ノンアルコールビールも進化したものだ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

大腸に18個のポリープが見つかり、先週二泊三日で入院をして切除してきました。

18個あるが、できれば一回ですましたという担当医の話に、私も同意しましたが、いざ内視鏡で切除をすすめると、どうしても一個が見つかりません。

まあ小さくて見つからないんだろうということで探すのを断念。一度に17個の切除は、この病院でも多いほうだということでした。ま、そうでしょうね。

1年か2年後に大腸の内視鏡検査は継続して行った方がいいでしょうと、担当医の話でした。見つからなかったポリープは、それまで大きく育てておけば、次回は切除しやすいでしょう。

そしてポリープ切除後は出血を抑えるために、このようなクリップで留めてあります。

止めた箇所は8箇所です。1箇所につき2~4個のクリップを使っていますので、全体で20個上のクリップが体内に残っていることになります。クリップを止めるときに、パチンという結構大きな音が聞こえます。

自然と剥がれて便と一緒に出てくるとは言うのですが、食べ物が引っかからないのだろうかと、なんだか心配ですね。

まあ医者が大丈夫だというのだから大丈夫なのでしょう。

それよりは、出血の恐れがあるから、1~2週間はお酒は飲んではいけないと言われています。毎晩欠かさず飲んでいたのんべえにとっては、それが一番きついです。

退院した日は娘がお寿司をおごってくれましたが、私だけビールが飲めません。

それで今日はノンアルコールビールを買ってみました。アサヒの「ドライゼロ」です。

Asahiのドライゼロ

飲んでみると、「いいんじゃないかな」結構ビールに近いですね。泡立ちといい色といい、のどごしもビールにそっくりです。ただ酔っ払わないというだけ。

しばらくはこのノンアルコールビール「ドライゼロ」でのんべえの意地汚さをごまかしておきましょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です