退院後初の外来で再発の可能性を問う

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

今日は退院後初めての外来受診でした。駅の階段の上り下りが結構堪えました。まだまだ体力が8割くらいしか回復していない感じです。

「先生、私は実はまだ手術後のご説明を聞いていないのですが・・・。手術直後に妻には説明があったようですが、私はまだ・・・」との疑問に、「いやーそうでしたか」と早速写真や図を使っての説明。内容は8/3のこのブログでの説明と大きな違いはない。ただ、切除した組織検査の詳細な所見を印刷してわたしてくれた。それによると、

所見

手術材料:膵体尾部切除標本

●主病変:膵癌
占拠部位:pb, 大きさ:23×20×20mm, 肉眼的分類:浸潤型
Tubular adenocarcinoma, well differentiated type
間質量:中間型,浸潤様式:INFβ,リンパ管侵襲:ly2,静脈侵襲:v2,
膵内神経浸潤:ne2,主膵管内浸潤:mpd(+),膵前方浸潤:s(-)
膵後方浸潤:rp(+), #5,7 膵内胆管浸潤:ch(-), 十二指腸浸潤:du(-)
門脈系浸潤:pv(-),動脈系浸潤:a(-), 膵外神経叢浸潤:pl(-)
●<断端>
膵切除断端:pcm(-), 胆管切除断端:bcm(-), 膵周囲剥離面:dpm(-)
膵周囲リンパ節には転移はありません。
合併切除された胆嚢には、cholesterosisを認めるが、異型上皮はない。
脾臓・左副腎も著変なし。
●リンパ節:pending

(-)の記号は問題ないということだろう。「リンパ管侵襲:ly2」は、<ly0,ly1,ly2,ly3>の4段階で中程度の侵襲ということらしい。その他では、静脈侵襲:v2,膵内神経浸潤:ne2,主膵管内浸潤:mpd(+),膵後方浸潤:rp(+)などが気になる値である。

先生のお話と総合すれば、周辺のリンパ節への転移は見られないが、静脈及び神経などを経由して肝臓に転移する可能性があるため、予防的にジェムザールの投与をしようということになったのだと理解できる。

抗がん剤のこと、再発の可能性

来週から内科の先生の下で抗がん剤ジェムザールの投与を始めることに。ジェムザール単体ではじめるとのこと。期間は6ヶ月、副作用もあまりないから心配いらないよとの説明。

つまり、手術後の予防的措置としてGEMを投与するのであって、治験により効果が証明されているからとの説明。

一番気になっている点を質問した。「膵癌の場合、手術できても再発・転移率は80%以上とのことですが、私の場合も同じ程度だと考えておくべきでしょうか?」との質問に、「そうですね。そのとおりです。肝臓への転移が一番起こりやすいです。3月に一回の頻度でCT検査をして、転移の有無をチェックしながら抗がん剤の投与を続けましょう」との回答。

Byouri_1


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(105)「死」とは何か:イェール大学で23年連続の人気講義今日の一冊(105)「死」とは何か:イェール大学で23年連続の人気講義 私の生き方は、やがて死ぬという事実にどのような影響を受けてしかるべきなのか。必ず死ぬという運命に対して私はどのような態度をとるべきなのか。例えば死を恐れるべきなのか、やがて死ぬと […]
  • がんと自律神経ー国立がん研究センターがんと自律神経ー国立がん研究センター 国立がん研究センターのプレスリリースです。 がん組織内に自律神経が入り込む 本論文では、がん組織内に自律神経系が入り込むことで、その患者の予後を左右することを世界に先 […]
  • 『デタラメ健康科学』代替療法・製薬産業・メディアのウソ 私たちはなぜ騙されるのか、『デタラメ健康科学---代替療法・製薬産業・メディアのウソ』でサプリメント業界と製薬産業の手口は同じだとベン・ゴールドエイカーは言う。著者はイギリス […]
  • 抗がん剤を止めたらCEAが1/10に抗がん剤を止めたらCEAが1/10に ステージⅣや術後の再発転移したとき、その後の治療をどうするかと考えたことがある。術後2~3年目の頃だっただろうか。「治療はしない」がその当時の私の結論だったし、今でもその […]
  • 「神様のカルテ」のような医療スタッフ「神様のカルテ」のような医療スタッフ 次回の「膵臓がん患者と家族の集い」には、SAKUさんと待夢さんをお招きして体験講演をお願いしています。 しかし、SAKUさんが緊急入院しました。 心配でした。 […]
  • 森山大道写真展森山大道写真展 本当に久しぶりのカメラを担いでのお出かけでした。 恵比寿ガーデンプレイスの東京都写真美術館で開催中の『森山大道の東京 […]
  • 銀河系と私たちの治癒系銀河系と私たちの治癒系 世界が非線形であるのなら、私たちの体もがんも、原因と結果が一対一にならない非線形な複雑系である。 非線形科学は、全体は部分の総和ではないと考え、全摘なアプローチを唱える。がん治 […]
  • 役立つがん情報の管理法役立つがん情報の管理法 がんとの闘いは情報戦 突然がんといわれたら、まさか自分や家族ががんになるとは・・・。何の準備もしていないので、取りあえずインターネットで探すのではないでしょうか。 ど […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です