家族に癌を告知する


Pocket
LINEで送る

3368e
今日は義父の月命日だ。妻と墓参りに行く。信号で止まったら左の窓にアジサイが覆いかぶさるように迫っていた。
紫が美しい。「まだ蕾から咲き始めのころのピンクの花が私は好きだわ」と妻が言う。 今夜癌になったことを打ち明けるつもりだ。

墓参りを終えて、日暮里へ。妻が今日は茶会の日である。降ろしてからまっすぐ自宅に帰る。

夕食はいつものように家族全員そろった。食後話を切り出す。
「また癌になってしまったよ。今度は膵臓がんだ」
テレビを消してもらった。「割と早期の発見だから手術はできる。しかし直腸がんよりは少しリスクは大きい」
しんとして聞いてくれた。妻の目頭が赤くなっている。

二匹のヨークシャテリアもテーブルの下から、不審そうな顔をしてこちらを神妙に眺めている。いつもと様子が違うことがわかっているようだ。
「まだ死ぬつもりはないから、がんばるよ。みんなで協力してくれ」

娘が「父の日に一日早いけど」とベルトをプレゼントしてくれた。「最近おなかも小さいから90センチにしておいたよ」
こんなとき家族はありがたい。

がんと闘う、たくさんの仲間がいます。応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 糖質の少ないブラン(ふすま)パン クリストファー・ロイドの世界的ベストセラー『137億年の物語 […]
  • 大往生なんか、せんでもええやん! 治らないがん患者に、いずれ訪れる末期になったらどうするかという選択。「もう治療法がありません」と言われ、胃瘻(いろう)をつけて放り出されることになる。5月17日の「クローズア […]
  • 親鸞は桂枝雀だ 『低線量被曝のモラル』という本が2月に出版されている。東京大学での討論にいくつかの論文を付け加えたものだ。もちろん福島原発事故による低線量被曝をどのように考えるのかという論考 […]
  • 放射能汚染された山や川や魚は、私たちが生きている間はもとには戻らない。 久しぶりの原発ネタです。もちろん忘れていたわけではありません。書きたいことも書かねばならないこともたくさんあるのですが、追いつきません。 釣りファン向けの雑誌「フライの雑誌社」の […]
  • 安楽死 2匹のヨークシャーテリアの年上の17歳のほうですが、死が近いようです。1年前に慢性腎不全になり、毎日輸液を皮下注射して頑張ってきたのですが、ここ数週間で体重が激減。さらに膵炎にな […]
  • ちょっと息抜き ちょっと息抜きを。 土日はクラシックもたくさん聴いた。ジャクリーヌ・デュ・プレが弾くエルガーの「チェロ協奏曲」。 多発性硬化症という難病になったジャクリーヌのことが『身体 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です