膵管破裂一歩手前だった!

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

37816

膵臓ガンの多くは膵管細胞ガンであり、がん細胞によって膵管が閉塞されて、場合によっては膵管が破裂という悲惨なこともあるらしい。膵臓は脂肪組織の中に浮いているような状態だが、膵管が破裂して膵液が周囲の組織を溶かすと急性膵炎となり、かなり危険な状態だという。

6月12日添付した私の膵臓のCT画像を再びアップしたが、膵臓の右半分の中央部に見える黒い筋は、本来はCTでは見えるはずのない膵管である。中央部(黄色の丸)の腫瘍によって膵管が閉塞されて膵液の行き場がなくなり膨らんでいるのがよく分かる。つまり膵管破裂の一歩手前だったということに、今になって気づいたという訳だ。

関わってきた4人の医師がみんな「とにかく急いで」といったわけはこれを危惧していたからに違いない。組織検査をせずに手術に踏み切った理由も同じであろう。

手術の結果も「あと数ミリ血管に近ければ、あるいは血管にガンが浸潤していれば手術はできなかった」との説明だったから、いくつもの危ない橋を紙一重の差でかわしてきた幸運の連続だったんだと、今頃になってヒヤリとしている。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • オメガ3とがんオメガ3とがん 安西英雄氏のTwitterから。 消化器がんにオメガ3が良い、というレビュー論文。基礎研究ではオメガ3はがんの増殖、サバイバル、血管新生、炎症、転移に好影響があるこ […]
  • 奇跡のシェフ-がんと14年間共存奇跡のシェフ-がんと14年間共存 昨年このブログ「気になる本『奇跡のシェフ』」でも紹介した神尾哲男さんが亡くなったそうです。 2002年に前立腺がんの末期で余命ゼロを宣告されながらも、独自の食事療法でがんと […]
  • 日本一被曝している医者だから、内部被曝の脅威が分かる日本一被曝している医者だから、内部被曝の脅威が分かる 先日の「市民のためのがん治療の会」講演会における、北海道がんセンターの西尾正道院長の講演について紹介します。 放射線治療機器メーカーの日本アキュレイの調査では、がん治療経験者 […]
  • CAR-T療法は期待できますか?CAR-T療法は期待できますか? 1月31日のヨミドクターにこんな記事があります。 遺伝子改変で免疫細胞強化...新がん免疫療法 免疫細胞の遺伝子を改変してがんへの攻撃力を高め、急性リンパ性白血病の患者の […]
  • 日常診療に即した膵癌ガイドラインに 日本膵臓学会のホームページに『膵癌診療ガイドライン2016(案)のパブリックコメント募集』が載っています。まぁ、患者の立場から専門的なコメントなど出せるはずもないのですが、「癌E […]
  • すい臓癌の新しいエビデンスと治療薬すい臓癌の新しいエビデンスと治療薬 今年のASCO(米国臨床腫瘍学会)で、「すい臓癌の手術後の再発を抑える本格的な薬」として、こんな記事が配信されている。【米国臨床腫瘍学会“ASCO”2008】 すい臓がんの手術後 […]
  • 明日は投票日明日は投票日 明日は投票日だが、日本海側を中心に大雪の予想も出ている。投票率が下がれば組織票を持つ自公、共産党に有利になるとの予測である。 いつの選挙も「これからの日本の行く先を決める大事な選 […]
  • 薬・抗体医薬 週末は音楽と読書三昧。チェリスト長谷川陽子の師であるフィンランドのアルト・ノラスのCD『チェロ・カンタービレ』を聴く。静謐なチェロの音色にオーケストラの華麗な響きが伴って、ときに […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です