、人はいずれ100%、何かの原因で死ぬのだから、その何かが「癌」であっても良いのではないかという「悟り」に近い考え方です。

スポンサーリンク

このブログのお薦め記事

  • がん患者のためのインターネット活用術 (3)がん患者のためのインターネット活用術 (3) ネットの情報はすぐに古くなります。Kindle本『がん患者のためのインターネット活用術 2017年 第2版: […]
  • 傷だらけの黒揚羽傷だらけの黒揚羽 先月、高知の「モネの庭」で撮った一枚の写真が気になって仕方がない。一匹の黒揚羽が林の中でじっとしていた。ファインダー越しに見ると、羽もあちらこち らがちぎれて痛々しい。時折レス […]
  • 小椋佳 夢・歌・詩(ムカシ)あるところに小椋佳 夢・歌・詩(ムカシ)あるところに 小椋佳のコンサートに行きました。5月31日東京国際フォーラムでの「テレビ朝日開局50周年記念 小椋佳トリビュートコンサート」です。 チケットを発売して数時間で売切れという、小椋 […]
  • 静けさに帰る静けさに帰る これの前のブログに、老子の『道徳経』第16章「帰根」を加島祥造さんの自由訳・自由詩で紹介しましたが、老子のいくつかの章をテーマにして写真展に出したことがあります。 第3章、12 […]
  • 血液検査の推移 がんとの闘いに金をかけない血液検査の推移 がんとの闘いに金をかけない いつもの病院でアヘンチンキと消化剤。血液検査の結果をもらった。白血球数:5280リンパ球比率:53.6%HbA1c […]
  • 桜見物 千鳥ケ淵桜見物 千鳥ケ淵 しばらくブログの更新をサボりました。サボったわけではないですが、少し考えるところがあって、それをどのように書こうかと迷っています。それはまたいずれ。 今日は朝の6時から千鳥ケ淵 […]

スポンサーリンク

すい臓癌の5年生存率” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    がんの王様と言われるこの病気に限らず、がん罹患者の最大の関心事は、やはり治癒の可能性、具体的には「5年無病生存率」にあると思います。ここで紹介されている毎日新聞の記事は、「統計でみる大阪府のがん」(pdf)に基づくもので、「統計でみる大阪府のがん」で検索すれば現物をWeb上で見ることができます。
     その39ページを見ますと、膵がんの大阪府の5生率(1994年~98年)は4.7%となっているのですが、興味深いのはがん治療の均てん化によって(つまり、受療が望ましい医療機関で治療を受けた場合)7.7%になると書かれていることです。つまり、治療実績のよい医療機関であれば、100人中7.7人が5生率を得られるという試算がなされているのです。
     膵がんの場合、外科手術が根治の第一選択になりますが、手術適用となるのは20%前後と言われます。実際には、東京医科歯科大学病院のように49%に手術を行っているところもあれば、10%余りという医療機関もあるようです。都立駒込病院(肝胆膵外科)のHPには手術適応20%、R0の手術結果が得られるのはその半分とあります。都立駒込病院の診断・治療成績に基づけば、全罹患者100人中20人が手術適応となり、R0が得られるのはその半分の10人ということになりますが、駒込病院のような治療実績のよい医療機関と上記のがん治療の均てん化とのすり合わせをしますと、手術を受けられた20人中7.7人(38%)、さらにはR0を得られた患者10人のうち7.7人(77%)が5生率を得られるという、まさに「夢のような」数字になります。大阪府立成人病センター、広島大学病院、東京大学病院が公表している膵がんの手術適応者の5生率が50%、42%、35%というのもそのあたりを反映してのことと忖度します。(いずれにしても、治療実績のよい医療機関で、術技の高い外科医に執刀してもらうことはまず第一に考えるべきことと言えます。)
     こういう身びいきに過ぎる統計(数字のお遊び?)にあまり意味がないことは承知していますが、このように考えることで希望がもてる、というプラス効果は十分にあると考えます。そうは言っても、これは「不幸中の幸い」にして手術適応となった患者さんに当てはまることで、そうでないはない患者さんにとって関係ないこととも言えます。とにもかくにも、膵がん全体の根治率が50%くらいにまで跳ね上がってくれる日が一日もはやく到来することを願わずにはいられません。(不適切なコメントであれば削除ください。)
     P.S. このブログは有益な情報の宝庫です。ブログで紹介されたビタミンD、ビターチョコ、さば・いわし、早速摂取に励んでおります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA