スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第11回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年10月10日(日) 13:00~15:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】患者さん同士の交流会のみの開催です。迷っていること、気になることなど、同じ病気の仲間と気軽におしゃべりしましょう。

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

通勤電車には1両に5人の陽性者がいる

全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。直近の一週間で10万人あたりの感染者数が下の図です。

全国平均で110人、東京都は242人です。このデータから、今自分の周りでどれぐらいの陽性者がいるのかをざっくりと計算してみます。

新型コロナウイルスが感染力を保持している期間を平均して2週間とします。ですから2倍になります。

242✕2=484

PCR検査の陽性率が20%を超えています。尾身会長も言われるように、PCR 検査の実施数は既に上限に達しており、相当の取りこぼしがあると思われます。控えめに考えてこれの3倍は陽性者がいるのではないでしょうか。

484✕3=1452 / 10万人 ですから、 1.45%になります。

首都圏の通勤電車の1両あたりの定員は160人ほどです。ラッシュ時には150%の乗車率(控えめ)とし、

自分の乗車中に半分は入れ替わる(出会う人は1.5倍になる)として、

160✕150%✕1.5=360人

360人の1.45%は、5人 !

1両中の保菌者

ラッシュ時の通勤電車には、平均して1両に5人の新型コロナ保菌者がいる!!

怖くて通勤電車には乗りたくないですなぁ。

N95マスクをして、ドア付近の換気の良い場所を選んだほうがよさそう。電車がダイヤモンド・プリンセス号の状態にならなければよいが。

100人の人に会えば、1~2人は保菌者です。 なるべく人と会うのも控えましょう。

パラリンピックに生徒をして観戦させようとする動きがありますが、会場まで電車で移動するのであれば恐ろしいです。

一方で修学旅行は中止してくださいと小池都知事が矛盾したことをおっしゃっています。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 腕を元の位置に戻す神経細胞 今月は毎週のようにチェロのレッスンが続きました。自宅での練習もほぼ毎日のようにチェロを出しては短い時間でも弾くようにしています。 レッスンは108回目でちょうど丸3年になると先 […]
  • 戦後70年の大晦日戦後70年の大晦日 戦後70年の今年も今日で最後。思い起こせばいろいろとあったけど、可もなし不可もなしというところか。母子家庭だった友人の息子さんが自殺したり、高校時代のクラブの先輩が1月に膵臓が […]
  • 死ぬこととと生きること 中学校の同窓会の案内が来ました。先月は高校の吹奏楽部の同窓会があって高知に帰省したのですが、還暦を過ぎると急に同窓会の案内が来るようになりました。定年を迎えて多くの人が現役から退 […]
  • 線虫で膵臓がん早期発見のニュース線虫で膵臓がん早期発見のニュース 超音波検査の前に「午後の紅茶ミルクティー」を飲むと、すい臓がんが見つけやすくなるってニュースがあったけど、今度はこれ。 早期の発見が難しいとされる膵臓(すいぞう)がんにつ […]
  • 糖尿病薬、いろいろ試しています。糖尿病薬、いろいろ試しています。 アマリールからグリニド系のグルファストに変えてから一ヶ月になります。グリニド系薬は、SU薬と同様に膵臓のランゲルハンス島β細胞のSU受容体に作用し、インスリン分泌を促進させる効果 […]
  • 天皇陛下の糖質制限天皇陛下の糖質制限 天皇陛下が糖質制限を始められたらしいですね。ヤフーニュースに載っていました。 六十歳を前にして、やはり天皇としての職務を全うするためには、何よりも健康である […]
  • 今日の一枚 <自由が丘>今日の一枚 <自由が丘> このところ週末に晴れることが少なくて、今日は絶好のカメラ散歩日和。MerrillとGR3を持って自由が丘に行ってみました。 RICOH GR3 18.3mm F 2.8 […]
  • 今日の一冊(9)『がんを生きよう』今日の一冊(9)『がんを生きよう』     この本は"絶対"のお勧めです。 久留米大学がんワクチンセンター長の伊東恭悟先生が、最近上梓された『がんを生き […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です