スポンサーリンク

ETV特集で加島祥造さん

LINEで送る
Pocket

ETV特集が10月19日(土)23:00から加島祥造さんを取り上げます。タイトルは『ひとりだ でも淋(さび)しくはない~詩人・加島祥造 90歳~』

このブログでも加島祥造さんの老子訳を何度か取り上げていますが、私が加島祥造さんを知ったのは、中野孝次のいくつかのエッセーを通してでした。そして彼の老子の自由訳を読み、引き込まれてしまいました。難解な老子が、寺田寅彦の言葉を借りれば「まるで背広にオーバー姿で電車の中でひょつくり隣合って独逸語で話しかけられたよう」に、すとんと腑に落ちたのでした。

晩年に陥った恋に破れて信州の伊那谷に居を構えて『晩晴館』と命名しています。新聞もテレビもない暮しです。伊那谷にタオを見、足るを知り、あれこれと求めない。くよくよせずに自然と遊び、まぁこんなものかと今の自分に満足すれば、人生が生き生きとしてくるのです。膵臓がんを告知されてもあたふたせず、やるべきことをやったら、その結果を受け入れる。死ぬのは当たり前の現象だから、大騒ぎするほどのことではない、こうした考えに幾分でも近寄ることができたのは、加島祥造さんのおかげです。

膵臓がんの告知を受けてから手術までの間、「拾った命だから、のんびり生きる」でこんなことを書いています。

(2000年の直腸癌の手術から)こうしてもう手術後6年になる。5年経てば一応ガンは完治だといわれているから、安心してよいだろう。昨日アフラックの医療保険にも堂々と加入手続きができた。

命拾いしたのはこれで二度目ということになる。二十歳のころ交通事故で奇跡的に一命をとりとめたことがある。そのときは『せっかく拾った命だから、立派な人生を送ろう』と決意したものだ。これまでの人生はその決意に恥じないものだったと自分では思っている。
そして五十歳でガンになり、また命を拾った。

そしてこう思った。『せっかく拾った命だから、のんびり生きよう』と。

本当は私も、新聞もテレビもインターネットもない暮しをしたいものだと思うのですが、無理かなぁ。

伊那谷の老子 (朝日文庫) 伊那谷の老子 (朝日文庫)
加島 祥造

老子までの道―六十歳からの自己発見 (朝日文庫) タオ―老子 (ちくま文庫) 『求めない』 加島祥造 老子と暮らす 知恵の森文庫 わたしが人生について語るなら
by G-Tools


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 格安SIMはどれを選ぶ格安SIMはどれを選ぶ 楽天モバイル「050データSIM」は失敗だった 以前はドコモと契約していましたが、メールの受信とニュースサイトを見るのが母屋使い方です。これに7000円は勿体ないので、格安SI […]
  • 野菜を先に食べて血糖値を下げる野菜を先に食べて血糖値を下げる 膵臓がんの方で血糖値の管理に苦心している方も多いことでしょう。私もこのところHbA1cが上昇傾向で、炭水化物・糖質をなるべく摂らないようにしていますが、外食ではそれもままなりませ […]
  • リーマン予想 『魔性の難問』リーマン予想 『魔性の難問』 「ガンペプチドワクチン療法」について続けて書いているが、ここでちょっと寄り道をして「リーマン予想」について。 先日NHKスペシャルで放映された『魔性の難問 […]
  • 天皇陛下の糖質制限天皇陛下の糖質制限 天皇陛下が糖質制限を始められたらしいですね。ヤフーニュースに載っていました。 六十歳を前にして、やはり天皇としての職務を全うするためには、何よりも健康である […]
  • 今日の一冊(51)『「がん」では死なない「がん患者」』今日の一冊(51)『「がん」では死なない「がん患者」』 がん患者の多くは餓死している 久しぶりの「今日の一冊」で、先日デジタル断食の際に読んだ本です。がん患者はがんではなくて餓死するのだと、長尾医師や梅澤医師もよくブログに書いて […]
  • 大腸がん検診大腸がん検診 今日は大腸がん検診の結果を聞くために病院へ。 陰性でした。 2000年に直腸がんの手術をして、半年間は人工肛門でした。膵臓がんの術後数年目の2010年頃に、一 […]
  • 膵臓がん細胞が免疫細胞の攻撃を無力化するメカニズム膵臓がん細胞が免疫細胞の攻撃を無力化するメカニズム NF-κBは膵臓がんの黒い騎士 オハイオ州立大学総合がんセンターの研究です。 膵臓がん細胞が免疫細胞の攻撃を無力化するメカニズムの発見 […]
  • 日本でも「光免疫療法」の治験が始まる-がん撲滅サミットに参加して日本でも「光免疫療法」の治験が始まる-がん撲滅サミットに参加して 昨日の朝日新聞に、 『がん治療の光免疫療法、国内でも治験へ 米で実績』の記事で 光を当ててがん細胞を壊す新たながん免疫療法の安全性を患者で確かめる臨床試験(治験)が、国内 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です