誰でもがんのサバイバーになれる

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

誰でもがんのサバイバーになれます。末期の膵臓がんで余命が数週間であったとしてもです。統計的には5年生存率がゼロパーセントであったとしても、統計にしたがって死んでいくことはありません。なにをすれば良いのか。

サプリメントはよく考えて、選んで納得できるものを摂れば良いのです。私の選択の基準や継続して摂ってきたものをこれまでも書いています。マルチビタミン、ビタミンD、EPA(オメガ3)、メラトニン等です。

食事療法もやらないよりはやった方が良いです。「食事療法ではがんは治らない。しかし、食事療法をしなければがんは治らない」のです。食事は私たちの細胞を構成する原料を供給し、活動のエネルギー源となります。がんと闘うNK細胞を作るにも栄養素とエネルギーが必要です。断食をしてがんを兵糧攻めにするという療法もあるようですが、がん細胞が兵糧攻めになる前に、私たちが餓死してしまいます。餓死しないまでもがんと闘う体力がなくなります。シュレベールの『がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」』や米国対がん協会発行の『「がん」になってからの食事と運動―米国対がん協会の最新ガイドライン』などが参考になるでしょう。

サプリメントや食事でがんが治るという科学的なエビデンスはありませんが、運動にはきちんとしたエビデンスがあり、こちらの方がより効果的に違いありません。できれば一日一時間の早足での散歩を続ける。少なくとも一週間に3~5時間程度は歩きましょう。

いちばん重要で、効果がありながら、多くの人が過小評価しているのが「心の平穏」、メンタルな部分です。奇跡的治癒例、長期生存者、例外的患者と言われる人たちは、例外なく「心の平穏」がなんらかの作用をしています。末期の腫瘍がたった一晩で跡形もなく消えてしまうほどの力を秘めているのです。ただ、どのようにしたら確実にその力を引き出せるのか、今の科学では解明できていません。

私が実際にやってみて効果があったの思えるのは、サイモントン療法、瞑想でした。そして「死を恐れなくなる心構え」も忘れてはいけません。「希望」を持つとと共に、治るか治らないかは「成り行き」であり、人間の力の及ばないこともあるのだと受け入れるための準備が必要でしょう。「希望」をもつことと「死を受け入れる」ことは矛盾することではなく、ともに心の中に同居させることができるのです。難しい課題です。しかし、そのためのツールが瞑想やサイモントン療法などですから、信じて継続することでそうした心の有り様に近づくことが可能です。そうすれば、あなたも生存率曲線の右に恐竜の尾のように長く延びるlong tailの仲間入りを果たすこともできるのです。

がんとは闘え、死とは闘うな


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ストレスは膵臓がんを助長するストレスは膵臓がんを助長する ストレスは膵癌を加速させるアクセル やはりストレスは膵臓がんには悪い影響を与えますね。 2018年1月の "Cancer Cell" […]
  • 大腸がんと膵臓がんの経験をした大学教授の本大腸がんと膵臓がんの経験をした大学教授の本 帯に『大腸ガンと膵臓ガンの経験を踏まえ、「賢いガン患者」になるための秘訣を伝授』と書かれている新書を本屋で見つけました。なんとまぁ、私は直腸がんでしたが、この方はS字結腸 […]
  • 歯周病は膵臓がんのリスクを高める歯周病は膵臓がんのリスクを高める PubMedに発表されたニューヨーク州立大学の研究論文です。 Human oral microbiome and prospective risk for […]
  • がん治療は高血糖値を招きやすいがん治療は高血糖値を招きやすい 抗がん剤治療によって血糖値が急上昇することがあるとは聞いていたが、日経メディカルの『癌は糖尿病の“新たな合併症”』は、詳しく解説している。 要点を記すと、 […]
  • 膵臓がんと栄養膵臓がんと栄養 昨夜は同好の相棒と二人で横浜の夜景を撮りに行ってきた。今日8月5日はみなとみらいの花火大会があるので、混雑で撮影どころではないだろうと考えて1日に前にした。花火はまた別の […]
  • エピジェネティックな変化だから、末期がんでも治ることがあるエピジェネティックな変化だから、末期がんでも治ることがある がんの進行の第一段階はエピジェネティックな変化であり、それは逆行させることもできる。相当進んだがんでも、適切な条件を整えれば、エピジェネティックに逆行させることが可能である。微小 […]
  • 食事と運動でがん患者の生存率は伸びる食事と運動でがん患者の生存率は伸びる がん予防の食事は、がんができてしまった患者には効果がない、という医者もいますが、それは間違っています。 彼らが大好きなエビデンス(科学的な証拠)を使って反論してみま […]
  • 今日の一冊(51)『「がん」では死なない「がん患者」』今日の一冊(51)『「がん」では死なない「がん患者」』 がん患者の多くは餓死している 久しぶりの「今日の一冊」で、先日デジタル断食の際に読んだ本です。がん患者はがんではなくて餓死するのだと、長尾医師や梅澤医師もよくブログに書いて […]
LINEで送る
Pocket

誰でもがんのサバイバーになれる” に対して1件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    林様。
    私も「面白く」生きることを意識しています。野次馬根性と言ってもいいでしょうか。写真にドライブ、チェロにアプリ作り、このブログも自分では面白く生きるためのツールと思っているのですが、どうやらかたすぎる側面もあるようで。
    「遊びをせんとや生れけむ、戯れせんとや生れけん、遊ぶ子供の声きけば、我が身さえこそ動がるれ。」『梁塵秘抄』の心でしょうか。

  2. より:

    キノシタ様
    いつもながら、ポジティブな記事有難うございます。川畑さんの本サイモントン療法を購入し熟読予定です。私も最初に読んだ本は、がんに効く生活でした。しっかりした構成と文章表現にこの本は映画化も可能かと感じたほどでした。シュレベールの本の中で一番印象に残っている一言はグールドが言ったlongtailという一言です。目指すべきはここだと感じたのを記憶しています。日々戦おうと意気込んで生きているわけではありませんが、考えていることはいかに面白く生きていくか、高杉晋作の辞世の句ではありませんが、『面白きこともなき世を面白く』をモットーに時間を無駄に使わない様にしています。面白いことをして、面白い人間と付き合う、楽しく生きていくがモットーです。
    いい意味でキノシタさんも面白い方だと感じています。今後ともご教示宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です