日吉ミミさん、膵臓がんで死去

Web交流会のご案内


【日 時】2021年2月7日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】20名
【内 容】
第一部 「がんゲノム医療とリキッドバイオプシー」について患者の和田さんが解説
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

Enc1007271622005n11ビックリしました。手術をして経過が良いと聞いていたのですが。6月11日の肝胆膵学会にゲストとして参加するとかの噂もあったようですが、その様子もないのでおかしいなと思っていました。すでにその頃は入院されていたのですね。享年64歳で、私よりひとつ上です。「男と女の数え唄」は記憶にありますね。70年の紅白にも出ました。

昨年7月にはZAKZAKにこのような報道がありました。

 体調不良から訪ね歩いた4カ所目の病院で昨年4月、すい臓がんと診断されたとき、日吉ミミさんの脳裏に妹の姿がよぎった。妹は余命1カ月の食道がんを宣告されながら、一昨年5月25日に帰らぬ人となるまで約半年間闘病生活を送った。

4年前には母を亡くしていた。打ち続く不幸に絶望のふちに立たされた思いがした。

手術は、何の巡りあわせか妹の命日の5月25日。8時間にわたる大手術は成功したものの、丸2日間もこん睡状態が続き、ようやく退院できたのは約1カ月後だった。

「その後も定期的に検査と抗がん剤の点滴を受けており、今は2週間に一度通っています。自宅療養中はいろんなことを考え、落ち込むこともあったけど、私には歌がある、って思ったら気持ちが楽になりました」

「イヤなことはすぐに忘れる。傷ついても翌日に引きずらない…こう言い聞かせて生きてきたら、いつの間にか常に前へ向くように、心のスイッチの切り替えが自然とできるようになってました。今はもう一度紅白に出ること、レコード大賞歌唱賞受賞が目標ですね」

昨年6月には新曲「いのちのしずく」を出しているのですね。

いのちのしずく

歌:日吉ミミ     作詞:田久保真見     作曲:浅野佑悠輝

風のない おだやかな午後
ふと人生を ふり向いたら
私がこの世で 一番
愛した人は あなたでした

泣かせて… もう 心のまま
生きても いいでしょう

涙は いのちのしずく
泣くのは 生きてるあかし
だから悲しくても だから苦しくても
涙は あたたかいの…

絶望は 終わりなどなく
そう果てしない 闇のようで

私に小さな あかりを
灯した人は あなたでした

泣かせて… もう 強がらずに
生きても いいでしょう

涙は いのちのしずく
泣くのは 愛したあかし
だから悲しくても だから苦しくても
泣くたび うまれ変わる…

いつか 大地に帰ったら
そこから花が 咲くでしょう

心にうめた 想い出たちが
たくさん花を 咲かすでしょう…

涙は いのちのしずく
泣くのは 愛したあかし
だから悲しくても だから苦しくても
泣くたび うまれ変わる…

だから悲しくても だから苦しくても
泣くたび うまれ変わる

勝手に赤を付けましたが、抗がん剤の副作用と闘いながら歌っていたのでしょうか。覚悟を決め、自分の運命を見定めているかのように感じるのですが。

大地に帰って、きっと大きな花を咲かせてください。

ご冥福をお祈りします。合掌


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 十割蕎麦「ふくろう」本当の蕎麦を食ってきた十割蕎麦「ふくろう」本当の蕎麦を食ってきた 雨の中、幸手市の権現堂堤へ行ってきた。雨に濡れた桜の花びらも風情があるが、昼食の蕎麦が絶品だった。幸手市役所近くにある「十割蕎麦 […]
  • 日本を見限った中村祐輔教授日本を見限った中村祐輔教授 ニュースに接して驚きました。しばらくして、今の日本なら当然か、とも思いました。この国は既に斜陽にさしかかっています。壊れています。いや、下り坂の半ばまで来ているのかもしれません。 […]
  • がんと食事・栄養 アピタル夜間学校がんと食事・栄養 アピタル夜間学校 明日5月21日のアピタル夜間学校「がんと食事・栄養」は見逃せませんね。 インターネット生中継:アピタル夜間学校『がんと食事・栄養』5月21日午後7時30分から 講師の […]
  • 【追加情報】膵がんに対する樹状細胞療法の試験【追加情報】膵がんに対する樹状細胞療法の試験 「昼寝」  春爛漫、留守番も眠くなります。 共同通信によると、「メディネットの契約医療機関である瀬田クリニック新横浜と名古屋大学医学部附属病院が、2005年6月から切除不能局 […]
  • 善意の謀略善意の謀略 新幹線の中で、音楽を聞きながらゆっくりと本を読むことができた。多田富雄さんの『寡黙なる巨人』である。その中でおもしろい話に出くわした。 サプレッサーT細胞の発見で世界的 […]
  • 低用量抗がん剤 最初の量は?低用量抗がん剤 最初の量は? 紫陽花も花の色が濃くなってきました。 先日、10年ぶりにお会いした方に挨拶したら、先方は私が分からない様子だった。そりゃそうだ。膵臓がんの手術前の私は体重84キロ、ウエスト1m […]
  • 術後3年半の定期検査術後3年半の定期検査 今日は術後3年半の定期検査でした。 CTも血液検査での腫瘍マーカーも異常なし。肝臓へも局所でも再発、転移はありません。 ほっとしました。まだ再発の可能性はあろうかと、その […]
  • アブラキサンが審議会で了承されるアブラキサンが審議会で了承される 11月28日に開催された薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会において、アブラキサン点滴静注用100mg(大鵬薬品)に、治癒切除不能な膵癌への効能・効果を追加することが了承されました […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です