イレッサの薬害訴訟

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

肺がん治療の抗がん剤イレッサによる副作用死の集団訴訟に対して、裁判所が和解勧告を出した。厚生労働大臣は「これから慎重に検討する」と、態度を保留しているようだが、患者・原告側は受け入れる予定だという。

がん患者にとって抗がん剤は当然のこと、延命効果があるはずだと期待して治療を受けている。しかし、イレッサの裁判をふりかえってみると、その承認過程のいい加減さには驚くばかりである。「イレッサ薬害被害者の会」の資料を見ると、他の抗がん剤に比べてイレッサの副作用死の多さは断トツである。
Wshot200214

イレッサは2002年に世界に先駆けて日本で承認された。しかし、無作為比較臨床試験の結果、プラセボと比較して生存期間を延長することができなかったため、2005年1月4日アストラゼネカは欧州医薬品局 (EMEA) への承認申請を取り下げ、また2005年6月米国FDAはイレッサの新規使用を原則禁止とした。その後2009年7月1日欧州医薬品局は、INTEREST試験とIPASS試験の2つの無作為化第III相臨床試験の結果をもとに、成人のEGFR遺伝子変異陽性の局所進行または転移を有する非小細胞肺癌を対象にイレッサの販売承認を行った。2009年現在イレッサを承認している国は、日本を含めたアジア諸国、欧州、およびオーストラリア、メキシコ、アルゼンチンである。(この項Wikipediaより)

患者側は、日本での承認審査において副作用死の人数を過小に申告したり、延命効果がないのに腫瘍縮小効果だけで承認したことを批判している。また、審査に当たった医師に製薬企業との利益相反があったことも批判している。

近藤誠氏が文藝春秋2月号「抗がん剤は効かないのか?」で、同じように昨年の3月に承認された新しい分子標的薬ベクティビックスの審査においても、第三相試験の結果無憎悪生存率(PFS)は有意差があるが全生存期間(OS)にはまったく有意差がないにもかかわらず承認されている例を挙げて、いまだにイレッサと同じように患者を愚弄するような審査が行なわれていると告発している。こんな状態でも審査はしゃんしゃんと終わって承認されているのだから、患者は何を信用して良いのか分からない。近藤誠氏の問題提起は、標準療法の範囲内でならば、という限定付きだが貴重な見解だと思える。

__2

「がん患者には時間がない」と未承認薬の早期承認を求める患者団体の運動も、この裁判を見れば諸刃の剣である。”がんに効く夢の新薬”が現われては消えるのが抗がん剤の歴史である。いまの分子標的薬にしてもほとんどが不合格、副作用のない抗がん剤というふれこみは胡散霧消してしまった。がんワクチンが同じ運命をたどらないとも言えまい。抗がん剤の承認においては、何よりも延命効果が明らかであること、安全性が確認できること。これを抜きにしていい加減な審査で早期承認されてはたまらない。

しかし、抗がん剤は細胞毒であるからすべて止めるべきだとは考えない。イレッサでさえも無効だとは考えていない。中には劇的に効いたという患者もいるからである。たとえば休眠療法を行なっている銀座並木通りクリニックのサイトには、イレッサが劇的に効いた症例が紹介されている。結局がんは、同じがん種であっても一人ひとり違う病気である。患者の数だけ病気の数があると言っても良い。臨床試験の結果を鵜呑みにして、同じ量を同じ投与期間(クール)で、患者の状態などは無視して投与するから効かないし、重篤な副作用が出るのであろう。経験豊富な腫瘍内科医が少ないし、マニュアル通りならまだましで、製薬会社のMRが差し出すパンフレットしか読まない医者も多いと聞く。医者に同情もする。マニュアルを逸脱した投与方法では訴訟リスクも負うことになるから、医者としてはそんな冒険はできない。まして治療費のほとんどは製薬会社に流れていくのが抗がん剤の世界である。もうけにもならないのに訴訟リスクだけを負う奇特な医者はいなくて当然である。

穆如清風(おだやかなることきよきかぜのごとし)―複雑系と医療の原点
医療は複雑系である。「ゆらぎ」を無視しては医療は成り立たない。こんなことは「医者の匙加減」としてあたりまえであった。「休眠療法」などと言ったって普通に匙加減をしているだけなのに、異端療法の扱いを受けている。いつの頃からか「診療ガイドライン」という名のマニュアル医療になってしまった。統計データ+匙加減=エビデンスである、との認識がない。

中田力さんが、医療と複雑系についてのエッセイを出版している。次回にでも紹介してみたい。

と、書いた後でこちらのブログを拝見したら、近藤理論を現場から批判していて、思わず頷いてしまった。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 新刊・近藤誠『抗がん剤は効かない』新刊・近藤誠『抗がん剤は効かない』 近藤誠氏の新しい本 近藤誠氏が新しい本を出した。2011年1月号の文藝春秋に載せられた「抗がん剤は効かない」、翌2月号での立花隆氏との対談「抗がん剤は効かないのか」を収録すると […]
  • 『がんワクチン治療革命』中村祐輔 ペプチドワクチンOCV-C01の第Ⅲ相臨床試験が再開されました。カクテルワクチンの最終段階の試験が始まり、私たち膵臓がん患者にとっては期待が高まる一方です。日刊工業新聞の次の記事 […]
  • すい臓癌の新しいエビデンスと治療薬すい臓癌の新しいエビデンスと治療薬 今年のASCO(米国臨床腫瘍学会)で、「すい臓癌の手術後の再発を抑える本格的な薬」として、こんな記事が配信されている。【米国臨床腫瘍学会“ASCO”2008】 すい臓がんの手術後 […]
  • タルセバの膵臓がん関連情報まとめ (1)タルセバの膵臓がん関連情報まとめ (1) エルロチニブ(タルセバ)が承認されることになり、膵癌に適用される抗がん剤は、ゲムシタビン(ジェムザール)、TS-1に次いで始めて分子標的薬が使えるようになった。1月にNHK「福祉 […]
  • 新しい腫瘍マーカ(北大)、がんワクチン臨床試験開始新しい腫瘍マーカ(北大)、がんワクチン臨床試験開始 膵臓がん関係にニュースが二つありました。 ●肺がんや膵臓がんを判定する診断マーカの新しい技術を北大と塩野義製薬が開発した●扶桑薬品工業が、がんワクチン製剤の第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験を開 […]
  • 「がんもどき」理論を検証する (3)「がんもどき」理論を検証する (3) 昨日のニュースですが、理化学研究所が蛍光イメージング技術による細胞周期のリアルタイム解析を開発し、その結果、抗がん剤の濃度によって細胞周期が変化することを発見したと発表しました。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です