スポンサーリンク

代替医療をどのように選ぶ?

LINEで送る
Pocket

DSC00694

紫陽花も色づいてきた。紫陽花には雨がよく似合う。生き生きとしている。


雨の週末です。レインコートを着て屋上の排水溝を掃除しました。風で運ばれてきた埃が、詰まるほどの泥となっています。ブラシでこすり、水道水で洗い流しました。3年前には泥から少し放射線も検出しましたが、今回は未検出。それでも都内では今でも、1ヵ月で1平方メートル当たり8.3Bqのセシウムが降下しているのです。

こんな雨の休日にはバロックが良い。昨日はヴィヴァルディ作曲のイ・ムジチ演奏による「調和の幻想」とイタリア合奏団の「調和の霊感」(L’estro Armonico 同じ曲だが、CDによって日本語のタイトルが違う)を聞き比べ。ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲なら「四季」も良いけれど、「調和の霊感」はもっと聞かれても良い曲だと思うのだが・・・。今日も雨、バッハにしようかな。

今週のアピタルがん夜間学校は「もっと知ってほしい がんと代替医療(サプリメント)のこと」 2014年6月18日(水)午後7時半~

前回に緑茶のカテキンのことを書いたので、ちょうど良い機会です。厚生労働省がん研究助成金「がんの代替療法の科学的検証と臨床応用に関する研究」班で主任研究者を務める住吉先生の講演ですから、内容は今から想像がつきます。

「がんが治る、再発を防ぐ」などと報告されたサプリメントは一つもありません。がんを消せる万能サプリなどはないのです。

「報告された」を「証明された」と言い換えても良いが、これ自体は正しいのです。サプリメントにがんの予防・治療効果を期待することが無理なわけで、明確ながん予防効果を示すサプリメントは存在しないのです。

しかし、「がんを治すことのできる代替療法は一つもないが、自己治癒力・自然の防衛力を無視することもナンセンスである」とのシュレベールが『がんに効く生活』で述べたとおり、過大な期待は禁物ですが、さりとてまったく効果がないとも言いきれない。

統計的に効果が証明できない=有意差がないことと、効果がないこととは違います。極わずかな違いは統計的に検出できないということです。それは、中には効果がある人もいるということです。このあたり、少線量の放射線による発がんが、なかなか有意差を示せないことと同じです。

代替医療のきちんとしたエビデンスは出てきません。なぜなら数億円もかかる試験を実施して、仮に有意差を証明できてもその費用を回収できないからです。唯一AHCCが金沢大学と共同で臨床試験をやったようですが、がん患者が期待できるような結果ではなかった。

がん患者には時間がないのです。きちんとしたエビデンスが揃うまで待っていられない。だから、私の代替医療に関する三つの基準は、

  • ある程度の(ヒトに対する)研究成果があること
  • 重篤な副作用がないこと
  • 高価でないこと

なら、「やってみれば良いでしょ」です。その意味で緑茶はもっとも期待が持てる食品です。

緑茶ならカテキンの多いと言われている深蒸し茶でしょう。それをお茶ミルで挽いて100%の成分を摂っています。1日に2~3杯。10杯は多すぎです。多ければよいというものではないし、逆に副作用があります。美味しく楽しみながらの「至福の一服」は、有意義な一日を過ごすことにもつながります。

私のカテキン摂取ツールはこんなものです。↓

お茶は当たり外れが極端ですが、このお茶はおいしさと安さでコスパは抜群です。美味しくて安くなければ続けられません。

源宗園 楽天市場店の深蒸し茶が、苦みの中にも甘みがあり、コストパフォーマンスも優れています。錦富士が私の定番ですが、茜富士は更に美味しいです。他にも良いお茶はあるでしょうが、いろいろと試してこちらに落ち着いています。

単品購入ならこちらから

錦富士の方がやはり香りが良い。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 東京でのオリンピックは無謀だ東京でのオリンピックは無謀だ オリンピックにはまったく興味がない。私の周囲でオリンピックが話題になっている様子もない。騒いでいるのは政府とマスコミだけではなかろうか。NHKの朝のニュースでは鈴木女性アナが浮か […]
  • 血中ビタミンD値は頻度の低い癌のリスクと関連しない血中ビタミンD値は頻度の低い癌のリスクと関連しない 「米国統合医療ノート」の安西さんから適切なコメントをいただきました。ぜひコメントと合わせて閲覧してください。 先に「ビタミンDとメラトニン」という記事を書きましたが […]
  • 旧古河庭園に行ってきた旧古河庭園に行ってきた 今日は女房の専属運転手でした。友達の旦那が糖尿病の末に人工透析、そして心筋梗塞で急逝したので線香をあげに行く、ついては暑いから送っていって、帰るまでどこかでぶらぶらしておいで、と […]
  • がん治療で無視できない腸内細菌がん治療で無視できない腸内細菌 腸内フローラ 次世代シークエンサーといわれる遺伝子解析装置の開発など、最近の分子生物学の進歩により、腸内細菌の新しい事実が明らかになってきました。 なんと、潰瘍性大腸 […]
  • 粒子線治療は効果があるのか?粒子線治療は効果があるのか? 粒子線(陽子線、重粒子線)治療は本当に効果があり、必要なのでしょうか? […]
  • コーヒーを一日三杯以上飲んでいる男性は、膵臓がんにかかりにくいコーヒーを一日三杯以上飲んでいる男性は、膵臓がんにかかりにくい コーヒーの摂取量によって膵がんのリスクが高くなったり、あるいは低くなったりという変化は観察されませんでした。ただし、男女別に見ると、男性のみにおいて、ほとんど飲まないグループに比 […]
  • ウコンの品質、安全性・副作用ウコンの品質、安全性・副作用 ウコンの話題を2回にわたって記載しましたが、市販のウコンにはクルクミンの含有量が少ないかほとんど含まれていないものをあります。 ウコンには3種類あり、 […]
  • 9/21 佐藤典宏先生の講演、締切まで5日9/21 佐藤典宏先生の講演、締切まで5日 9月21日の『膵臓がん患者と家族の集い』佐藤先生の講演も申し込みが続いています。 予想では50人いくかな? […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です