「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


3/16『膵臓がん患者と家族の集い』

【日 時】2024年3月16日(土) 14:00~16:00(開場:13:45)
【会 場】大田区産業プラザPiO 6階D会議室
【参加費】1,000円
【対 象】膵臓がん患者とその家族、ご遺族
【定 員】60名
【内 容】
   第1部 ミニレクチャー:「粒子線治療(重粒子・陽子線)」運営サポーター
   第2部 患者・家族の交流会
申込締切は3月13日(水)19:00です。

詳しくはオフィシャルサイトで

おすぎとピーコが認知症に

おすぎとピーコのピーコの方が万引きで逮捕されたと報道されましたね。

老々介護をしていたのだが、お互いに認知症が進んで喧嘩が絶えなくなり、それぞれ一人で暮らすようになっていたそうです。

一時は売れたタレントですけども、貯金などもなかったのですかね。

金がない身寄りがない、それで独り暮らしで認知症になると、このように悲惨です。

私の弟の場合は車もあちこちぶつけてボコボコになっている。自分が今どこに向かっているのかもわからなくなることがあるなどと恐ろしいことを言っているので、車のキーを取り上げて、急いで介護申請をし、認知症の医療情報提供書を頂いて施設に入ることができました。

今回のニュースを見るにつけ、大変だったけどもこれで良かったのだと思っております。

私の遠距離老々介護は先の土曜日で終わって今東京に帰ってきております。しかし数日間足腰が立たず、頭もぼーっとしてふらふらする状態が続いておりました。

わずか1ヶ月あまりでしたが限界ですね。最も施設に入所させるまでという先が見えていたので頑張ることができました。これが自宅の老々介護で延々と続くようなら、「早く死んでほしい」などと思うのも分かります。

私の弟も、尋ねたことをまた聞き返すなど同じことを度々聞いてくるようになりました。

認知症だけにはなりたくないなと思うのですが、これならという予防法もなさそうです。

冗談半分に「100歳まで生きて癌で死ぬのが最高」などと言っております。

ですからもうがん検診は受けません。ポリープのできやすい体質ですが、便潜血検査もお断りしておきましょう。

認知症も怖いですが、うつ病も老人の中で増えているようです。こちらは自殺に繋がるから怖いですよね。

仕事上でお付き合いのあった方がうつ病になり自殺を図りました幸い大事に至りませんでしたが治療を続けて回復し良くなったかなと思われていた頃に自殺を選んでしまいました。

「うっかり長生きをするとえらい目に遭うよ」。ある専門家の言葉です。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です