退院後初の外来で再発の可能性を問う

Pocket
LINEで送る


スポンサーリンク

今日は退院後初めての外来受診でした。駅の階段の上り下りが結構堪えました。まだまだ体力が8割くらいしか回復していない感じです。

「先生、私は実はまだ手術後のご説明を聞いていないのですが・・・。手術直後に妻には説明があったようですが、私はまだ・・・」との疑問に、「いやーそうでしたか」と早速写真や図を使っての説明。内容は8/3のこのブログでの説明と大きな違いはない。ただ、切除した組織検査の詳細な所見を印刷してわたしてくれた。それによると、

所見

手術材料:膵体尾部切除標本

●主病変:膵癌
占拠部位:pb, 大きさ:23×20×20mm, 肉眼的分類:浸潤型
Tubular adenocarcinoma, well differentiated type
間質量:中間型,浸潤様式:INFβ,リンパ管侵襲:ly2,静脈侵襲:v2,
膵内神経浸潤:ne2,主膵管内浸潤:mpd(+),膵前方浸潤:s(-)
膵後方浸潤:rp(+), #5,7 膵内胆管浸潤:ch(-), 十二指腸浸潤:du(-)
門脈系浸潤:pv(-),動脈系浸潤:a(-), 膵外神経叢浸潤:pl(-)
●<断端>
膵切除断端:pcm(-), 胆管切除断端:bcm(-), 膵周囲剥離面:dpm(-)
膵周囲リンパ節には転移はありません。
合併切除された胆嚢には、cholesterosisを認めるが、異型上皮はない。
脾臓・左副腎も著変なし。
●リンパ節:pending

(-)の記号は問題ないということだろう。「リンパ管侵襲:ly2」は、<ly0,ly1,ly2,ly3>の4段階で中程度の侵襲ということらしい。その他では、静脈侵襲:v2,膵内神経浸潤:ne2,主膵管内浸潤:mpd(+),膵後方浸潤:rp(+)などが気になる値である。

先生のお話と総合すれば、周辺のリンパ節への転移は見られないが、静脈及び神経などを経由して肝臓に転移する可能性があるため、予防的にジェムザールの投与をしようということになったのだと理解できる。

抗がん剤のこと、再発の可能性

来週から内科の先生の下で抗がん剤ジェムザールの投与を始めることに。ジェムザール単体ではじめるとのこと。期間は6ヶ月、副作用もあまりないから心配いらないよとの説明。

つまり、手術後の予防的措置としてGEMを投与するのであって、治験により効果が証明されているからとの説明。

一番気になっている点を質問した。「膵癌の場合、手術できても再発・転移率は80%以上とのことですが、私の場合も同じ程度だと考えておくべきでしょうか?」との質問に、「そうですね。そのとおりです。肝臓への転移が一番起こりやすいです。3月に一回の頻度でCT検査をして、転移の有無をチェックしながら抗がん剤の投与を続けましょう」との回答。

Byouri_1

スポンサーリンク

このブログのお薦め記事

  • 膵がんの多剤併用療法は有効か?膵がんの多剤併用療法は有効か? 23日、パンキャン主催の「膵がん勉強会 X'mas スペシャル […]
  • CTの結果、異常なし セカンドオピニオンCTの結果、異常なし セカンドオピニオン 先月5月27日に撮ったCT検査の結果を聞くため癌研に。 結果は異常なし。 統計的にいえばそろそろ再発、あるいは転移をしてもおかしくはない時期なので(一年で50%が再発)心配をして […]
  • PET-CTの結果、リンパ節への転移発見PET-CTの結果、リンパ節への転移発見 PET-CTの結果を聞くためにUクリニックへ。 先生が開口一番「いますね。」 大動脈近くのリンパ節に転移した腫瘍があるらしい。大きさは5mmほど。「この程度の大きさではC […]
  • セカンドオピニオンセカンドオピニオン 町田のUクリニックでセカンドオピニオンを受けてきました。 約1時間も時間を取っていただき、じっくりと『私の膵癌に何ができるか』を説明していただきました。一人の患者に対してこ […]
  • 定期検診定期検診 今日は3ヶ月ぶりの癌研での定期検診でした。CT検査はなしで、血液検査と主治医の診察だけ。 血液検査の結果は、ヘモグロビンA1Cの値が6.0で、正常値4.3~5.8を少し上回ってい […]
  • 吾が生既に蹉蛇たり吾が生既に蹉蛇たり 癌研有明へ。 夏休みのせいか、お台場付近は交通渋滞のため、臨海トンネル・中央防波堤外側埋立地・第二航路海底トンネルと、あまり知られていない抜け道ルートで病院へ。 抗が […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA