スポンサーリンク

風邪でダウンしていました。

LINEで送る
Pocket

新潟の撮影旅行から帰って以来、風邪が悪化してダウンしていました。「俺は癌になって以来風邪をひいたことがない」と自慢していましたが、これも今後は使えなくなりました。強行軍だったし、家族全員が風邪に罹っている状態で自分だけが風邪に冒されていないはずはなかったのですね。抵抗力・免疫力が低下しているのかもしれません。そんなわけで、棚田の写真もまだ整理ができていません。

鼻水と微熱が続くなか、橋下徹の従軍慰安婦問題に関する新聞記事と、彼のTwitterを読んでいたら余計に熱と下呂が出そうでした。どうしてこのようなおぞましい発言ができるのか。韓国人元従軍慰安婦金福童(キムボクトン)さんは十四歳で従軍慰安婦になり、中国やインドネシアなどの前線を旧日本軍と転々としたと、本人が証言しているのです。なかにし礼氏も『生きる力 心でがんに克つ』のなかで、誰がなんといおうと強制連行された従軍慰安婦はいた。私は目撃した、との主旨のことを書いています。

論理のすり替えの多い橋下徹の手法を中島岳志氏が解剖しています。『橋下徹の言論テクニックを解剖する その2』 。詭弁とデマゴーグ、脅しだけのこんな男を持ち上げてきたマスコミも、自分たちの行状を検証することが必要ではないか。辺見庸は「橋下徹はテレビがひり出した汚物である」と切り捨てている。彼にはこれ以外の適当な言葉が見当たらない。

国家や国民にはさらなる犠牲を強いつつ、グローバル企業に”もっと利益を”と新自由主義路線を突き進もうとしている阿倍政権だが、同時にその路線を復古調の軍国主義と抱き合わせで突破しようとしている。現状では安倍内閣の高支持率に見られるように、一定の成功を収めているようだ。しかし、この路線は基本的に「グローバルな世界」と相容れない。ニューヨークタイムズが橋下徹のTwitterを引用したように、今や情報は瞬時に世界を駆け抜けるのです。

韓国、中国などを無視したグローバル戦略などあり得ません。安倍晋三の靖国発言や侵略の定義発言がアメリカの神経を逆なでしたように、橋下徹の”従軍慰安婦は強制ではなかった”発言も米国議会で非難決議されそうな勢いです。日本でも世界でも孤立することは必定です。

風俗業界の顧問弁護士であり、ご自身も風俗の経験が豊富そうな橋下らしい、ゆがんだ女性観の持ち主だということにつきる。そんな彼が世界を相手に「読解力が足りない」と注文を付けるのだから笑止千万です。読解力とは文字に書かれたことだけでなく、行間や文字の裏にあること、彼のこれまでの発言や行状から、いわんとすることを正確に掴むことです。彼以外はきちんとした読解力の持ち主だよ。おまえから言われたかぁないよ!

被差別部落出身の橋下徹が、女性や沖縄に対する無神経な差別意識を持っていることを見ると、彼自身は「部落差別」などは真に体験していないのではないか。そう思えてくるのです。佐野眞一氏に対して「差別だ」とくってかかった彼なら、全国水平社宣言のこの言葉を、少しは分かりそうではないか。

吾々は、かならず卑屈なる言葉と怯惰なる行為によって、祖先をはずかしめ、人間を冒とくしてはならぬ。そうして人の世の冷たさが、どんなに冷たいか、人間をいたわる事が何であるかをよく知っている吾々は、心から人生の熱と光を願求礼賛するものである。

 水平社は、かくして生まれた。人の世に熱あれ、人間に光あれ。

テレビがひり出した汚物に、こんなことを期待するほうが無理か?


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 治すのはあなた自身です治すのはあなた自身です 「市民のためのがん治療の会」に掲載された吉村光信さんの「がんと心もよう」がすばらしい。 吉村さんは製薬会社で新薬の臨床開発に従事していた方です。健康診断でたまたま肝がんが見つかり […]
  • がん患者だって原発の再稼働に抗議するがん患者だって原発の再稼働に抗議する 今日は私の膵癌を発見するきっかけとなった先生、いつもインスリンが出ていることを「おかしいなぁ?」と言ってくれる糖尿病専門の先生のところで、5年生存の報告。「あなたの場合は、本当に […]
  • 炎症を抑え、免疫力を高めるために炎症を抑え、免疫力を高めるために 炎症作用を利用して、がん細胞は周囲の免疫細胞を「武装解除」していく。NK細胞を初めとする白血球の活力が弱まり、目の前で増殖していく腫瘍と闘おうとしなくなる。 したがって、炎症マ […]
  • 中島梓と良寛の死 中島梓(栗本薫)さんが5月に膵臓がんで亡くなっています。その最後の日記が『 転移』という本になり出版されています。 自分でも「記録魔」と言うくらいですから、しかも作家の本性で […]
  • 腸内フローラ腸内フローラ 日曜日のNHKスペシャル「腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー」は、CGはすばらしかった。がんをはじめ、多くの病気と腸内細菌叢が関係しているという内容。ま、特に目新しい話題ではない […]
  • 患者目線で膵臓がんに役立つブログ患者目線で膵臓がんに役立つブログ このブログも膵臓がん患者に役立つことを目指して書いていますが、最近すてきなブログを見つけました。 お母さんプロジェクト『膵臓がんでも幸せに楽しく生きる』 2015年7月に膵臓 […]
  • 速報! 児玉さんがリリー・オンコロジーで最優秀賞速報! 児玉さんがリリー・オンコロジーで最優秀賞 嬉しいニュースです。 旧『すい臓がんカフェ』(現在は『膵臓がん患者と家族の集い』)に参加してくださった児玉さんが、第6回リリー・オンコロジー・オン・キャンバスで最優秀賞(写 […]
  • 癌で死ぬことはそんなに悪いものじゃない癌で死ぬことはそんなに悪いものじゃない 膵臓がんを告知されて、いよいよ覚悟を決めなくてはならなくなった。決して強がっているわけではないが、このように考えた。 いまや日本人の男性なら2人に一人、女性は3人に一人は癌 […]
LINEで送る
Pocket

風邪でダウンしていました。” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    ビビの助さん。
    外見やパフォーマンスにだまされる人が多いのですよね。物事を自分の頭で考える能力が極端に落ちてきたのは、この数十年間の教育行政の「成果」なのでしょう。損か得かだけの価値判断で行動を決める風潮が「利口」な人、というのも同じ。
    人を見るときには、「何をしゃべるか」ではなくて「何をしたか、何をしなかったか」で判断すべきだと思うのですが、そうした基準を持つためには、自分自身がその基準に従った行動をしているという自負がなければできません。

  2. ビビの助 より:

    「橋下徹はテレビがひり出した汚物である」
    激しく同感です。
    久しぶりに胸がすっとしました。
    私のfacebook仲間の一人が、一連の橋元バッシングの最中に
    『彼は本音でしゃべる勇気をもっているだけだ』という発言をしました。
    すると、たくさんの男性仲間がその発言を支持する書き込みをし始めました。
    あまりのバカバカしさに反論する気力さえありませんでした。
    男ってかわいそうな生き物だと思いましたね~。
    私には従軍慰安婦問題よりも、『風俗へ行け』発言のほうが衝撃でした。
    お元気そうでなによりです。
    風邪もひかれたようですし、がん患者より普通人の割合が増えてきたのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です