家族に癌を告知する

スポンサーリンク
【日 時】2019年4月14日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:森省歩氏(ジャーナリスト)『最新取材報告 ここまでわかった「丸山ワクチンの実力」』
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付は、3月1日(金) 8:00からです。
Pocket
LINEで送る

3368e
今日は義父の月命日だ。妻と墓参りに行く。信号で止まったら左の窓にアジサイが覆いかぶさるように迫っていた。
紫が美しい。「まだ蕾から咲き始めのころのピンクの花が私は好きだわ」と妻が言う。 今夜癌になったことを打ち明けるつもりだ。

墓参りを終えて、日暮里へ。妻が今日は茶会の日である。降ろしてからまっすぐ自宅に帰る。

夕食はいつものように家族全員そろった。食後話を切り出す。
「また癌になってしまったよ。今度は膵臓がんだ」
テレビを消してもらった。「割と早期の発見だから手術はできる。しかし直腸がんよりは少しリスクは大きい」
しんとして聞いてくれた。妻の目頭が赤くなっている。

二匹のヨークシャテリアもテーブルの下から、不審そうな顔をしてこちらを神妙に眺めている。いつもと様子が違うことがわかっているようだ。
「まだ死ぬつもりはないから、がんばるよ。みんなで協力してくれ」

娘が「父の日に一日早いけど」とベルトをプレゼントしてくれた。「最近おなかも小さいから90センチにしておいたよ」
こんなとき家族はありがたい。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • すい臓がん手術で入院すい臓がん手術で入院 タクシーに乗り、一人で入院した。 肺機能の検査と胸部レントゲン撮影。肺機能検査では測定器の針が振り切れて測定範囲を超えてしまった。8000以上。若い女性の検査技師が、「振り […]
  • 膵臓がんで手術できるのは患者の20%膵臓がんで手術できるのは患者の20% 昨日の検査結果の確認と入院前の最後の診察で癌研へ。 今日は妻を伴っていった。 先生が妻のために最初から丁寧に説明してくれた。「膵臓がんと診断された患者さんのうち、手術でき […]
  • 「がん緩和ケア最前線」坂井かをり著「がん緩和ケア最前線」坂井かをり著 今日は茨城県まで車で日帰り出張。帰りの車中で癌研からの電話を受けた。27日に入院が決まった。あいにく差額ベッド代の要らない部屋は確保できず、5000円/日の部屋になるという。 […]
  • 入院前の検査入院前の検査 癌研で入院前の検査。 持病の不整脈が手術に影響するかどうか、内科の先生の診察を受ける。40年も付き合っている不整脈だし、前の直腸がんのときにも問題がなかったから大丈夫だと思う […]
  • 告知宣言 今日から私はがん患者になった告知宣言 今日から私はがん患者になった 妻には内緒で家を出た 妻には千葉に車で出張だと偽って家を出た。 あいにくの雨模様の天気だ。車で癌研に向かうと途中からフロントガラスに雨粒が当たりだした。癌研の地下駐車場に […]
  • 町医者に高性能CTがあった 膵臓がん確定 10:10からCT検査。 紹介された病院は伊藤医院、大森駅をジャーマン坂に沿って蘇峰公園の方に行ったところにあった。木造のいかにも町医者という感じの病院(正確に […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です