「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


リアルとリモートのハイブリッド開催です。YouTubeの"がん治療"インフルエンサーとなられた押川勝太郎先生の講演です。同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2023年2月26日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザ PiO 6階D会議室
     定員:60名 参加費:1000円
【会場2】YouTubeによる参加
     定員なし 参加費:無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【内 容】
第1部 講演:押川勝太郎先生『膵がん治療の7つの落とし穴』
第2部 患者さん同士の交流会(PiO会場参加者のみ)

申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


家族に癌を告知する

3368e
今日は義父の月命日だ。妻と墓参りに行く。信号で止まったら左の窓にアジサイが覆いかぶさるように迫っていた。
紫が美しい。「まだ蕾から咲き始めのころのピンクの花が私は好きだわ」と妻が言う。 今夜癌になったことを打ち明けるつもりだ。

墓参りを終えて、日暮里へ。妻が今日は茶会の日である。降ろしてからまっすぐ自宅に帰る。

夕食はいつものように家族全員そろった。食後話を切り出す。
「また癌になってしまったよ。今度は膵臓がんだ」
テレビを消してもらった。「割と早期の発見だから手術はできる。しかし直腸がんよりは少しリスクは大きい」
しんとして聞いてくれた。妻の目頭が赤くなっている。

二匹のヨークシャテリアもテーブルの下から、不審そうな顔をしてこちらを神妙に眺めている。いつもと様子が違うことがわかっているようだ。
「まだ死ぬつもりはないから、がんばるよ。みんなで協力してくれ」

娘が「父の日に一日早いけど」とベルトをプレゼントしてくれた。「最近おなかも小さいから90センチにしておいたよ」
こんなとき家族はありがたい。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す