糖質制限食とこむら返り

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

DP2M2782

昨日の撮影旅行。みなかみ町の裏見の滝。紅葉も見頃でした。


6年前、こむら返り、酷い喉の渇きが起きたのが膵臓がんを見つけるきっかけだったのですが、最近またこむら返りが頻繁に起きるようになりました。サンダルに足を入れようとしただけでこむら返りが起きることもあります。先日などは夜半過ぎに両足のふくらはぎから足の指が同時に痙攣し、痛みで目が覚めて七顛八倒していました。これしきの痛みで七顛八倒していたのでは、膵臓がん末期の痛みに耐えられるのかと、余計なことも考えながら、揉んでみたり反り返った指を反対向きに押さえてみたりとしているうちに、何とか収まりました。

糖質制限をしているおかげで血糖値は良くコントロールされていて、決して高いわけではなく、原因がよく分かりません。地元の病院の先生に相談しても、膵臓の働きとは関係ないだろうとのことで、よく効く漢方薬があるからと芍薬甘草湯を処方されました。調べてみると、この漢方は、こむら返りには驚くほど効くようですね。

さらにネット上で調べてみると、「糖質制限食とこむら返り」という江部先生のブログを見つけました。「糖質制限食だと肉や魚介類や野菜・海藻などおかずを沢山摂るので、ビタミン・ミネラル不足は起こらない。そして糖質制限食実践中の患者さんで、いままでこむら返りの訴えは、ほとんどない」しかし、江部先生のブログへのコメントでは、厳格な糖質制限食をしている患者で、ときおり酷いこむら返りに悩まされている人もいるようです。

厳格な糖質制限食で、野菜や魚をあまり食べない人に多いようですが、私の場合は野菜も肉も魚も摂るプチ糖質制限食ですから、あてはまらないように思います。また、マルチビタミンをのみ始めたら、こむら返りがぴたりと起こらなくなったというコメントもありましたが、マルチビタミンなら私は以前から摂っています。

結局未だに原因が特定できませんが、加齢によって寝返りが少なくなることも原因だとも言います。これまでは下着だけで寝ていたのを、下半身が冷えないようにトレーナーを着て寝るようにし、芍薬甘草等の効果もあったのか、それ以後は起こらなくなりました。昨日は谷川岳と照葉峡への強行軍で、結構勾配のきつい登りもあり、裏見の滝への急峻な階段もあったのですが、こむら返りは起きずに済みました。

とりあえずは野菜の量を増やして海藻類も加えながらようすを見ることにします。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • SU剤からグリニド系剤に変更SU剤からグリニド系剤に変更 自宅周辺も大雪です。10センチ程度で「大雪」なんて言っては、雪国の方に笑われそうですが、13年ぶりの大雪警報だとか。南国育ちで、子どものころ、めったに雪を見たことのない私は、雪が […]
  • 医師主導治験の情報:牛蒡子(アルクチゲニン)医師主導治験の情報:牛蒡子(アルクチゲニン) がん情報サービスに「公費助成を得て行われる医師主導治験の情報」が新たにUpされています。膵臓がんでは、 アルクチゲニン(牛蒡子の抽出物)国立がん研究センター […]
  • 膵臓がん患者の血糖値管理膵臓がん患者の血糖値管理 「京急・空港線 最後の日」 DP2 Merrill F6.3 1/250 ISO200 […]
  • 終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する 来週の木曜日は半年ごとの定期検査です。いつものことですが、検査の前になると、再発・転移をしていないかと気がかりです。体調には変化もなく糖質制限食のおかげなのか、ウォーキングでも以 […]
  • 血糖値はコントロールできている血糖値はコントロールできている 先日の糖尿病管理をお願いしている先生の診察日、HbA1cは6.1%(NGSP)でした。 9.2→6.8→6.4→6.1と回を追うごとに改善しています。6.3以上が「糖尿病の疑い」 […]
  • がん患者には血糖値管理も重要がん患者には血糖値管理も重要 棚田の夜明け 第56回糖尿病学会において九州大学の清原裕氏が、久山町研究の結果から、『高血糖および糖尿病は癌死亡の相対危険度を上昇させる』ことが分かった、と発表した。 これより […]
  • 肥満とがん&糖質制限食 糖質制限食とカロリー制限食のディベートが、来年1月15日の第15回日本病態栄養学会年次学術集会(国立京都国際会館)で行われるそうです。ディベートでの糖質制限食派の演者は江部康二先 […]
  • 膵臓がん患者と糖質制限食膵臓がん患者と糖質制限食 手術後の食事について、がん研の主治医の先生から言われたのは、肉類は摂りすぎないように、お酒はほどほどなら良いが蒸留酒(焼酎・ウィスキー)の方がベター、とだけでした。さらに「糖 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です