Kさんの退院

Pocket
LINEで送る


スポンサーリンク

7センチほど残っていたドレンパイプも今日すっかり取り除いた。傷口を閉じていたホッチキスも無くなったし、これで体には何も残っていない。

先生も「あと数日で退院できる状態になります」と言ってくださった。ここまで合併症もなく熱も出ず、順調に回復した。神経性の下痢に悩まされただけだが、これもアヘンチンキでコントロールできている。


隣のベッドのKさんが退院した。私と同じすい臓癌だが、Kさんの場合は手術ができないほど進行しており、見つかったときは既に肝臓への大きな血管にがん細胞が浸潤していたために、手術ができないという。癌の大きさは30ミリだというから私の25ミリと大して違いはない。

私の場合と似ているが、今年の3月に、肝臓の治療で通っていた東邦医大病院で血糖値の異常が見つかり、検査の結果すい臓癌だと分かったが、そこで既に「手遅れです」といわれたそうだ。
セカンドオピニオンで国立がんセンターに行ったが、そこでも「手術はできませんね」と冷たい一言にがっくり来た。念のためにとこの癌研にやってきて、一時は手術できるかもしれないといわれたが、結局はやはり難しいねという結論になった。

化学療法・抗がん剤治療を行っているが、今のところ癌組織は大きくも小さくもなっていない。「少しでも小さくなって手術できることが望みなんですがね」とぎこちなく笑う。「47歳なんですよ。せめて10年は生きたいと思っているんです。でないと悔いが残りそうです。」

「会社の業績もよかったので、投資信託に入れて財産は結構増やしました。家も高輪の高級マンションに引っ越しましたよ。トイレが三つに風呂が二つあ
るんです。昨年は中東のドバイに投資用のマンションを買いました。まだ建物は完成していませんがね。」と誇らしげに言った後、「でもね、その後癌だといわ
れて、しかもあと数年の余命でしょ。こんなことがみんなどうでもよいことだと、価値のないことだと気がついたんです。今は自分のやりたいことをやろうと思
うのですが、さて、本当にやりたいことってなんだろうと、考えているところなんです。」

奥さんも私に「手術ができてよかったですね」と声をかけて二人で退院して行きました。

スポンサーリンク

このブログのお薦め記事

  • 満開の桜の下でじゃんけん満開の桜の下でじゃんけん 老人施設の方たちでしょうか。 満開の桜の下で、体操やゲームをやっていました。 […]
  • 今日の一冊(58)『すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて』今日の一冊(58)『すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて』 すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えてposted with ヨメレバ 桃田 清友 文芸社 2016-04-01    […]
  • 写真展と国会議事堂前抗議集会写真展と国会議事堂前抗議集会 DP2 Merrill F5.6 1/200 ISO200 再開発予定の町、京急蒲田駅前商店街SIGMA […]
  • NHKスペシャル『健康格差』NHKスペシャル『健康格差』 非正規雇用や無年金者の場合、食費にしわ寄せが行くから、炭水化物中心になりがちで、2型糖尿病になる率が高くなる。 貧困家庭のこどもは虫歯が多い。肥満が多い。 結局根本原因は、新自由 […]
  • スライドショー『巾着田の曼珠沙華』スライドショー『巾着田の曼珠沙華』 曼珠沙華ももう終わりですね。ずいぶんと涼しくなってきました。 花言葉は「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「転生」「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」。 […]
  • 旧古河庭園に行ってきた旧古河庭園に行ってきた 今日は女房の専属運転手でした。友達の旦那が糖尿病の末に人工透析、そして心筋梗塞で急逝したので線香をあげに行く、ついては暑いから送っていって、帰るまでどこかでぶらぶらしておいで、と […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA