ETV特集で加島祥造さん

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

ETV特集が10月19日(土)23:00から加島祥造さんを取り上げます。タイトルは『ひとりだ でも淋(さび)しくはない~詩人・加島祥造 90歳~』

このブログでも加島祥造さんの老子訳を何度か取り上げていますが、私が加島祥造さんを知ったのは、中野孝次のいくつかのエッセーを通してでした。そして彼の老子の自由訳を読み、引き込まれてしまいました。難解な老子が、寺田寅彦の言葉を借りれば「まるで背広にオーバー姿で電車の中でひょつくり隣合って独逸語で話しかけられたよう」に、すとんと腑に落ちたのでした。

晩年に陥った恋に破れて信州の伊那谷に居を構えて『晩晴館』と命名しています。新聞もテレビもない暮しです。伊那谷にタオを見、足るを知り、あれこれと求めない。くよくよせずに自然と遊び、まぁこんなものかと今の自分に満足すれば、人生が生き生きとしてくるのです。膵臓がんを告知されてもあたふたせず、やるべきことをやったら、その結果を受け入れる。死ぬのは当たり前の現象だから、大騒ぎするほどのことではない、こうした考えに幾分でも近寄ることができたのは、加島祥造さんのおかげです。

膵臓がんの告知を受けてから手術までの間、「拾った命だから、のんびり生きる」でこんなことを書いています。

(2000年の直腸癌の手術から)こうしてもう手術後6年になる。5年経てば一応ガンは完治だといわれているから、安心してよいだろう。昨日アフラックの医療保険にも堂々と加入手続きができた。

命拾いしたのはこれで二度目ということになる。二十歳のころ交通事故で奇跡的に一命をとりとめたことがある。そのときは『せっかく拾った命だから、立派な人生を送ろう』と決意したものだ。これまでの人生はその決意に恥じないものだったと自分では思っている。
そして五十歳でガンになり、また命を拾った。

そしてこう思った。『せっかく拾った命だから、のんびり生きよう』と。

本当は私も、新聞もテレビもインターネットもない暮しをしたいものだと思うのですが、無理かなぁ。

伊那谷の老子 (朝日文庫) 伊那谷の老子 (朝日文庫)
加島 祥造


スポンサーリンク

老子までの道―六十歳からの自己発見 (朝日文庫) タオ―老子 (ちくま文庫) 『求めない』 加島祥造 老子と暮らす 知恵の森文庫 わたしが人生について語るなら
by G-Tools

このブログの関連記事

  • 彼岸花と道元の死生観彼岸花と道元の死生観 治らない癌になると、これからどうなるのだろう、いつまで元気でいられるのか、治りたい、治るためには何ができるだろうか、と不安になります。 中にはいかさまの代替医療には […]
  • テリーさんへの手紙テリーさんへの手紙 テリーさん。手術の成功と退院、おめでとうございます。今は少しは食事もとれるようになってきた頃でしょうか。 そしてこれから術後補助化学療法としての抗がん剤治療が始まりますね。 […]
  • 彼岸花の命は短い-道元の死生観彼岸花の命は短い-道元の死生観 2007年に膵臓がんの手術後、快気祝いにと伊豆の修善寺に一泊で旅行しました。奮発して老舗の新井旅館に泊まったのですが、近くの散策路で一輪の彼岸花が大木の幹に咲いているのを見つけた […]
  • 加島祥造のタオ-老子 がんになったらこれまでの欲がつまらなくなった加島祥造のタオ-老子 がんになったらこれまでの欲がつまらなくなった 本棚を大掃除して、この50年間に貯めこんだ蔵書をたくさん捨てた。老年になって物質欲にこだわるのは見苦しいと考えたからだ。まず蔵書を整理しようとしたのはそのためだ。 残ったの […]
  • 拾った命だから、のんびり生きる拾った命だから、のんびり生きる 「拾った命だから、のんびり生きる」。 このタイトルは2006年にあるところへ書いたものだ。 そして、膵臓がんの手術までの検査まで、死を覚悟しながら、今の生き方 […]
  • がんになったらこれまでの生活を変えなければならないがんになったらこれまでの生活を変えなければならない 台風一過。昨日はきれいな夕焼けでした。Merrillは赤が苦手なのですが、今日の一枚はまぁまぁです。 がんになったら、これまでの生き方と考え方を変えなければいけないと言う。私た […]

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA