「偽り」の一年だった

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

4e530今年も今日を残すのみになった。なんとあわただしく過ぎ去ったことか。膵臓癌になり、幸い手術ができて生きながらえて正月を迎えることができるのだから、先生や家族に感謝している。

ペコちゃんの不二家に始まった「偽」の一年だった。赤福に白い恋人と続いた”紅白合戦”。保存すべき自衛隊の日誌の廃棄や防衛省の元事務次官が国会
で宣誓して証言したことがことごとく嘘だったこと、高知での白バイ事故に対する県警の犯人でっちあげなどなど、枚挙にいとまがない。

何といっても最悪の「偽」は、「美しい日本」だの「戦後レジュームからの脱却」だのと美辞麗句を並びたてた庶民感覚からかけ離れた総理が、選挙で敗北してもなお権力にしがみつき、あげくに突然投げ出してしまった。これ以上の「偽」はないだろう。

背後にあるのは、営利主義であり、儲ければそれでよいという思想であり、効率化・成果主義などで、この資本主義体制の行き着く先を暗示している。

資本主義でも社会主義でも、いま私たちが直面している問題に対する答えは出せはしないだろう。「社会主義」中国は「赤い資本主義」といわれるほどに儲け第一で貧富の格差も拡大している。この世界の現状を打破する道はどこにあるのだろうか。

加島祥造の『求めない』の一節にこうある。

求めない---
すると
ひとの心が分かりはじめる
だって、利害損得でない目で見るからだ
世の中のひとたちは
あまりに求めてばかりいる
君ひとり
求めないでごらん
珍しがられるから
求めない---
すると
何を考えているのだ
とひとは聞く
君はただ笑っていればいい!

古いカメラを処分しようとYahooオークションに出品してみた。結構よい値で処分できたので、これで新しい一眼レフのデジカメを買おうと思っている。処分したのはフィルムタイプの物が4台に、今では古くなってしまったEOS20Dのデジカメ。EOS40DとすでにあるRICOHのGX-100の2台だけにしてみる。この2台であと数年間の写真を撮ることにしよう。

よいお年をお迎えください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 玄米菜食始めました玄米菜食始めました 福岡伸一の「[E:taurus]もう牛を食べても安心か」(文春新書)には、ナチズムから逃れてアメリカに亡命したユダヤ人の生化学者シェーンハイマーによる水素の安定同位元素H-2を使 […]
  • テリーさんへの手紙テリーさんへの手紙 テリーさん。手術の成功と退院、おめでとうございます。今は少しは食事もとれるようになってきた頃でしょうか。 そしてこれから術後補助化学療法としての抗がん剤治療が始まりますね。 […]
  • ETV特集で加島祥造さん ETV特集が10月19日(土)23:00から加島祥造さんを取り上げます。タイトルは『ひとりだ でも淋(さび)しくはない~詩人・加島祥造 […]
  • がんになったらこれまでの生活を変えなければならないがんになったらこれまでの生活を変えなければならない 台風一過。昨日はきれいな夕焼けでした。Merrillは赤が苦手なのですが、今日の一枚はまぁまぁです。 がんになったら、これまでの生き方と考え方を変えなければいけないと言う。私た […]
  • 膵臓癌の術後生存期間、GEMよりもTS-1が優位 膵臓がんの術後補助化学治療としてゲムシタビン(GEM、ジェムザール)とTS-1の比較を、日本全国の33施設でおこなった第Ⅲ相試験の中間解析結果がニュースで流れています。 日 […]
  • 樹状細胞療法で延命した?スタインマン教授は膵臓がん ノーベル賞の医学生理学賞を受賞したラルフ・スタインマン教授が、発表前に膵臓がんで死亡していたニュースが話題になっています。昨日はテレビでもこの話題で持ちきりでした。そして自らが開 […]