スポンサーリンク

癌研の定期検査

約4ヶ月ぶりの癌研での定期検査。といっても血液検査だけです。

腫瘍マーカーの値はCEAが3.8と、変化なしで正常値の範囲内です。CA19-9は21.1と、前回の31.2から大きく減少していました。退院後これらの数値が正常値の範囲内ではあるが、ずっと右肩上がりを続けていたので、念のためにとPET-CTを撮ったりしてきたのですが、今回の値を見る限り安定してきたようです。

白血球数も4400個/μlで、増加しています。リンパ球の割合は46.9%でしたから、リンパ球の実数は約2000となります。免疫力を維持できているといわれる数値が1800~2100以上ですから、免疫力もそこそこ回復してきているようです。

ただ、全体の白血球数をもう少し増やしておくべきだと思っています。これまでは玄米菜食と運動、ストレスをためない生活ということを中心にしてきました。サプリメントには手を出さないできたのですが、有効性の実証されている範囲内で妥当なサプリメントを探した方がよいのかもしれません。再発させない、転移させないためには、自分の免疫力を高めること以外にはありません。

私の過去の白血球数を見ると、2005年4月-3800というような値でした。手術の2年前ですが、このころには相当免疫力が下がってきていたのが分かります。これで無理は仕事や生活を続けていたのですから、ガンになるのは当たり前です。ガンは自分が作ったという所以でしょう。もちろん白血球数は免疫力のごく一部の指標にしか過ぎません。解明されていない免疫という能力を、簡単に推し量ることのできる便利な指標と考えるべきだと思います。

サプリメント選択の基準は、①第三者により効果が実証されていること、②高価でないこと、③身体に害のないこと、副作用のないこと、です。

Dr.ワイルは「癒す心、治る力」で、

朝食時  ビタミンC         1000~2000mg
      天然βカロチン  25000IU
昼食時  天然ビタミンE      400IU
      セレニウム      200~300μg
夕食時  ビタミンC         1000~2000mg

を推奨しているようです。抗酸化作用により細胞中のフリーラジカルを抑制する効果が主なようです。
Dr.ワイルはご自身のHPでサプリメントやその他の相談にも応じているようですね。

ビタミンCの大量投与には抗がん作用があるということは、多くの研究がされているので有効性はあるはずです。

しかしこの量のビタミンを摂るとすると、国内のメーカの製品ではずいぶん高価になってしまいます。欧米ではこうしたサプリメントの普及が日本以上に盛んなようで、品質の良い商品が妥当な価格で購入できそうです。Dr.ワイルの勧める量を摂っても、一ヶ月3000円程度で収まります。これなら継続してやれそうです。こうしたサプリメントは継続することで身体の基礎免疫力を高めるのが目的ですから、一ヶ月数万円もするようでは継続していくことは難しいと思います。

楽天市場で探せば、アメリカからクロネコ国際便で送ってくれる業者がいくつかあります。Dr.ワイルが勧める十数種類のビタミン類をバランスよく配合したというような製品も登場しています。ワイル博士の写真がラベルに使用されていて、売り上げの一部が「自発的治癒」の普及に提供されるらしいことが書かれています。

ともあれ、もう少し自分で調査してから考えることにします。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 臨床試験(治験)の探し方(1)臨床試験(治験)の探し方(1) 予後の厳しい膵臓がんでは、医師から「標準治療ではもうできることがありません。あとは緩和です」と言われる方が少なくありません。 しかし、諦めきれない。まだこんなに元気なのに何 […]
  • 今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』 乳がんが肝臓に多発転移して、主治医からは「急に具合が悪くなるかもしれない」と言われている哲学者の宮野真生子さんと、文化人類学者である磯野真帆さんの往復書簡です。 磯野真穂さんは […]
  • 『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会17名の参加でした『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会17名の参加でした 昨日の第10回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会は、17名の方の参加でした。家族の方が5名で他は患者さんご本人が参加されました。 コロナ禍のために大田区大森で開催し […]
  • エピジェネティックな変化だから、末期がんでも治ることがあるエピジェネティックな変化だから、末期がんでも治ることがある がんの進行の第一段階はエピジェネティックな変化であり、それは逆行させることもできる。相当進んだがんでも、適切な条件を整えれば、エピジェネティックに逆行させることが可能である。微小 […]
  • 今日の一冊(119)『がんと腹水治療』今日の一冊(119)『がんと腹水治療』 大量のがん性腹水を安全かつ迅速に処理可能な改良型の腹水治療システム(KM-CART)を開発した松崎圭祐先生の著作です。 KM-CARTとは 松崎先生は、東京都豊島区に […]
  • 今日の一冊(78)『65歳からは検診・薬をやめるに限る!』今日の一冊(78)『65歳からは検診・薬をやめるに限る!』 名郷直樹医師の本は、何度も紹介しています。彼の主張が私の考えに良く合うからです。 長生きがそんなに大切ですか? 「長生きするのは善なのか?」 スパコン「京」の開発予 […]
  • 暴利の学生ローンが繁盛してるって。暴利の学生ローンが繁盛してるって。 ほんと、なんでこんな暴利が「低金利の学生ローン」なんだろ。 え?金利17%の学生ローンが大人気って・・・、どうかしてるでしょ・・・。 17%だよ17%、めちゃくち […]
  • 大腸のポリープ切除 入院予定大腸のポリープ切除 入院予定 10月の初旬に第1回目をやって2ヶ月後は12月ですけども、ポリープを切除した後2週間はお酒が飲めません。正月にお酒が飲めないのはいやでしょうから、2回目は年明けにしましょう。 […]

コメントを残す