スポンサーリンク

土屋医師の本音

LINEで送る
Pocket

明日は三春の滝桜を観に行く予定だが、大雪。開花も遅れている様子。どうなることやら。


前国立がんセンター病院長の土屋了介医師が書いた本。

がん治療を受ける前に知っておきたい55のこと
土屋 了介 奥仲 哲弥
4767809320

国立がんセンター(現在は国立がん研究センター)で2008年に大量の麻酔医が辞職して手術を減らさざるをえなくなったことは記憶に新しい。当時の病院長土屋了介医師はご自身のブログで次のように書いている。

 私はこの3月一杯で辞表を出すつもりです。私が退任を決めたのは、新理事長に嘉山孝正先生が決まったときでした。嘉山先生は私よりも年下ですし、彼がやりにくくて困るだろうと考えたのです。

 いずれにせよ、税金を投入する国民が納得できることを、嘉山先生の決断の下で行うべきです。あと、この病院に足を踏み入れたこともない役人が口を挟むのを許すような真似だけは、絶対にしないでほしいと思います。
自己評価は65点、大掃除が終わっていない
 国立がんセンター中央病院院長として、これまで行ってきたことに対する自己評価は65点です。例えば、世間を騒がせた麻酔科医不足の問題については、人数を集めることはできました。ですが、来ていただいた麻酔科の先生方に気持ち良く働いていただく体制は、まだまだできていません。
 以前おられた麻酔科の先生方が、緩和ケアを行うためにがんセンターを去られたのは間違いありません。ですが「麻酔をかけている際の外科医の態度が悪い」ともはっきりと伺いました。「麻酔科医を手足のようにこき使う外科医が多すぎる」というのです。雰囲気のいい職場ならば、もう少しは残っていただけたのではないでしょうか。
 少なくとも私が現場にいたときは、そのような外科医はいませんでした。もっと現場で指導すべきだったと後悔しています。この点については、嘉山新理事長に引き継ぐ前に“大掃除”をし、刺し違えてでも、辞めてもらうべき人には辞めてもらおうと思っています。
 また、今の副院長、小菅智男先生には感謝しています。魑魅魍魎が集まる世界で、年上の部長にいじめられながらよく耐えてくれました。彼がいてくれたおかげで、私は対外的な働きかけに時間を割くことができましたし、それでがんセンターが独立行政法人化する際の債務負担を減らすこともできました。
 先ほどの話の続きになりますが、小菅先生をいじめていた部長たちを整理してから辞めないと、私は腹の虫がおさまりません。医師同士でも信頼がなければ、的確な医療はできません。「ヒポクラテスの誓い」さえ守れない医師がいるのは非常に不愉快です。そんな医師を排除できなかったのが、私の反省点です。

相当怒ってますね。真相をうかがい知ることはできないが、部長というのは山下直人という方だと言う。「魑魅魍魎」が棲んでいるがんセンターとは、外から見ている患者には驚きだ。

その土屋医師と山王病院の奥仲哲弥医師の共著です。

ガイドラインは、医者と患者さんが、治療方針を考えていくひとつの指針、ツールと考えるとわかりやすい」「ただし、何でもかんでも科学手界根拠に走りすぎるのは考え物です。例えば、少し痴呆がはじまったお年を召した患者さんなら、(放射線を)照射することで痴呆が進行してしまうかもしれないことを心配するべきでしょう。推奨グレードAであっても、それをおこなわないようにするのも医者の裁量です。

ガイドラインの採用されたグレードAが標準治療ではあるが、何でもガイドライン通りにやればいいというものではないし、医者の匙加減が当然あるべきだということ。マクドナルドで10人分を買うのに、レジのアルバイトはいつも決まって「店内で召し上がりますか? お持ち帰りですか?」とマニュアル通りに訊くが、こんな量をひとりで食べられるのか分かりそうなものだ。がん治療だって、患者の状態も斟酌せずにマニュアル(標準治療)のそのまま治療されたら、治る患者も治らなくなってしまうだろう。

「ASCOの功罪。がん難民にならないためには自分自身の”死生観”を確立しておくことが大事。根治が見込めない状態になったとしても、単に社会的弱者の仲間入りをしただけ。がん患者への友人・知人の見舞いは避けるべきであり、特に会社の上司・同僚は、見舞いは遠慮してください。仕事に復帰できるかどうかの見定めに来た会社からの偵察隊にしか見えないものです。」などはうんうんと納得できる。私の場合も見舞いは「来てくれて嬉しい、帰ってくれて嬉しい」というのが本音でしたね。せっかく来てくれた方には悪いけど。来て欲しい方にはこちらから連絡して来てもらったが、「行かなければ悪いのでは?」と考える方が多い。「病気見舞いに行かなければ礼を欠く」というのは、少なくともがん患者には当てはまらないと気づいて欲しいものだ。土屋医師自身も大腸がんになっており、そのときの心境も書いている。

がんの医者でも同じ人間。がんは怖く、もちろん、死ぬのは怖いのです。「受診して、本当にがんだったらどうしよう」とか、「がんかもしれないが、がんでない可能性だってある」などと、あれこれ悩み、それから数日間は眠れない夜を過ごしました。

正直だね。やはり、がんセンターの病院長でもがんは怖いし、死ぬのはもっと怖いのだ。でも私の場合は夜眠れないという経験を一度もしていない。自慢するわけではない。自分でもどうして平静でいられてのかよく分からないのだ。告知を受けても予想したとおりだったから動揺もないし、予定通りチェロのレッスンにいって仕事も普段通りにこなしてきた。ご飯も美味しいし、夜もぐっすりと眠れた。新聞社のインタビューを受けたときも「どうしてですか」と訊かれたが、自分でもうまく説明できない。あれこれとそれらしい理由を並べてはみたが、それに自分が納得しているわけでもない。ま、再発してみればこんな自信はどこかに吹っ飛んでしまうだろうから、あまり触れない方が恥をかかなくてすむだろう。

膵臓がんに関する記述が何カ所かあって、

5年相対生存率は、乳がんと子宮がんが70%以上、胃、大腸が約60~70%、肝臓と肺は25%前後、膵臓がんと総胆管がんは数%です。

多くのがんは、小さな段階では転移しません。直径1センチ前後までは転移していないことが多いのです。例外は膵臓がん。膵臓がんは1センチの段階では多くの場合転移が起きています

5年相対生存率は5年生存率よりも大きくなる。それでも数%だから、膵臓がんか生還が如何に困難か分かろうというものだ。

私のがんは23×20×2mm。当然転移しているものと考えている。まだCTやPETでは検出できる大きさにまでなっていないというだけだ。転移しているはずのがん細胞を押さえるために術後補助化学療法としてのジェムザールはやったのだから、それ以外に自分にできることは「自己免疫力を高めること」だけだ。そういう考えてこれまで対処してきた。今のところうまくいっているが、それがいつまでも続くという甘い期待はしていない。いつでも再発するのだ。気持ちはそれに備えている。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • オメガ3脂肪酸と膵癌オメガ3脂肪酸と膵癌 面白いニュースですね。「オメガ3脂肪酸はすい臓がん患者の治療と生活の質(QOL)を向上させる」 オメガ3脂肪酸を、ゲムシタビンと一緒に静注したら生存期間も生活の質( […]
  • 信頼できるウェブを装ったアガリクスの宣伝 株式会社日本医療情報出版が編集している「週間がん […]
  • 瞑想で遺伝子のスイッチをオフにできる。 瞑想で遺伝子のスイッチをオフにできる。こんなことが近年科学的に実証されつつあります。 瞑想は遺伝子の表現型を変えると判明!炎症反応が抑えられるとの研究結果 ヨガ・メディテーシ […]
  • なかにし礼『生きる力』なかにし礼『生きる力』 鷲神社の、なでおかめをSPPのモノクロモードで ステージ2Bの食道がんを、陽子線治療でCR(完全奏功)を勝ち取ったなかにし礼氏の『生きる力 […]
  • 今日の一冊(53)『孤独を克服するがん治療』 このブログでも時々紹介している『がん治療の虚実』sho先生の初めての本です。 ブログ『がん治療の虚実』では、がん治療の科学的根拠を一般の患者にも分かりやすく丁寧に説明してく […]
  • オプジーボ難民オプジーボ難民 免疫チェックポイント阻害剤「オプジーボ」が非小細胞肺がんに対して使えるようになりました。それ自体は喜ばしいことなんですが、あまりにも高い薬価で、肺がん患者の85%を占める非小細胞 […]
  • 少し遠出少し遠出 今日は外出許可を貰って(毎日だが)少し遠出をした。 有明のがん研ではなく、その隣のビッグサイトへ。現在開発中のプロジェクトと関係するメーカーが出展していたのと、その他の情報 […]
  • 東京がやばいから、KN95マスクに変えよう東京がやばいから、KN95マスクに変えよう 東京都も大阪もコロナ感染者が激増中、重傷者も相当増えていて、このままでは医療崩壊もまもなくでしょう。 「助かる命が助からなくなる」と医師会会長も危機感を持っています […]
LINEで送る
Pocket

土屋医師の本音” に対して4件のコメントがあります。

  1. オッサン より:

    初めて投稿いたします。
    転移はいつの段階からはじまるのでしょうか。
    近藤誠さんの本では目にみえない微小なうちから
    はじまるので、早期発見・早期治療は無意味と
    述べておられます。
    転移時期を確定させることが、がん検診が有効か
    どうかにもかかわってきます。

  2. より:

    キノシタさんのブログ記事(コメントのほうではなく)を読ませて頂いた時に「5年相対生存率」なるものを
    Webで検索して調べたのですが、「補正」がかかっていることは理解できても、その意味(definitionでは
    なくsignificance)がいまいちピンときませんでした。具体的なご説明、ありがとうございました。
    ところで、High Volume Centerと土屋氏が指摘されている高飛車(?)な外科医ということで書かせてもらいますと、
    今年(2010年)の1月から東海大学消化器外科の肝胆膵外科部門の教授になった中郡氏はHigh Volume Centerの
    優れた外科医という印象です。(キノシタさんはご存知かと思いますが)氏のブログには、外科医不足から将来的には
    海外から外科医を輸入しなければならいことへの憂慮やがん治療(とくに膵臓)に関わるSurgery Nowが素直な筆致で
    書かれていて好感をもちつつ読んでいます。
    http://blog.goo.ne.jp/surgerynow_note/m/201001
    以下はその一例です:
    「2010年1月31日の読売新聞朝刊に、全国の病院の膵がん手術件数の表が出ていました。それによると、膵がん手術を
    年間50件以上実施している施設は、国立がんセンター東病院、東京女子医大病院、東海大学病院、静岡がんセンター、
    名古屋大学病院、京都大学病院、大阪府立成人病センター、和歌山県立医大病院の8施設でした。私が2009年12月まで
    勤務していた国立がんセンター東病院と2010年1月から勤務している東海大学病院はともにこの中に入っていました。しかし、
    米国やドイツでは年間200件以上手術を実施している病院もありますので、さらに膵がんの患者さんに来ていただけるよう
    努力したいと思います。」

  3. キノシタ より:

    陶さん。
    31%と考えておけば、楽観的で免疫力も高くなるに違いないですね。(^O^)
    ただ、5年生存率と5年相対生存率は違うもので、相対生存率は、60歳の人の全体で5年後の生存率(期待生存確率)が仮に70%だとし、膵臓がんで60歳の患者の5年生存率が7%だとすると、0.07÷0.7=0.1となり、10%。つまり5年相対生存率は5年実測生存率よりは高くなるというわけですから、大阪府立成人病センターの実際の(実測)5年生存率は9.2%よりは小さいことになりますね。というわけで、私の計算では悲観的な数字になるのですが、まぁ、統計は統計、自分としてはやるべきことをやったら後は「たまたま・偶然」の結果を受け入れるだけのことだと思っています。
    「生存率には実測生存率と相対生存率があります。実測生存率とは、死因に関係なく、全ての死亡を計算に含めた生存率です。この中には、がん以外の死因による死亡も含まれます。がん以外の死因で死亡する可能性に強く影響しうる要因(性、年齢など)が異なる集団で生存率を比較する場合には、がん以外の死因により死亡する確率が異なる影響を補正する必要があります。性、年齢分布、診断年が異なる集団において、がん患者の予後を比較するために、がん患者について計測した生存率(実測生存率)を、対象者と同じ性・年齢分布をもつ日本人の期待生存確率で割ったものを相対生存率といいます。地域がん登録では、相対生存率を用いています。生存率を世界と比較する際も相対生存率が用いられます。」

  4. より:

    >5年相対生存率は、乳がんと子宮がんが70%以上、胃、大腸が約60~70%、
    >肝臓と肺は25%前後、膵臓がんと総胆管がんは数%です。
    以下は、大阪府立成人病センターによる5年相対生存率調査(2008年)のデータです。
    具体的な数字を少し並べてみますと
    ============
    部位    5年相対生存率(%)   患者数(人)     大阪府全体(%:参考)
    全部位     67.8          3856          44.4
    胃        77.8           579          50.7
    大腸       77.5           247          55.2
    食道       47.7           157          20.3
    肺        41.6           531          19.3
    肝臓       41.0           265           23.0
    膵臓        9.2           151           4.7
    「当センター病院でがんの診断あるいは治療を受けた全ての患者を集計対象としています。当センター病院で診断後、
    他施設に紹介されて治療を受けた患者、がんの進み具合・患者の体調・患者の希望などのために積極的な治療を
    受けなかった患者も、含まれています。2001-2002年の全部位の5年相対生存率は67.8%で、部位によって9.2%(膵臓)
    から93.4%(喉頭)と幅広く分布しました。」 という説明がついています。
    土屋氏の示されている膵臓の数%というのは、4.7~9.2あたりを指してるのでしょうが、以前にもコメントで書かせて
    頂きましたが、手術適応が30%くらいだとしますとHigh Volume Centerなら
    9.2÷30=31%くらいにはなるかと思っています。
    膵臓についてはあまりに悲観的かつ厳しい数字が示されるので、私自身は楽観的に(ポジティブなサイドから)考えようとしています。
    時に楽観的すぎ、の面もありますが(笑)
    がん治療の総本山でも魑魅魍魎と院長が言われるわけですから、何をか況や、ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です