秋なのに


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

3連休なのに何かと忙しい。昨日は4時半に起きて、10日間もイタリアに遊びに行くという娘を羽田まで車で送っていった。マイルの制限で、関空から国際便に乗るのだという。娘のいない間、ヨークシャーテリアの竜馬に輸液を注射するのが私の役割になる。

菅直人前総理がインタビューで「最悪の場合は首都圏3000万人の避難も」と語っている。そうならなかったのは、幸運がいくつも重なっただけなのだ。しかし3000万人の避難は不可能だろう。水と食糧の確保もままならないし、橋を通過する箇所では大渋滞になる。ならば、日本消滅のリスクを放置することがきちがい沙汰だということ。原発の廃止しかない。

昨日の「鳥越俊太郎 医療の現場」は~がんを正しく知る~の第2弾。『虎の巻 低線量放射線と健康影響 ─先生、放射線を浴びても大丈夫? と聞かれたら』の編集責任者である放医研の島田義也氏が登場。『虎の巻』に本人も書いたはずの低線量被ばくに関する近年の研究、バイスタンダー効果などの話は全くなし。鳥越俊太郎もこの本を読んで準備くらいはしておくべきだろう。鳥越はアフラックのCMに自分のがん手術の現場を撮らせてから、つまらない男になってしまった。近著『がん患者』では自分の裸を表紙にしている。何度もの手術跡をそんなに見せたいのか。

P1010648

空を見上げれば秋の雲なのに、地上はまるで真夏だ。今日も32℃。少し早めの墓参りと、台東区千束まで。合間を見ては少しでも歩いている。この夏も酷暑にもめげずに着替えをバックパックに入れて、会社まで歩いた。歩くのが一番。「一日に15分の運動でも死亡リスクが14%低下」との研究もある。ウォーキングでもよいのだから、30分を往復で1時間、これが週に3日程度だから十分だろう。食後の腸閉塞予防のために、少しでも時間でも歩いている。

お茶ミルで挽いた深蒸し茶は、毎日欠かさず5、6杯は飲んでいる。これはもう習慣になったし、なによりもおいしい。

10月末のチェロの発表会に向けて、練習も熱が入ってきた。曲はミシェル・コレットのソナタハ長調。こんな曲。
Img_2

仕事に使っているパソコンが急に調子がおかしくなり、OSの再インストールさえもできなくなった。こんなことは初めてだ。幸いデータは毎日外部ハードディスクにバックアップしているから慌てる必要はない。結局新しくWindows7のcore i7にした。ついでにOfficeも2010に。リボンが使いづらいが、すぐに慣れるだろう。

遊んでいるPCでLinuxを動かすつもりでいるが、インストールに手間取りそうなので、十分な時間ができるまでは手が付けられない。しばらくはLinuxディストリビューションであるKnoppixで慣れることにする。Knoppixには数学関係のソフトが梱包されたKnoppix/Mathがある。数式処理システムMaximaを以前に使っていたから、思い出しながら触っている。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • パンキャンのWEBセミナーパンキャンのWEBセミナー 恒例のパンキャン主催のパープルリボンセミナー、今年はWebでZoomでの開催ですね。 ■主催  東京医科大学、NPO法人パンキャンジャパン ■日時  2020年 […]
  • 還暦に拾った命還暦に拾った命 今日は誕生日で還暦です。昨年の誕生日は癌研に入院した日でした。 60歳までよく生きたものだと思います。20代で大きな交通事故で奇跡的に助かっています。そのときに前歯はほとんどなく […]
  • 京都大学医学部附属病院に最新鋭ピンポイント放射線装置 京都大学医学部附属病院から高精度放射線治療装置を受注 2008年4月の市場投入以来、5台目の受注 三菱重工業は、京都大学医学部附属病院から最新鋭の放射線治療装置(線形加速 […]
  • 土屋医師の本音 明日は三春の滝桜を観に行く予定だが、大雪。開花も遅れている様子。どうなることやら。 前国立がんセンター病院長の土屋了介医師が書いた本。 がん治療を受ける前に知っておきたい55のこ […]
  • サイモントン療法とは?(3)サイモントン療法とは?(3) その当時のブログの記事が残っています。(自律訓練法を)しばらくやっていると不思議と手足が重く感じられて、暖かくなる。熱さを感じるほどになる。そうして続けていると頑固な肩こりも軽減 […]
  • これは見逃せない! 児玉龍彦(東大先端研教授)×津田大介をUSt生中継これは見逃せない! 児玉龍彦(東大先端研教授)×津田大介をUSt生中継 急遽決定!8月5日午後3時より児玉龍彦(東大先端研教授)×津田大介(ジャーナリスト)をUSt生中継  『現代ビジネス』は、8月5日午後3時より津田大介さんと児玉龍彦東京大学先端科 […]
  • 「がんペプチドワクチン療法」は夢の治療法か?(3)「がんペプチドワクチン療法」は夢の治療法か?(3) 臨床研究の現状 ガンペプチドワクチンの臨床研究は、各地の大学病院で行なわれているが、書籍『ガンペプチドワクチン療法』からその現状を概観してみる。 ●膵がん NHKを […]
  • 膵臓がんー手術は早いほうが良いか?膵臓がんー手術は早いほうが良いか? 佐藤先生のブログです。 結論は、20mm未満の腫瘍が比較的小さな段階では、手術までの待機期間が長くなると生存率が低下する可能性があるとのこと。 「膵臓 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です