「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


リアルとリモートのハイブリッド開催です。YouTubeの"がん治療"インフルエンサーとなられた押川勝太郎先生の講演です。同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2023年2月26日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザ PiO 6階D会議室
     定員:60名 参加費:1000円
【会場2】YouTubeによる参加
     定員なし 参加費:無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【内 容】
第1部 講演:押川勝太郎先生『膵がん治療の7つの落とし穴』
第2部 患者さん同士の交流会(PiO会場参加者のみ)

申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


命の軽さ

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の京都の女性に依頼されて殺害したという二人の医師

この事件に関連して、安楽死だとか尊厳死だとか議論が盛んですけども、どうもそのような話ではないのじゃないの。

この二人の医者は、ただ金が欲しかっただけの嘱託殺人ではないのか。 安易に安楽死の議論に結びつけてほしくないと思います。 一人の医師は医師免許の不正取得疑惑だという指摘もあるし。

それにしてもこのところ命の重みがどんどん軽くなっている気がします。

コロナ禍でも、真っ先に犠牲を強いられるのは立場の弱い人達です。今朝のニュースでも報じられていましたが、自閉症の方が、 通っていた施設がコロナ禍で閉鎖され、家族が面倒を見なくてはならなくなって、もう倒れる寸前だと訴えていました。 

3歳の娘を8日間部屋に閉じ込めて鹿児島の愛人の所に会いに行ってたという23歳の母親。

この親子が住んでいたマンションは、私と同じ町内なんですよ。

3歳の子供が8日間どんな気持ちで過ごしていたんだろう。何を食べてたんだろう。水は飲んでいたんだろうか。3日も水を飲まなきゃ死んでしまうよ。そんな考えもよぎらなかったのだろうか。

子育てに耐えかねて育児放棄をしたのかな。

この子供の父親だって育児を放棄したんだろう。彼女がシングルマザーとなって育ててた。

シングルマザーで仕事と育児、大変な負担だと思うよ。

育児放棄したくなる気も分からなくはないが、周りに助けを求めることはしたかったのだろうか。

やりきれない思いでいっぱいです。

公文書の改ざんを命じられた挙句に自殺をした赤城さん。

津久井やまゆり園での19人の殺害

これからコロナの影響で、企業倒産がさらに増えてくるでしょう。生きていかれない人がたくさん出るはずです。

オリンピックに追加の費用で3000億円。それもさらに増えるかもしれない。来年のオリンピック中止になれば、多分中止になると思うんですがこの費用はすべて無駄です。

何人が助かるんだろう。この金があれば。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す