スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

モーツァルトと脳内物質ドーパミン

モーツァルトが求め続けた「脳内物質」 (講談社プラスアルファ新書)

音楽療法という分野があり、特にモーツァルトの音楽には糖尿病が治った、血圧を下げる、がん細胞の増殖を抑える、などの効果があるという説があります。
多くの書籍でも紹介され、音楽療法用のCDもたくさん販売されています。

今年の3月に出版された『モーツァルトが求め続けた脳内物質』(須藤伝悦)では、他の作曲家の曲には反応しないラットが、モーツァルトの曲を聞かせると落ち着いてのんびりしてくる。実験してみるとラットの脳内ドーパミンの合成を調整する化学反応が活発になることが分かり、なかでも高周波数の音域が重要であったと紹介されています。

どうしてモーツァルトの音楽にはそのような効果があるのか。著者はその秘密に科学的に迫ろうとします。合わせて脳内麻薬といわれるドーパミンとは何かも紹介していきます。
モーツァルトが10代のときに作曲した曲、ディヴェルティメントや教会ソナタが特に効果的で、ディヴェルティメントニ長調 第三楽章のアダージョ(K.205)を平均65デシベルの音量で聞かせたときが一番大きな変化が起きたといいます。

そして、モーツァルト自身が抱えていた病気を癒すために、自分が心地よい曲を作曲したのだという結論です。モーツァルトは注意欠陥多動性障害(ADHD)、トゥレット症候群サヴァン症候群などの病気を持っていて、晩年は高血圧を併発していたという精神科医らの研究があるようです。映画「アマデウス」に登場するモーツァルトはそのような病気を持った奇声を発したりする人物のように描かれていましたね。これらの病気は脳内ドーパミンの分泌と深く関わっており、著者はモーツァルトが幼年期にてんかん症を患っており、のちに統合失調症となったのだろうと推測しています。

モーツァルトの音楽の特徴として

  • 高周波数領域の音が多く、創造性を活発にさせるエネルギーを持っている
  • 独自の音楽の反応スペクトルを持つ。スムーズな音の流れを生み出すフレーズの速いパッセージがあり、音の連なりに大きな運動性がある
  • 子供の心臓が脈打つような生理的リズム

を挙げて、こうした特徴がドーパミンの合成を促すのだと結論づけています。ドーパミンは情報伝達物質であり、免疫系とも深く関わり合っています。騒音よりは楽しい音楽がストレスを緩和することは、経験的にも自明のことです。

行きすぎた商業主義によって、モーツァルトの音楽には奇跡的な効果があるかのように宣伝されていますが、ある種の効果はありそうだという一定の科学的根拠があるのですから、クラシックが好きなら、そうした効果を期待してモーツァルトを聴く分には弊害はないでしょう。

モーツァルトの曲では、チェロはほとんど重要な役割を演じていないのですね。チェロのパートがすばらしいという曲がありません。これまでどうしてだろうかと思っていたのですが、この本を読んで、チェロのような低周波数の音は、彼の気分を良くする効果がなかったからだろうと納得した次第です。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ファシズムは笑顔でやってくるファシズムは笑顔でやってくる ショスタコーヴィチの交響曲第7番『レニングラード』を聴いている。バーンスタイン指揮のシカゴ交響楽団の名演奏。世界一パワフルなオーケストラといわれるシカゴ交響楽団の第1楽章は、消え […]
  • 筋トレ、スクワット、ストレッチ筋トレ、スクワット、ストレッチ 佐藤典宏先生が新しい本を出版されました。テーマはがん患者の筋トレ。 私の場合、すい臓がんの術後に特に筋トレをしたという記憶はありません。当時はそうした […]
  • 腫瘍免疫と丸山ワクチンのエビデンス腫瘍免疫と丸山ワクチンのエビデンス 樹状細胞が、がん細胞を破壊して取りこんだがんの断片を樹状細胞の表面のClass-ⅡMHCという分子を介してがんの情報を伝えるのですが、Class-ⅡMHCを介した抗原提示ではキラ […]
  • ノーベル賞候補? それがなんだって言うのよノーベル賞候補? それがなんだって言うのよ 「ノーベル賞候補? それがなんだって言うのよ。大騒ぎするんじゃない!」 中村祐輔先生がブログでぶちまけているのは、一言で言えばこういうことでしょう。 […]
  • 今日の一冊(156) 夏川草介「臨床の砦」今日の一冊(156) 夏川草介「臨床の砦」 医師を主人公とするベストセラー「神様のカルテ」シリーズの夏川草介氏は現役の消化器内科医です。 長野県の感染症指定医療機関に勤め、コロナ患者の治療にあたってきた作者 […]
  • 新谷弘実って楽天市場でも稼いでたんだ!新谷弘実って楽天市場でも稼いでたんだ! がんに効果があると、コーヒー浣腸を薦める医師が何人かいますね。ゲルソンが最初にがんに効果があると言ったのですが、済陽高穂、新谷弘実などがいます。新谷弘実医師、最近あまり目にしなく […]
  • 元号の強制は止めて欲しい元号の強制は止めて欲しい 西城秀樹も星由里子も亡くなった。私などは、どちらかというと西城秀樹の絶叫型のステージよりも若大将に出てきた星由里子の方に親近感が持てる。昭和の影がだんだんと薄くなっていく […]
  • 白血球減少で抗がん剤を中止白血球減少で抗がん剤を中止 入院中に同じ病室だったKさん夫妻とまたまた待合室で会った。本当に仲の良いご夫婦でいつも二人一緒で行動している。 今日は二回目の抗がん剤ジェムザール(GEM)投与の日。ところ […]
膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

モーツァルトと脳内物質ドーパミン” に対して1件のコメントがあります。

  1. 安西英雄 より:

    キノシタ様
    たいへん興味深いお話をありがとうございました。アメリカの統合医療では音楽療法がとても重視されていますが、納得がいきました。こんどこの本や文献も読んでみようと思います。

コメントを残す