パリの同時多発「テロ」

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

パリの「同時多発テロ」で129人の市民が亡くなったという。ISが犯行声明を出している。オランド大統領は「われわれは戦争に直面している」と言ったらしいが、彼の認識はたぶん正しい。

「戦争」ならたくさんの「敵」を殺せば「成果」である。一人を殺せば殺人であるが、「戦争」でたくさんの敵を殺せば英雄である。「テロ」と呼べば「犯罪」であるが「戦争」なら「成果」である。ローター通信は今回の事件を「同時多発攻撃」と報じている。ISは彼らなりの「正義の戦争」で「成果」をあげた。わずか7人の兵士の損耗で敵を130人も殺したのだから「英雄」である。

断っておくが、私はISの「テロ」を認めているわけではない。憎むべき非道である。

しかし、ペンタゴンの冷暖房の効いた部屋で、遠くの戦場上空から送られてくる映像を、ディスプレイの画面で見ながら無人機のミサイルのスイッチを押している「兵士」には、そのミサイルに下で殺されている女、子供を含めた市民の死体を見ることはない。

パリの惨劇は世界中に流されても、アメリカ・フランスの空爆の巻き添えで殺されている市民を大きく報じることはない。欧米の爆撃で身内を殺された者が、率先して自爆テロに参加しているという。彼らにも彼らなりの「正義」がある。アメリカはISやイスラム過激派を壊滅するのが「正義」だという。

「絶対の正義」などないのだから、紛争を武力で解決することを放棄しようというのが、日本国憲法と九条の精神ではなかったのか。

それを投げ捨てて、前のめりにイスラム国への戦闘に参加しようとしている安倍政権では、日本も当然「テロ」の対象となっていくだろう。東京オリンピックは無事に開催できるのだろうか。

憎しみが憎しみを呼び、それに対して過激に応じようとする者が賞賛され支持を受ける。他人の戦争に無理矢理割り込んで行こうとしている。「対テロ戦争」という名の「戦争」に巻き込まれたがっているように見える安倍政権の支持率が上昇する。そうした「目には目を」との風潮を、自分は安全圏にいる(と思っている)多くの国民が疑問を持たずに称えてるようになりつつある。数年前からこのようなことを書いてきたが、ますます自分の予感が当たってくるのが怖い。

テロを完全に防ぐことは「不可能」である。かつてのベトナムでは、南ベトナム解放戦線(いわゆるベトコン)のゲリラ攻撃を、アメリカは「テロ」と呼んだ。そして勝てなかった。テロに対して武力は、昔も現在も無能である。

       現在の日本は、戦争前夜である。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • インスリンとインフルエンザインスリンとインフルエンザ どうやら何年ぶりかでインフルエンザに罹ったようです。息子がB型と診断されて会社を休んでいるのですが、それを移されたのかもしれない。 37.3度の微熱と関節の痛み、咳とたん。 […]
  • PCR検査の感度は100%PCR検査の感度は100% 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が一ヶ月延長されました。 政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は4月22日、医療提供体制とPCR検査体制につい […]
  • 今日の一冊(14)『新自由主義の自滅』今日の一冊(14)『新自由主義の自滅』 アベノミクスの失敗は誰の目にも明かです。最近は「アベノミクス」という言葉もあまり聞かなくなりました。株が乱高下して恐慌の様相すら取りざたされています。「尻尾(株)が犬(実体経済) […]
  • 術前化学療法で生存率が改善&膵癌診療ガイドライン2019版術前化学療法で生存率が改善&膵癌診療ガイドライン2019版 ヨミドクターに「膵臓がん治療に新手法…手術前の抗がん剤に効果」という記事が載っています。 試験には全国57医療機関の患者364人が参加。手術後にS―1を投与する […]
  • ゲルソン療法ってがんに効くの?ゲルソン療法ってがんに効くの? がんと言われてからの食事療法 2007年6月に膵臓がんのステージ3が告知されたとき、「さて、助かる方法はあるのか?」と深刻に考えたものでした。 「がんの王様」「がんの […]
  • エビデンスだけでがん治療ができるのか?(5)エビデンスだけでがん治療ができるのか?(5) 脳神経学者であり医師の中田力氏は、『穆如清風-複雑系と医療の原点』でこんなことを言っています。 医療における不確定性は、複雑系のもたらす予想不可能な行動に由来し、実際にやっ […]
  • 食品安全委員会答申の欺瞞性食品安全委員会答申の欺瞞性 10月27日に食品安全委員会の答申が出た。「健康影響が見いだされるのは、生涯の累積でおおよそ100ミリシーベルト以上」との評価だそうである。遅まきながら、と言うのは答申の全部に目 […]
  • 戦後70年目の憲法記念日戦後70年目の憲法記念日 今日は憲法記念日である。この日だけでもと、毎年憲法の前文くらいは読み直そうと心がけている。前回ブログに書いたのは2010年のこの日だった。土佐弁で憲法前文を読み直してみた。『がん […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です