病院の休日

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

昨日で点滴も終わり。病院での週末は退屈だ。ノートPCを持ってきたので、インターネットラジオで音楽を楽しんでいる。

Snc00011

この病院に入院するのは11年前の直腸がんのとき以来だが、いまではベッドサイドの床頭台にLANケーブルがきている。1日300円でインターネットは使い放題だが、いかんせん速度は速いとはいえなく10Mバイトだ。それでもないよりはよい。持参したストレートケーブルでは接続できなかったので確認してもらったら、クロスケーブルになっているようだ。売店でレンタルする。OTTAVAとWinampのラジオを流しっぱなしにして聴いている。

病室は消化器内科で、同室の患者は一人が来週手術の予定。もう一人は検査の結果異常なしということでまもなく退院するらしい。あとの三人は末期がん患者である。若い二人が痛々しい。私が入院した先週は自分でトイレにも行けていたのが、わずかに数日でトイレにも一人では行けなくなり、ベッドの上でおむつを交換してもらっている。

痛みも激しいようでモルヒネでコントロールし切れていない様子だ。レスキューで痛み止めを飲んでいるが、あまり効いているようには見えない。WHOの三段階序痛ラダーで対応しているのか気になった。というのは、看護師が「あまり続けてレスキューするのは良くないよ」などと言っている。痛みを確実に取ることの重要性が看護師にまで徹底しているのか心配になってきた。大腸がんが肝臓と肺に転移しているそうだが、試しに抗がん剤をやったらこんなになってしまった、と言っている。まだ三〇代の半ばか。すでに本人は治らないことも死も覚悟している。「人生にまだ何かやり残したことがあるような気がして・・・」と力なく笑っている。自宅で最後を迎えたいようだが、トイレにも一人では行けないので悩んでいる。介護ヘルパーさんだけでは対応しきれないからだ。自宅での最後は望ましいが、家族がいることが必要条件だろうと思う。

病棟には膵臓がんの患者も二人いて、デールームで話をしたが、「国立がん研究センターに行ったが、手術ができないと言われた。抗がん剤ならここの病院でよいということで帰ってきた。昨日一回目の抗がん剤をやった」という。GEMなら外来でできるはずだが、入院してやる抗がん剤治療は何なのか、訊くのも躊躇する。私のことも訊かれたが、膵臓がんで手術したとはいえなくて腸閉塞で入院したとだけ言った。本人は抗がん剤をやれば治ると思っているのに、延命効果だけだよとは言えやしない。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 蕎麦と桜と源泉掛け流し蕎麦と桜と源泉掛け流し その前に「ふくろう」で十割蕎麦。権現堂堤に来るときにはお昼は必ずこの店のそば。ここの店は前にも書いたが、蕎麦は絶品です。私も蕎麦好きで全国の蕎麦を試したが(と言うほど多くはないが […]
  • がんの放置療法がんの放置療法 東京新聞・中日新聞の17日付記事で『「自ら考え、決める」貫く がん患者の記録映画 各地で上映』が掲載されています。乳癌患者の渡辺容子さんは主治医だった近藤誠医師の考えに共感し、積 […]
  • どうすれば、がんが自然治癒するのか?どうすれば、がんが自然治癒するのか? がん患者にとって、一番の望みは「治りたい」でしょう。初期のがんだと言われても、やはり不安。再発や転移した患者は症状を緩和したいし、がんと長く共存したい、あわよくば治りたい、と誰し […]
  • 入院中だって歩け歩け!入院中だって歩け歩け! 秋らしくなった九品仏通り。 肩の手術だから足には問題がない。内臓も悪いわけではない。一日に15分のリハビリをやるだけで、それ以外の時間はベッドで音楽を聞くか、本を読 […]
  • 「がんワクチン」は”夢の治療薬”ではない「がんワクチン」は”夢の治療薬”ではない 昨夜のNHKスペシャル「がんワクチン~”夢の治療薬”への格闘」、多くの方が観たようですね。関係のない、久留米大のがんワクチン事務局のホームページへのアクセスも急増したといいます。 […]
  • 【地震連絡】【地震連絡】 10:43 家族全員無事です。相当揺れて、ピアノが移動したり、壁に数カ所大きな亀裂ができました。落ち着いたら調査します。娘は歩いて帰宅、幸運にも携帯電話で連絡が取れたので途中まで […]
  • 久しぶりの休肝日久しぶりの休肝日 国営アルプスあずみの公園にて 暑いですね。今日は更に蒸し暑い。暑さに慣れてきたのではないかと、今週からはまた朝夕の通勤を徒歩で再開しているのだが、昨日は気分が悪 […]
  • がんが自然治癒した人の「9つの共通する実践事項」がんが自然治癒した人の「9つの共通する実践事項」 がんは摩訶不思議な病で、自然治癒することがたまにあることは、よく知られている。しかし、それを系統だって研究しようとする研究者は、最近ではいなかった。何故だろうかと不思議に思ってい […]
LINEで送る
Pocket

病院の休日” に対して3件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    NARITAさん。
    国立がん研究センターも横領があったりと大変なようですね。改革は少しは進んでいるようです。
    mayumiさん。参考になる記事になるよう、がんばります。

  2. mayumi より:

    お体の調子が早く良くなりますように。
    父が膵臓癌を発症してから度々拝見させていただき
    居なくなった今でも私の生き方の勉強をさせていただいているつもりで拝見しております。

  3. NARITA より:

    入院中とのこと。お大事になさってください。
    デールームでの膵臓がん患者さん、自分の姿とダブります。私も国立がん研究センターでまったく同じように言われました。そのときに言われるままにしていたら同じように延命のためだけに入院することになったのでしょうか。
    国立がん研究センターは私が受診した時とは体制が変わり、現在は「がん難民をつくらない」ことを使命に掲げていますが、患者への対応は変わっていないのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です