スポンサーリンク

糖質制限食とこむら返り

DP2M2782

昨日の撮影旅行。みなかみ町の裏見の滝。紅葉も見頃でした。


6年前、こむら返り、酷い喉の渇きが起きたのが膵臓がんを見つけるきっかけだったのですが、最近またこむら返りが頻繁に起きるようになりました。サンダルに足を入れようとしただけでこむら返りが起きることもあります。先日などは夜半過ぎに両足のふくらはぎから足の指が同時に痙攣し、痛みで目が覚めて七顛八倒していました。これしきの痛みで七顛八倒していたのでは、膵臓がん末期の痛みに耐えられるのかと、余計なことも考えながら、揉んでみたり反り返った指を反対向きに押さえてみたりとしているうちに、何とか収まりました。

糖質制限をしているおかげで血糖値は良くコントロールされていて、決して高いわけではなく、原因がよく分かりません。地元の病院の先生に相談しても、膵臓の働きとは関係ないだろうとのことで、よく効く漢方薬があるからと芍薬甘草湯を処方されました。調べてみると、この漢方は、こむら返りには驚くほど効くようですね。

さらにネット上で調べてみると、「糖質制限食とこむら返り」という江部先生のブログを見つけました。「糖質制限食だと肉や魚介類や野菜・海藻などおかずを沢山摂るので、ビタミン・ミネラル不足は起こらない。そして糖質制限食実践中の患者さんで、いままでこむら返りの訴えは、ほとんどない」しかし、江部先生のブログへのコメントでは、厳格な糖質制限食をしている患者で、ときおり酷いこむら返りに悩まされている人もいるようです。

厳格な糖質制限食で、野菜や魚をあまり食べない人に多いようですが、私の場合は野菜も肉も魚も摂るプチ糖質制限食ですから、あてはまらないように思います。また、マルチビタミンをのみ始めたら、こむら返りがぴたりと起こらなくなったというコメントもありましたが、マルチビタミンなら私は以前から摂っています。

結局未だに原因が特定できませんが、加齢によって寝返りが少なくなることも原因だとも言います。これまでは下着だけで寝ていたのを、下半身が冷えないようにトレーナーを着て寝るようにし、芍薬甘草等の効果もあったのか、それ以後は起こらなくなりました。昨日は谷川岳と照葉峡への強行軍で、結構勾配のきつい登りもあり、裏見の滝への急峻な階段もあったのですが、こむら返りは起きずに済みました。

とりあえずは野菜の量を増やして海藻類も加えながらようすを見ることにします。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 無農薬の果物は味が違う!無農薬の果物は味が違う! 新型コロナウイルスの影響もあって、ネットショッピングが盛んです。そのため宅配便業者は大忙しのようですね。 また感染リスクを下げるために、手渡しではなくて置き配も利用されるよ […]
  • 小樽の宿小樽の宿 今回の北海道旅行、宿は結構贅沢しました。飛行機代は娘持ち。JALのマイルが期限切れになりそうというので、それを使っての旅行です。で、宿は贅沢しようかと選んだのが、朝里川温泉にある […]
  • 図書館再開、嫌な老人がなぜ増える?図書館再開、嫌な老人がなぜ増える? ”コロナ太り”かなぁ? それとも、インスリンを7単位に増やしたせいか? […]
  • 安楽死 2匹のヨークシャーテリアの年上の17歳のほうですが、死が近いようです。1年前に慢性腎不全になり、毎日輸液を皮下注射して頑張ってきたのですが、ここ数週間で体重が激減。さらに膵炎にな […]
  • 白内障対策でサングラス白内障対策でサングラス 1年前に白内障を指摘されて、まだ手術するほどではないといわれています。 治療はしておりません。目薬もあるが、気休め程度だと医者も言うので。 パソコンのブルーライトも、医者に言 […]
  • ステージ4からの眺め「膵臓がん完治への闘い」ステージ4からの眺め「膵臓がん完治への闘い」 手術不能膵癌を、抗がん剤の耐性を解除する治療法で手術に持ち込んで、ステージ4から7年間生存している水田さんの紹介記事です。 […]
  • 『死ぬのが怖い』は錯覚ですよ。『死ぬのが怖い』は錯覚ですよ。 死が怖いのは、動物としての本能ですから、誰にでもあたりまえに怖いです。ロシアン・ルーレットで拳銃を頭に突きつけられて、引き金を引け、といわれたら、脂汗がたらたらと流れます […]
  • 心が免疫系に与える影響(2)心が免疫系に与える影響(2) ライト氏の事例に続いて、もうひとつの驚異的回復の例です。これは免疫細胞療法(LAK療法)の開発者であるローゼンバーグ博士(米国国立がん研究所所長)が自伝的著書『ガンの神秘の扉をひ […]

コメントを残す