スポンサーリンク

こんなスイッチがあれば・・・

LINEで送る
Pocket

連日CDをパソコンに取り込んで保存している。別に死んだあとの処置を考えているわけでもない。まぁ、ハードディスクに保存してあれば、デリートキー一発で全て削除できるから、死んだ後には形のあるものを残したくはないという私には好都合かもしれない。その伝でいえば、この生身の体も簡単に処理できるといいのだが、癌で死ぬときにはそうもいかないらしい。やはり相当の期間苦しんでから逝ってしまうようだ。そのあとにはやっかいな葬儀が待っている。とは言っても死んだ本人にはまったく影響がないから、好きなようにしてくれればよい。できるなら、他人は一切呼ばず、身内だけの簡単な葬儀がよい。遺体は海にでも撒いてくれればよいが、これもいろいろと条例やらがあって面倒らしい。癌で死ぬのも一苦労だ。

今すぐに余命がどうのという状況ではないが、相手は名にし負う膵臓がんだから、今でも体内でエイリアンが活動しているに違いないと考えておく方が、変な希望を持つよりは間違いのないことだろう。そういえばこの頃少し疲れ気味だなと考えだすと、もしかして再発の兆候かとか、いらぬ心配の種が生じてくる。玄米菜食にも少し飽きてきたから、時々は肉を食ってみるが、罪悪感が残って旨くはない。どうせ俺の体だから、好きにさせてほしいのだが、何かを止めるとこれまでの経過が良かっただけに、万一悪化したときに「それ見たことか」とならないとも限らないから、方向転換するのも躊躇する。パソコンでCtrl + Alt + Delete キーを同時に押せシャットダウンする、こんな感じで、頭のツボと丹田と足のツボを同時に押せば、命が尽きて火葬が終わり、ついでにお経まで流れてくれる、こんな便利なキーは付いて・・・いないだろうなぁ。

「癌にならないための生活」に身も心も捧げる。こんな人生を送るつもりはないから、好きなことをやっている。毎日の晩酌は欠かしたことがない。疲れたら、昼間でも会社で寝る。夜は音楽を聴いたり、本を読んだり。テレビはばかばかしくて見る気にもならないからいいのだが、こんなわがままに日々を送っていると、月日の経つのがあっという間で、もう秋になってしまった。今年の紅葉はどこへ行こうか? 来年また紅葉を観られるという確証はないのだから、どこかに行きたいが、そうなると行きたいところがたくさんあって、全部に義理を果たそうとしたら、余命の間には周りきれそうもない。選ぶのも一苦労だ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 『膵臓がん患者と家族の集い』への参加、ありがとうございました。『膵臓がん患者と家族の集い』への参加、ありがとうございました。 昨日の『膵臓がん患者と家族の集い』には、寒い中にも関わらず沢山の方に参加していただき、ありがとうございました。おかげで熱気むんむん、わいわいがやがやで、あっという間に4時 […]
  • 心の平安はがんの進行を抑え、QOLを改善する心の平安はがんの進行を抑え、QOLを改善する 自分の心の奥にある本心と真摯に向き合って、表現豊かな執筆をした患者は、生活の質(QOL)が改善し、がんの症状も改善したとの報告です。 表情豊かに書くことで、腎細胞がん患者の […]
  • 数ヵ月前の私は、私ではない数ヵ月前の私は、私ではない 福岡伸一の「もう牛を食べても安心か」(文春新書)には、ナチズムから逃れてアメリカに亡命したユダヤ人の生化学者シェーンハイマーによる水素の安定同位元素H-2を使ったねずみの […]
  • 手術前後の腫瘍マーカーで膵がんの予後が予測できる手術前後の腫瘍マーカーで膵がんの予後が予測できる 25日の講演の準備のためにしばらくブログの更新をサボっていました。準備万端とはまいりませんが、何とかなるでしょう。興味のある方は是非ご参加ください。 膵癌切除手術を行った症例を解 […]
  • 岡山大、肝転移の膵臓がんで治験岡山大、肝転移の膵臓がんで治験 山陽新聞の記事ですが、『岡山大「REIC」で肝がん治験 医師主導で5月にも開始』によれば、肝転移した膵臓がんも対象になっているようです。 この記事を書いた記者、肝転移した膵 […]
  • この方も声を上げているこの方も声を上げている 拡散してほしいと書かれているので、長尾和宏医師のブログです。
  • 里帰り 土日にかけて里帰りをしてきました。母の7回忌だったので家族全員で、2頭のヨークシャーテリアはペットホテルに預けての旅行です。事前に「墓参代行」業者を頼んで墓の清掃をすましておきま […]
  • アビガン、新型コロナウイルスに効果示せずアビガン、新型コロナウイルスに効果示せず 10日に新型コロナウイルスに対するアビガンの最終臨床試験結果が、藤田医科大学より発表されました。 結論は、 通常投与群では遅延投与群に比べ6日までにウイル […]
LINEで送る
Pocket

こんなスイッチがあれば・・・” に対して3件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    jacobさん、ekoekoさん、応援ありがとうございます。
    共感してくださったり、応援していただいたりが、闘病中の身にはほんとうに嬉しいです。また、こんなブログが時には同じ癌になっている方やそのご家族の方に少しでも希望を与えたり、役立っているのかと思うと、それだけで私の免疫力がアップする気分です。
    これからもよろしく応援してください。

  2. ekoeko より:

    はじめまして。65才の母に昨年胃癌が見つかり、夢中で情報を集めるうちに、このブログに出会い、それからよく覗かせていただいています。主さんのガンに対する姿勢、冷静な情報への姿勢、時々載せてくださる良寛などの言葉などに、気持ちが穏やかになるので、楽しみにしています。陰ながら応援させていただいていますm(__)m。

  3. jacob より:

    jacobです
     時々のぞかせていただいています。
     認知症介護中、終わりの見えない事の恐怖を経験しました。
     なので、医者の必要ない身体を持ちながらも〈こんなスイッチ〉欲しいな・・
    と思っている日々です。
     以前「入院してでも休みたい!」などと口走ったとたん、持病をお持ちの方に
    「何言ってんの!丈夫な体を持っていながら!!」と一喝されました。
     〈ないものねだり〉でしょうか・・・ね。
                            おじゃましました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です