こんなスイッチがあれば・・・

スポンサーリンク
【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

連日CDをパソコンに取り込んで保存している。別に死んだあとの処置を考えているわけでもない。まぁ、ハードディスクに保存してあれば、デリートキー一発で全て削除できるから、死んだ後には形のあるものを残したくはないという私には好都合かもしれない。その伝でいえば、この生身の体も簡単に処理できるといいのだが、癌で死ぬときにはそうもいかないらしい。やはり相当の期間苦しんでから逝ってしまうようだ。そのあとにはやっかいな葬儀が待っている。とは言っても死んだ本人にはまったく影響がないから、好きなようにしてくれればよい。できるなら、他人は一切呼ばず、身内だけの簡単な葬儀がよい。遺体は海にでも撒いてくれればよいが、これもいろいろと条例やらがあって面倒らしい。癌で死ぬのも一苦労だ。

今すぐに余命がどうのという状況ではないが、相手は名にし負う膵臓がんだから、今でも体内でエイリアンが活動しているに違いないと考えておく方が、変な希望を持つよりは間違いのないことだろう。そういえばこの頃少し疲れ気味だなと考えだすと、もしかして再発の兆候かとか、いらぬ心配の種が生じてくる。玄米菜食にも少し飽きてきたから、時々は肉を食ってみるが、罪悪感が残って旨くはない。どうせ俺の体だから、好きにさせてほしいのだが、何かを止めるとこれまでの経過が良かっただけに、万一悪化したときに「それ見たことか」とならないとも限らないから、方向転換するのも躊躇する。パソコンでCtrl + Alt + Delete キーを同時に押せシャットダウンする、こんな感じで、頭のツボと丹田と足のツボを同時に押せば、命が尽きて火葬が終わり、ついでにお経まで流れてくれる、こんな便利なキーは付いて・・・いないだろうなぁ。

「癌にならないための生活」に身も心も捧げる。こんな人生を送るつもりはないから、好きなことをやっている。毎日の晩酌は欠かしたことがない。疲れたら、昼間でも会社で寝る。夜は音楽を聴いたり、本を読んだり。テレビはばかばかしくて見る気にもならないからいいのだが、こんなわがままに日々を送っていると、月日の経つのがあっという間で、もう秋になってしまった。今年の紅葉はどこへ行こうか? 来年また紅葉を観られるという確証はないのだから、どこかに行きたいが、そうなると行きたいところがたくさんあって、全部に義理を果たそうとしたら、余命の間には周りきれそうもない。選ぶのも一苦労だ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する 来週の木曜日は半年ごとの定期検査です。いつものことですが、検査の前になると、再発・転移をしていないかと気がかりです。体調には変化もなく糖質制限食のおかげなのか、ウォーキングでも以 […]
  • 食事療法について 食事療法でがんが治るのか。これについては賛否両論ある。骨折ならすぐに外科治療あるいは整形外科を受診すべきだろう。しかし高血圧なら、一時的に血圧降下剤が効くにしても、根本的には生活 […]
  • ガンの患者学研究所 (4)ガンの患者学研究所 (4) 川竹氏の『ガン・治る法則12カ条』には部分的に見れば賛同できるものも少なくありません。例えば「どんなときにも希望はある」。たとえ末期であっても希望を持つことは大切です。治った患者 […]
  • ルイ茶長さんの再発、余命宣告ルイ茶長さんの再発、余命宣告 同じ膵がん患者の茶長さんのブログに「再発しました。余命半年です」という書き込みがあり、驚いています。私と同じステージⅢの膵がんで膵頭十二指腸切除を昨年の10月にされて、術後1年を […]
  • 癌研での定期検査の結果癌研での定期検査の結果 昨日は半年ぶりの、癌研での定期検査でした。検査をしないと不安だし、検査をするとなるとその結果がどうなのか、これまた不安になります。検査の結果、再発していたらどうしようか、転移はし […]
  • 定期検診定期検診 今日は3ヶ月ぶりの癌研での定期検診でした。CT検査はなしで、血液検査と主治医の診察だけ。 血液検査の結果は、ヘモグロビンA1Cの値が6.0で、正常値4.3~5.8を少し上回ってい […]
LINEで送る
Pocket

こんなスイッチがあれば・・・” に対して1件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    jacobさん、ekoekoさん、応援ありがとうございます。
    共感してくださったり、応援していただいたりが、闘病中の身にはほんとうに嬉しいです。また、こんなブログが時には同じ癌になっている方やそのご家族の方に少しでも希望を与えたり、役立っているのかと思うと、それだけで私の免疫力がアップする気分です。
    これからもよろしく応援してください。

  2. ekoeko より:

    はじめまして。65才の母に昨年胃癌が見つかり、夢中で情報を集めるうちに、このブログに出会い、それからよく覗かせていただいています。主さんのガンに対する姿勢、冷静な情報への姿勢、時々載せてくださる良寛などの言葉などに、気持ちが穏やかになるので、楽しみにしています。陰ながら応援させていただいていますm(__)m。

  3. jacob より:

    jacobです
     時々のぞかせていただいています。
     認知症介護中、終わりの見えない事の恐怖を経験しました。
     なので、医者の必要ない身体を持ちながらも〈こんなスイッチ〉欲しいな・・
    と思っている日々です。
     以前「入院してでも休みたい!」などと口走ったとたん、持病をお持ちの方に
    「何言ってんの!丈夫な体を持っていながら!!」と一喝されました。
     〈ないものねだり〉でしょうか・・・ね。
                            おじゃましました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です