余命を心配して生きるなんて、生きているといえるんか

Pocket
LINEで送る


スポンサーリンク

抗がん剤の副作用なのか、昨日から気分が優れない。頭はボーっとするし、胃はむかむかする。適当に仕事を切り上げて帰宅したが、今日はチェロのレッスン日、迷ったけど明日は出張だし体調を考えてレッスンは休むことにした。

手術前に通院していたクリニックにて3ヶ月ぶりで診察。癌研の先生が「うちは高血圧や糖尿病には弱いから、日常の管理は元の病院にお願いしなさい」と言われたので、この日に久しぶりにT先生の顔を拝見がてら受診をした。

診察室に入ったら、まじまじと顔を見られたが、さすがは医者、痩せたねとは言わない。血圧・不整脈も異常なし。念のため採血してA1値をチェックすることにした。

すい臓がんの話になって、『僕たち医者がはっきりとは言えないけど、膵癌は手術ができた人でも完治というわけではないよ。あと何年ということではないが、5年以上生存する人は1割か2割だ。あなたが8割のほうに入るか2割のほうになるかは、医者でも何ともいえないことだよ。』

もちろん、私自身この間いろいろと調べたのだから知識としては知っているし、覚悟もできているつもりだったが、長年の主治医の先生からこうもはっきり言われると、改めてショックを感じないわけにはいかない。

でもしかし、統計はあくまで統計、人間は一人ひとり違うんだ。余命をああだこうだと心配して生きるなんて生きているといえるか!

まず二年間にやるべきことを重要な順に実行すること。次には五年間(運が良かったとして)にやるべきこと、やっておきたいことをリストアップすること。既に最初の計画は進行中だが、ブログで紹介するのはもっと先のことだ。

スポンサーリンク

このブログのお薦め記事

  • 今日の一冊(61)『ケトン食ががんを消す』今日の一冊(61)『ケトン食ががんを消す』 ケトン食ががんを消す (光文社新書) posted with ヨメレバ 古川 健司 光文社 […]
  • 終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する 来週の木曜日は半年ごとの定期検査です。いつものことですが、検査の前になると、再発・転移をしていないかと気がかりです。体調には変化もなく糖質制限食のおかげなのか、ウォーキングでも以 […]
  • がん治療は高血糖値を招きやすいがん治療は高血糖値を招きやすい 抗がん剤治療によって血糖値が急上昇することがあるとは聞いていたが、日経メディカルの『癌は糖尿病の“新たな合併症”』は、詳しく解説している。 要点を記すと、 糖尿病と癌が併存すると […]
  • 膵臓がんとビタミンD膵臓がんとビタミンD 昨年のMedエッジに『「暴れる膵臓がん」ビタミンDの刺激で治める』という記事がありました。元になった論文は、2014年9月25日号の有力科学誌セル誌に掲載された「ビタミンD受容体 […]
  • 不整脈は無理に治さない方が良い不整脈は無理に治さない方が良い 不整脈が治まらないので、心電図を取ってもらいました。伊豆の旅行でも意識レベルが低下していたのか、交差点で信号を見落として危ない思いをしたのです。 膵癌の手術のときにも不整脈が問題 […]
  • PET-CTの結果、リンパ節への転移発見PET-CTの結果、リンパ節への転移発見 PET-CTの結果を聞くためにUクリニックへ。 先生が開口一番「いますね。」 大動脈近くのリンパ節に転移した腫瘍があるらしい。大きさは5mmほど。「この程度の大きさではC […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA