スポンサーリンク

膵管破裂一歩手前だった!

LINEで送る
Pocket

37816

膵臓ガンの多くは膵管細胞ガンであり、がん細胞によって膵管が閉塞されて、場合によっては膵管が破裂という悲惨なこともあるらしい。膵臓は脂肪組織の中に浮いているような状態だが、膵管が破裂して膵液が周囲の組織を溶かすと急性膵炎となり、かなり危険な状態だという。

6月12日添付した私の膵臓のCT画像を再びアップしたが、膵臓の右半分の中央部に見える黒い筋は、本来はCTでは見えるはずのない膵管である。中央部(黄色の丸)の腫瘍によって膵管が閉塞されて膵液の行き場がなくなり膨らんでいるのがよく分かる。つまり膵管破裂の一歩手前だったということに、今になって気づいたという訳だ。

関わってきた4人の医師がみんな「とにかく急いで」といったわけはこれを危惧していたからに違いない。組織検査をせずに手術に踏み切った理由も同じであろう。

手術の結果も「あと数ミリ血管に近ければ、あるいは血管にガンが浸潤していれば手術はできなかった」との説明だったから、いくつもの危ない橋を紙一重の差でかわしてきた幸運の連続だったんだと、今頃になってヒヤリとしている。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • やはり、ビタミンDはがんに効くやはり、ビタミンDはがんに効く 佐藤典宏先生がYouTubeで、最新のビタミンDに関するエビデンスを紹介されています。 https://www.youtube.com/watch?v=NDdif0NS […]
  • 街のヒポクラテス街のヒポクラテス 雨の日曜日。こんなときには何を聴こうか。私は神も仏も信じていない無信心論者ですが、がんの王様といわれるすい臓がんの魔の手から逃れ得たことにはなにか「大いなるもの」の存在を […]
  • 『膵臓がん患者と家族の集い』への参加、ありがとうございました。『膵臓がん患者と家族の集い』への参加、ありがとうございました。 昨日の『膵臓がん患者と家族の集い』には、寒い中にも関わらず沢山の方に参加していただき、ありがとうございました。おかげで熱気むんむん、わいわいがやがやで、あっという間に4時 […]
  • 高濃度ビタミンC点滴はがんの転移を抑制するか高濃度ビタミンC点滴はがんの転移を抑制するか ビタミンCに抗腫瘍効果はない、したがって、生存期間の延長や腫瘍の縮小効果も期待できないが、QOLを改善し、抗がん剤の副作用を低減させるかもしれない弱い証拠がある。 […]
  • 今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』 膵癌の腫瘍内部は低酸素状態になっているために、通常の放射線では効果が限定的です。しかし、重粒子線は拡大ブラッグピークという現象もあって、膵癌の腫瘍細胞を効果的に死滅されることがで […]
  • 天皇の「お言葉」はがんサバイバーの終活天皇の「お言葉」はがんサバイバーの終活 天皇の談話(いわゆる「お言葉」)に対して、いろいろな意見があるが、81%が生前退位に賛成している。 全文をじっくりと読んだけど、すばらしい文章力だし、考え抜かれてい […]
  • 今日の一冊(125)『がん患者の心を救う』今日の一冊(125)『がん患者の心を救う』 精神腫瘍医 […]
  • 東京がエピセンター化東京がエピセンター化 参議院予算委員会における東京大学先端科学技術研究センター名誉教授の児玉龍彦教授の証言は衝撃的でした。 コロナウイルスが遺伝子変異をし、武漢型、欧州型から今は東京・埼玉型になって […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です