一年経ちました。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

このブログを書き始めて、今日がちょうど一年目です。

膵臓がんのことを知れば知るほど、一年間も元気で生きながらえてきたことに感謝の気持ちでいっぱいです。癌患者はどうしても悪いほうへ悪いほうへと考えが向かいがちです。

いまは再発をさせないために、できる限りのことをやってみようとしています。

  • 心の持ち方を切り替える
  • 仕事のやり方を変える⇒真面目を止める
  • ストレスをためない
  • 早寝早起き。夜更かしはしない。
  • 玄米菜食を続ける
  • できる限り運動をする。通勤は徒歩(30分)
  • パソコンの前に座る時間は減らす
    ブログの更新も「義務」にはしない

こうした戦略を練っています。

また来年、元気で感謝の気持ちをこのブログに書くことができますように。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 中川恵一 × 近藤誠 (3)中川恵一 × 近藤誠 (3) 内部被ばくについては、中川氏も近藤氏も考え方は大同小異で、ほとんど違いがない。二人とも内部被ばくの影響を過小評価している。 中川氏は、 […]
  • 今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」 生きたがん細胞に過酸化水素(オキシドール)を注射して、リンパ球と同じ状態にしてやれば、放射線の効果がずっと続くのではないか。こう考えたのが小川恭弘医師でした。 ’06年にコータ […]
  • 安楽死か尊厳死か安楽死か尊厳死か 今日から出張で倉敷です。タクシーの運転手さん曰く。「アベノミクスの恩恵などタクシー運転手には無関係ですわ。株を持っているわけでもない庶民には世知辛い世の中ですねぇ」 アメリカの2 […]
  • 粒子線治療は保険適用になるのか?粒子線治療は保険適用になるのか? 来年の診療報酬改定時に、粒子線治療の先進医療から膵臓がんなどは外れてしまうかもしれない。 8月9日の「粒子線治療は効果があるのか?」の続報です。 日本放射線腫瘍学会が […]
  • がんゲノム医療中核拠点病院ー選定の不可解がんゲノム医療中核拠点病院ー選定の不可解 選定の不可解さ 厚生労働省の有識者検討会は14日、中心的な役割を担うがんゲノム医療中核拠点病院として、国立がん研究センター中央病院など計11病院を選定した。 […]
  • 粒子線治療の新兵器粒子線治療の新兵器 膵臓がんの方でも重粒子線、陽子線治療を考えたり、期待している患者は多いです。 しかし、腫瘍が消化管に近かい場合は適用が難しいと断られることがあります。 粒子線はそのエ […]
  • どうなる?膵癌ペプチドワクチンどうなる?膵癌ペプチドワクチン 大塚製薬がオンコセラピー・サイエンスとの契約を終了すると報じられています。大塚製薬が膵癌対象癌ワクチンOTS102のライセンス契約を終了2015/1/9 大塚製薬は、1月8日、オ […]
  • 参院選の争点にならない緩和ケア病棟入院料参院選の争点にならない緩和ケア病棟入院料 問題の根っこには、安倍自公政権の社会福祉予算の削減にあるのです。 自民党と”福祉の”公明党政権は、「早期退院」の誘導を狙った診療報酬の改定、療養病床の削減、国公立病院の統廃 […]
LINEで送る
Pocket

一年経ちました。” に対して2件のコメントがあります。

  1. 小竹 より:

     初めてコメントさせいもらいますが、いつも読ませていただいております。人生の非常事態とでもいえる状況を理性的に対応されていることに感動、感心します。私も、ある難病を持ってまして、そのことが頭から離れず、仕事も趣味も、楽しめないでいます。蓄積された教養の違いかなと思ったりしています。今後も読ませていただきます。

  2. テリー より:

    コメントありがとうございます。一年おめでとうございます。これからもずっと頑張って僕らの目標になってください。
    僕の手術の時期は、やはり大病院なので空いた日しか無理なようです。今週検査入院して一旦来週出て手術の数日前に再入院です。
    僕も手術出来る事を前向きに捉えております。これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です