おいしい(我流)お茶の淹れ方

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

お茶ミルで挽いたお茶があまりにおいしいので、一日に5、6杯は飲んでいます。抗がん作用があるかどうかはあまり気にせず、楽しくうっとりとしながら飲んでいますが、よりおいしく作るための方法などを記録しておきます。

お茶の葉を選ぶ
あたりまえですが、これが一番大切です。とはいっても全くの素人です。産地や銘柄を聞いてもさっぱり分かりません。なので、老舗といわれるお茶屋で質問してみました。「お茶ミルで挽いて飲むのですが、深蒸し茶の中でもどのようなお茶が良いですか?」

  • お茶は蒸しで決まるといわれます。葉が短くつぶれて、見た目は粉が多い方が良い。
  • 「深蒸し茶」と書いてあっても100%深蒸し茶だけではない品もあります。確認した方が良いです。
  • 形よりも色のきれいなもの。深く濃い新緑色。
  • 香りの良いもの
  • 生産者によって蒸し時間も違うし、考え方も違う。深蒸し茶の歴史はまだ浅い。
  • 自分の好みの味を言っておすすめを聞いてみる。とろっとしていて強い甘みがあるとか、さっぱりしているとか(これなら普通の煎茶が良い)
  • 値段と味は比例しない。高いものが良いとは限りません。豪華な包装に入った100gが1200円のお茶を試しましたが、コクも香りもダメでした。
  • 安いけれど茎茶はだめ。お茶ミルには合わないし、故障するかもしれない。(いちど茎茶を挽いたがまずかった)

最終的にはいくつかの生産地と生産者を試してみて、自分の好みにあるものを選ぶしかなさそうです。

粉の細かさとお茶ミルの回転数
これも結局は好みの問題ですが、私は一番細挽きになるように調節つまみをいっぱいに回しています。あまり強く回すと、ハンドルが重くて挽くことが難しいので、何度かやってみて調整します。この状態でハンドルを80回ほど回すとちょうど私の好みの濃さになるようです。

淹れ方と飲み方
これが正しいのか分かりませんが、沸騰したお湯を入れます。ポットのお湯なら98℃で保温したものを入れています。自宅では電気ケトルで必要な分量だけを沸かしています。これは今回の原発事故を機会に節電するためです。使ってみると電気ケトルは便利ですね。200ccほどのお湯なら1分ほどで沸きます。お茶ミルで80回転させている間にお湯が沸くという、ちょうど良いタイミングです。

あまり熱いものを飲むと食道がんのリスクが高くなるそうですから、少し冷まして飲みます。また、淹れて1時間以上経つとカテキン、EGCG(没食子酸エピガロカテキン)が壊れてしまい、せっかくの抗がん作用が減少します。

マグカップは、サーモスの真空ステンレス構造で蓋付きのものです。これも重宝しています。写真のお茶ミルは京セラではなくポーレックス製です。こちらは少し安価です。最初にこれを買ったのですが、ゴム栓を外して振っても下の穴からなかなか粉末茶が出てきません。すり鉢状の角度が小さすぎるのです。しかたなく、下部の透明な部分を外してお茶を振り出していますが、どうしても周囲に粉が飛び散ります。こちらはお勧めしません。京セラはこの点を改良しています。そんなわけで、職場では京セラ、自宅ではポーレックスです。

P1010519

私のカテキン摂取ツールはこんなものです。↓

サーモス 真空断熱マグ 280ml ブラック JCP-280C BK

サーモス 真空断熱マグ 280ml ブラック JCP-280C BK

1,291円(10/21 01:37時点)

スポンサーリンク
Amazonの情報を掲載しています

源宗園 楽天市場店の深蒸し茶が、苦みの中にも甘みがあり、コストパフォーマンスも優れています。錦富士が私の定番ですが、茜富士は更に美味しいです。他にも良いお茶はあるでしょうが、いろいろと試してこちらに落ち着いています。

単品購入ならこちらから

  1. 【送料無料】道場六三郎監修 深蒸し煎茶錦富士
  2. 【メール便送料無料】道場六三郎監修 深蒸し煎茶 茜富士

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 焼きすぎの肉はすい臓がんの原因=米の研究焼きすぎの肉はすい臓がんの原因=米の研究 肉の炭になるような焦げは以前からがんのリスクを高めるとはいわれていましたが、膵臓癌のリスクは60%も高くなるそうです。 ミネソタ大学のアンダーソン氏らの研究です […]
  • 今日の一冊(114)「がんを抱えて、自分らしく生きたい」今日の一冊(114)「がんを抱えて、自分らしく生きたい」 「自分も自分の治療チームの一員として参加したい」。この言葉をブログでも何度か使ってきました。西先生も、この本の中で同じことを言われているので嬉しくなりました。 また「医療の民主 […]
  • 糖質制限食とこむら返り糖質制限食とこむら返り 昨日の撮影旅行。みなかみ町の裏見の滝。紅葉も見頃でした。 6年前、こむら返り、酷い喉の渇きが起きたのが膵臓がんを見つけるきっかけだったのですが、最近またこむら返りが頻繁に起き […]
  • ノーベル賞候補? それがなんだって言うのよノーベル賞候補? それがなんだって言うのよ 「ノーベル賞候補? それがなんだって言うのよ。大騒ぎするんじゃない!」 中村祐輔先生がブログでぶちまけているのは、一言で言えばこういうことでしょう。 […]
  • 1ヶ月で追い出される緩和ケア病棟1ヶ月で追い出される緩和ケア病棟 先日の『膵臓がん患者と家族の集い』では大津秀一先生の講演がありましたが、たくさんの方から「役立った」「今必要な知識でした」という反響を頂いています。 講演が終わった […]
  • サイモントン療法とは?(3)サイモントン療法とは?(3) その当時のブログの記事が残っています。(自律訓練法を)しばらくやっていると不思議と手足が重く感じられて、暖かくなる。熱さを感じるほどになる。そうして続けていると頑固な肩こりも軽減 […]
  • 近年まれな痛快事近年まれな痛快事 あったりまえでしょ。4日の衆院憲法審査会で、自公の推薦した長谷部恭男・早大教授も含めた3人の参考人の全員が安全保障関連法案について「憲法違反」との意見を述べた。長谷部教授は明確に […]
  • 快適寝具「パシーマ」快適寝具「パシーマ」                 三ツ池公園の桜がちょうど満開でした。 寝るときにはパシーマとサニセーフという寝具を使っている。これは三層構造になったシーツのような布で、添加物 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です