スポンサーリンク

余命を心配して生きるなんて、生きているといえるんか

LINEで送る
Pocket

抗がん剤の副作用なのか、昨日から気分が優れない。頭はボーっとするし、胃はむかむかする。適当に仕事を切り上げて帰宅したが、今日はチェロのレッスン日、迷ったけど明日は出張だし体調を考えてレッスンは休むことにした。

手術前に通院していたクリニックにて3ヶ月ぶりで診察。癌研の先生が「うちは高血圧や糖尿病には弱いから、日常の管理は元の病院にお願いしなさい」と言われたので、この日に久しぶりにT先生の顔を拝見がてら受診をした。

診察室に入ったら、まじまじと顔を見られたが、さすがは医者、痩せたねとは言わない。血圧・不整脈も異常なし。念のため採血してA1値をチェックすることにした。

すい臓がんの話になって、『僕たち医者がはっきりとは言えないけど、膵癌は手術ができた人でも完治というわけではないよ。あと何年ということではないが、5年以上生存する人は1割か2割だ。あなたが8割のほうに入るか2割のほうになるかは、医者でも何ともいえないことだよ。』

もちろん、私自身この間いろいろと調べたのだから知識としては知っているし、覚悟もできているつもりだったが、長年の主治医の先生からこうもはっきり言われると、改めてショックを感じないわけにはいかない。

でもしかし、統計はあくまで統計、人間は一人ひとり違うんだ。余命をああだこうだと心配して生きるなんて生きているといえるか!

まず二年間にやるべきことを重要な順に実行すること。次には五年間(運が良かったとして)にやるべきこと、やっておきたいことをリストアップすること。既に最初の計画は進行中だが、ブログで紹介するのはもっと先のことだ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 富士フイルム ゲムシタビンを使ったDDS 米国で臨床試験開始富士フイルム ゲムシタビンを使ったDDS 米国で臨床試験開始   富士フイルムは2018年5月9日、抗癌剤ゲムシタビンのリポソーム製剤(FF-10832)のフェーズI(NCT03440450)を米国で開始したと発表し […]
  • 小保方論文よりひどいデータのごまかし小保方論文よりひどいデータのごまかし 先日の鯉のぼりと同じ場所です。ひたち海浜公園内の里の家。 久しぶりの原発関連の記事です。 18日に公表された内閣府原子力被災者生活支援チームの報告書は、何が何でも20ミリシー […]
  • がんと自己組織化臨界現象 (4) 地震は"できごと"です。森林火災も砂山の雪崩も"できごと"であり「現象」です。”地震”という具体的な物質があるわけではありません。あたりまえのことです。自己組織化臨界”現象”の具 […]
  • 「週刊現代』の医療バッシング記事「週刊現代』の医療バッシング記事 「週刊現代』の医療バッシング記事が大反響のようです。さらに、週刊現代と週刊文春がバトルをしていますね。 そのあおりを受けて、医療の現場では対応に四苦八苦している様子です。 […]
  • 膵臓がんで19年、長期生存者の特徴膵臓がんで19年、長期生存者の特徴 Google […]
  • 朝日新聞の報道は「終末期患者ビジネス」の利益を代弁か?朝日新聞の報道は「終末期患者ビジネス」の利益を代弁か? 朝日新聞のペプチドワクチンに関する記事に関する情報です。少し食傷気味なのですが、膵臓がん患者にとっても大事な問題ですし、紹介する記事は、これまでのいろいろな情報と比較しても非常に […]
  • 再び国会前へ再び国会前へ 今日14日は18:30から「強行採決反対・安倍政権退陣要求国会包囲大行動」 一粒の砂になるべく、早めに出かけて、17時半ごろ国会前に着いたが、既にたくさんの人。今週が強行採決の山 […]
  • 「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」 BSスーパープレミアム「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」の放送をみました。 がんになった6人の医師たちのがんと闘う極意。患者力、早期発見、笑いは魔法の薬、夢と […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です