三連休に三昧

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

この三連休は音楽三昧だった。「三昧」というのは「悟り」と関係がある言葉だそうだ。ヒンドゥー教で『瞑想』が深まり、精神集中の深まった状態が本来の意味、これを拡大解釈して「読書三昧」とか「贅沢三昧」(悟りにはほど遠い)とか使う場合が多い。

日がな一日音楽を聴いて、果たして「悟った」境地になるのかどうか、自信はないが、充実した時間だったことには違いない。

CDの置き場所に困ってきたので、これを全てネットワークディスクに入れて、LANでつないだパソコンから、どこからでもCDを再生しようというもくろみ。10年ほど前の古いノートブックが廃棄寸前で埃をかぶっていたので(起動やアクセスが遅くてWordやExcelを使うには役者不足、いや役立たず)、ほとんどのアプリを削除して身軽にしてやった。これでずいぶんと快適に起動するようになった。このノートPCを音楽再生専用にする。

CDのデータはApple Lossressで変換してあったが、どうも音に満足できない。で、同じ可逆圧縮であるFlacを試してみることにした。リッピングソフトはExact Audio Copy(EAC)を使い、CDの曲データはPlayerからCDDBを取得してEACに転送する。EACは高機能なリッピングソフトだが、取り込みにはiTunesよりも数倍の時間がかかる。一枚のCDをリッピングするのに20~30分といったところか。

Flacの再生にはfoobar2000を使ってみた。格段に音がいい。音の輪郭がより緻密で音場の広がりも自然で部屋全体に広がっている感じがする。例えていえば、200dpiのデジタル写真を見ていたのが、300dpiに解像度を上げたら、写真の雰囲気が変わる、そんなイメージとでも言えばよいだろうか。まぁ、分かる人にしか分からない。同じ可逆圧縮でもリッピングの善し悪しでこんなにも違うのかと驚いた。高橋真梨子の「オトコゴコロ」にある「勝手にしやがれ。舞台の真ん中に彼女がたっている姿が見えるようにリアルだし、パーカッションが狭い部屋を飛び出して、もっと右手から聞こえてくる。「風の谷のナウシカ」で藤原真理が弾くチェロは、峡谷を吹き渡ってくる風のようだ。目を閉じて聞けば、机上においたJupity301の、わずか5センチのフルレンジスピーカーから出ている音とは想像もできまい。

音楽も写真も同じことで、72dpiの解像度でディスプレイで見ておれば満足する人もいれば、350dpiでA3サイズに大きく印刷して見なければ納得しない人もいるようなものだろう。ただ、よいデータを記録できてもスピーカーはアナログだ。デジタルだからいい音が出ると勘違いしている向きもあるが、最後の出口はアナログ。DA変換に少し高価なものを使うことと、よいスピーカーだろう。昔のように数百万円する高級アンプは必要ない。できればYoshii9で聞きたいのだが、Jupity301でも音場の広がり方は十分に堪能できる。

CDに記録されている音楽データは相当の精密さで書き込まれているが、CDプレーヤーはリアルタイムでDA変換しなければならないから、完全に読み取るというわけにはならない。バッファがあるとはいえ、読み取りエラーを完全に修正することも難しいはずだ。この点PCなら、好きなだけ時間をかけて、完全なデータを読み取ることができる。

foobar2000とEACの組み合わせではReplay
Gain(音量正規化)がリッピングと同時に設定できることもありがたい。CDによって録音された音量が違うし、CD中の曲によっても最大音量が異なって
いる。頻繁にボリュームを調整しなくてはならず、これではゆったりと音楽に浸って三昧=悟りを開くということは難しい。

こうして500Gのハードディスクに200枚ほどのCDを入れたが、まだ20%ほどしか領域を使っていない。1000枚は余裕で格納できそうだが、持っているCDは500枚程度だから、これから毎月5枚ほど購入したとしても10年は大丈夫だ。CDの保存先は大丈夫だが、私の寿命の方が先に「大丈夫でなくなる」に違いない。そのときはそのとき、ドライブを買い足すか、葬儀の準備をするか、好きなようにしてくれればよい。と、「「悟った」ということは、「三昧」に至ったということかもしれん。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 食事と運動は、がんの治療にも効果がある食事と運動は、がんの治療にも効果がある 『がんサポート』2011年2月号の瀬戸山修 爽秋会クリニカルサイエンス研究所代表へのインタビュー記事である。『エビデンスのある食事 […]
  • ビタミンDとメラトニン 運良く3年を迎えることができたのだが、これで安心だと考えているわけではない。すい臓がんの予後の悪さを考えると、ついつい悲観的にないがちだが、気を取り直して「今を生きる」だけのこと […]
  • がん予防には深蒸し茶の粉茶が一番がん予防には深蒸し茶の粉茶が一番 カテキンには、強力な抗酸化作用と突然変異抑制作用があることが、多くの研究によって明らかにされています。カテキンは緑茶の渋みの成分です。よって、渋みが強い緑茶ほど、がんを抑える効果 […]
  • 秩父・長瀞、桜山公園。温泉と紅葉撮影の旅:その2秩父・長瀞、桜山公園。温泉と紅葉撮影の旅:その2 朝霧の荒川の幻想的な眺めを部屋から一望できた。 朝食後、宿をチェックアウトして再び宝登山へ。今年の紅葉は、カエデ・モミジなどの赤が少ない気がするが、ここは結 […]
  • がん診療拠点病院で免疫療法をやってはいけない、は誤解がん診療拠点病院で免疫療法をやってはいけない、は誤解 がん拠点病院で保険適用外の免疫療法が行われているのは問題だ、という報道がありました。例えば10月3日付の毎日新聞では、     […]
  • 観ました「地球交響曲第7番」、霊性について がんになる前は、東京都写真美術館には良く足を運んだものでした。数々のすばらしい写真展を観てきましたが、しかしここしばらくは足が遠のいていました。『地球交響曲第7番』を鑑賞するため […]
  • 「クローズアップ現代」みました。「クローズアップ現代」みました。 「クローズアップ現代」の『実現するか "夢"のがんワクチン』を見ました。パンキャンジャパンが出てくるのかと思っていたら、アメリカのパンキャン本部、それにジョン […]
  • WHO:レムデシビルの有効性示せずWHO:レムデシビルの有効性示せず 世界保健機関(WHO)が実施した抗ウイルス薬レムデシビルの臨床試験で、レムデシビルは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の死亡率改善に対する効果は認められな […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です