靖国参拝で四面楚歌状態

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

膵臓がんの術後1年ほど経ったころ、いずれ再発して死に至ることになるかもしれないからと、田舎にある墓を東京に移す決心をしました。納骨室を開けると、かび臭い空気の中にあった骨壺の一つが、太平洋戦争で戦死した叔父のものでした。「昭和十九年十月没 享年二十一歳」と書かれてあります。蓋を開けると、中にはいくつかの石ころがビニール袋に包まれて入っているだけでした。戦死した場所も日付も不明です。日本軍の戦死者の6割が餓死で亡くなっています。それ以外はマラリアなどの病気によるもので、実際の戦闘で亡くなった兵士は1割にも満たないのではないでしょうか。補給路を断たれた挙げ句の、軍指導部の無茶な作戦で犬死にしたのです。

決して「祖国のために闘った英霊」ではありません。侵略戦争に借り出された犠牲者です。また、それ以上に何千万人というアジア地域の国民が日本軍の犠牲になっているのです。

一年前には飛ぶ鳥を落とす勢いだった橋本氏の日本維新の会も凋落ぶりが激しいです。そのきっかけは橋本氏自身の「従軍慰安婦」発言であり、歴史認識の貧しさと右翼的体質が凋落のきっかけとなりました。いま安倍晋三が同じ轍を踏もうとしているようです。靖国神社参拝に対して中国はもとより、韓国台湾からも反発を食らい、アメリカからはその日のうちに「遺憾」ではなく「失望している」という、同盟国の首相に対しては過去に例のない強い口調で公式声明を出しました。EUも同じように声明を出しています。27日付けのニューヨーク・タイムズは、国際面のトップに「神社への参拝によって日本のリーダーは平和主義から離脱する姿勢を鮮明にした」という見出しの論説記事を掲載しました。まさに四面楚歌状態です。

ドイツがナチスの戦犯の時効を認めず、徹底的に追求して今日の欧州での信頼と地位を築きあげたのとは対照的に、日本は戦争前の「日本を取り戻す」としているようです。橋本氏と同じ「躓き」の一?となるに違いありません。

囚われない練習 ~人生を変える禅の教え

囚われない練習 ~人生を変える禅の教え

平井 正修(全生庵住職)
3,050円(01/22 23:02時点)
発売日: 2013/12/12
Amazonの情報を掲載しています

中曽根氏ら歴代の首相が座禅を組みに通っているという、谷中にある全生庵の平井正修住職の『囚われない練習』の帯に、安倍晋三氏が推薦文を寄せています。「求めない。だから手に入る。平井住職との交わりをきっかけに、私は私の道を行く心を決めました」とあります。その「道」は、国民には負担を強いる一方で、富めるものには更に優しく、隣国とは一戦交えても良いとし、そのためには「潔く国のために命を捧げる」ことを「求めている」ようです。座禅の最中におどろおどろしい想念が渦巻いていたのでしょうか。禅の心を取り違えているようです。

今年もコンサートで「第九」を聴くことができませんでした。今日はCDでフルトヴェングラー指揮、バイロイト祝祭管弦楽団のベートーベン 交響曲第9番「合唱付」を聴いています。

第二次世界大戦で中断していたバイロイト音楽祭の復活祈念コンサート(1951年7月29日)のライブ録音です。最初にフルトヴェングラーの足音が収録されています。モノラル録音ですが、戦争が終わり平和が到来した喜びが背景にあり、特に第三楽章の出だしからの透明感あふれる演奏、終楽章のコーラスとともに盛り上がっていく高揚感は、今後二度とこの感動的な演奏は再現され得ないだろうとさえ思えます。

歴史の教訓を学ばない者の末路は哀れです。

こちらのCDは第二世代復刻版です。ノイズが除去されて驚くほどの音質に生まれ変わっています。

ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱つき》[バイロイトの第9/第2世代復刻]

ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱つき》[バイロイトの第9/第2世代復刻]

ヘンゲン, ホップ, シュヴァルツコップ, エーデルマン
2,395円(01/22 23:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ノートパソコンを買い替えたノートパソコンを買い替えた 2002年にDELLのB5ノート […]
  • Kさんの退院Kさんの退院 7センチほど残っていたドレンパイプも今日すっかり取り除いた。傷口を閉じていたホッチキスも無くなったし、これで体には何も残っていない。 先生も「あと数日で退院できる状態になります […]
  • DACを買い換えたDACを買い換えた サブで主にBGM的に使っているDACがそろそろ寿命かなぁ。 タイムドメインスピーカーBauXar ボザール Jupity301 ジュピティ301 […]
  • お茶の出荷制限 「荒茶」についても「生茶葉」と同様に500Bq/kgを超えたものは出荷制限されることになった。乾燥された荒茶では、重量が1/5以下になるために生茶葉では規制値以下であっても、超え […]
  • 周回遅れの日本のゲノム医療周回遅れの日本のゲノム医療 タイトルは中村祐輔先生の口癖ですが、上昌広(医療ガバナンス研究所理事長)氏も同じことを丁寧に説明しています。 ゲノム研究を推し進める原動力は、個別化医療の推進だ。個 […]
  • がんワクチン 規制当局との攻防がんワクチン 規制当局との攻防 本日3件目の記事です。 市民のためのがん治療の会に、東京大学教授・医科学研究所附属病院長の今井浩三氏の短いコメントが載っています。 『がんペプチドワクチン全国ネットワーク共同研究 […]
  • パソコンの作業環境 世の中大型連休である。私も10日の休みになる。しかし、車で出かけるにしても、どこも渋滞だから、大型連休には例年どこにも出かけたことがない。今年も同様である。ラ・フォル・ジュルネ・ […]
  • 改訂された米国がん予防ガイドライン改訂された米国がん予防ガイドライン 昨日から水溶の下痢が続いており、おかしいなと思っていたのですが、どうやらインフルエンザに罹ったらしい。膵臓癌になってから初めての風邪・インフルエンザです。今日は1日寝ていました。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です