粒子線治療は保険適用になるのか?

スポンサーリンク
【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】
●講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
6月19日10:00AMまで参加申込み受付中です。
Pocket
LINEで送る

0

来年の診療報酬改定時に、粒子線治療の先進医療から膵臓がんなどは外れてしまうかもしれない。

8月9日の「粒子線治療は効果があるのか?」の続報です。

日本放射線腫瘍学会が厚生労働省の「第33回先進医療会議」に提出したパワポ資料がこちらにあります。

20150812_17_28_31_2

前回の診療報酬改定時に、

  • これまで先進医療として実施してきたデータについて、評価に耐えるデータの蓄積・解析等が行われてきたとは言い難く、解析等を実施することが必要。
  • 一方で効果が示唆される結果もあることから、疾患や病態を絞って、先進医療Bとして評価を実施するなど、適切に評価できる体制を構築するべきではないか。

と指摘されて、昨年の9月から慌ててデータを集めて解析を行ったようです。しかしすべてが後ろ向き研究であり、核施設ごとのプロトコルも統一されていないので、データを集めて解析しても厳密な統計的分析に耐えるものになるはずもありません。

X線治療等他の既存治療が安全にできる病態においては、後ろ向き研究の限界で、過去の報告との背景因子の差を揃えることが難しく、既存治療との比較結果の解釈に困難をきたした。

と、言い訳をしている状態です。

今回解析された疾患は、小児腫瘍、骨・軟部腫瘍、頭頸部腫瘍(扁平上皮癌を除く)、既存治療のない肝細胞癌、既存治療のない非小細胞肺癌、前立腺癌のみです。それ以外の疾病に関しては、

今回、既存治療との比較ができなかった疾患・病態に関しては、今後も「限局性固形がん」への先進医療Aとして各施設毎に症例を集積しても、評価に耐えるデータの蓄積・解析が困難で、保険収載には至らない可能性が高いと思われた。
一方で、それらの中には、前向きに検討するべき見込みのある結果もあることから、疾患を絞って、同一プロトコールに基づいた前向きの多施設共同臨床試験をすべきと思われた。


スポンサーリンク

と総括しています。

膵臓がんに関しても、「評価に耐えるデータの蓄積・解析が困難で、保険収載には至らない可能性が高い」のではないでしょうか。つまり、来年からは先進医療として粒子線治療(陽子線、重粒子線)ができなくなる可能性が高い。

国内で14施設、計画・建設中のものを入れると18施設も作ったのは良いが、ハコモノありきで、真っ当な評価をやってこなかったツケが回ってきたということでしょう。そもそもの目的が「医療イノベーション」による「経済成長戦略」であり、患者のことを考えて始めたのではないから、当然の結果でしょう。がん患者の「治りたい」希望を利用して「経済成長=アベノミクス」だなどと、ふざけている。

Siryou02__02

Siryou02__03

いっそのこと、300万円の患者負担などさせないで、希望者には臨床試験として無料で実施し、統一されたプロトコルのもとでデータの評価・解析を行ったらどうか。

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

0
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です