安楽死か尊厳死か


【日 時】2020年6月14日(日) 13:15~15:30(開場:13:00)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 20名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

今日から出張で倉敷です。タクシーの運転手さん曰く。「アベノミクスの恩恵などタクシー運転手には無関係ですわ。株を持っているわけでもない庶民には世知辛い世の中ですねぇ」

アメリカの29歳の女性、メイナードさんの「尊厳死」でいろいろと報道されています。マスコミの論調はどうも「勇気ある決断」という風な調子です。

しかし、日本では安楽死と尊厳死は別のものとしています。日本国内では、回復の見込みがなくなった人の死期を、医師が薬などで早めることを「安楽死」とし、患者の意思を尊重して延命治療をやめる「尊厳死」と分けているのです。ですから、日本での報道であるなら今回の場合は、「安楽死」というべきでしょう。「尊厳死」と報道するマスコミの姿勢には問題があるように思います。あるいは、医師による”自殺幇助”だという専門家もします。

しかし、脳腫瘍で余命半年と宣告されても、そもそも余命などアテにはならないのですが。『がんに効く生活』の著者シュレベールは脳腫瘍の中でもより凶暴なⅣ期の神経膠芽腫で、その平均余命は14ヵ月でした。しかし、彼自身が統合医療に挑戦して、20年も生き続けたのです。

ま、本人が選択した行為ですから、賛成も反対もすることではありませんが、あたかもすばらしい勇気ある選択というような報道は止めて欲しいものです。

もっとも、近藤誠氏のエセ医学に心酔して、手術も抗がん剤も拒否することも、緩慢な「安楽死=自殺幇助」と言えるかもしれません。しかもマスコミが持ち上げるところまで似ている。

長尾医師はブログで

正しくは、「安楽死」です。
ブリタニーさんの死は、「尊厳死」ではありません。
では、なぜ一部のメデイアは、「尊厳死」として報じたのでしょうか?
実は、あれを欧米では「尊厳死」ともいうからです。
「Death with dignity」の直訳が、日本語では「尊厳死」となるのです。
日本でみなさんが言っている「尊厳死」とは、それではなく
「自然死」、「平穏死」のことです。

実態を考えないで英語をそのまま日本語に置き換えたのがまちがい、ということでしょう。

私も治らないがんであったのなら、力の限りに生きられるだけは生きて、その果てに苦痛はできる限りとってもらって、からだからたくさんのパイプが出ているような延命治療はお断りした尊厳死を選びたい。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 道元の「生死」観:『正法眼蔵』がおもしろい(2) ネルケ無方氏がこの「現成公案」を一度英語にしてから現代語訳した本が出版されている。『道元を逆輸入する』。なるほど、英語訳するためには道元の言わんとするところをしっかりと掴んでいな […]
  • エビデンスだけでがん治療ができるのか?(6) がんの外科医であり、胃がんで余命半年を告知された西村元一さんは、 がんの遺伝子構造は一人一人異なり、一つとして同じがんはありません。だから治療法も人それぞれ違う。「これが絶 […]
  • 抗がん剤で進行がんが治ると、多くの患者は誤解している抗がん剤で進行がんが治ると、多くの患者は誤解している 再発や転移のあるステージ4のがんは、抗がん剤で根治することはまず不可能です。しかし、7割から8割の患者が、進行したがんが抗がん剤で治ると誤解しています。しかも、主治医とのコミュニ […]
  • 抗がん剤による「心毒性」抗がん剤による「心毒性」 抗がん剤による心毒性 日経メディカルのこの記事、ちょっと気になりますね。 『癌患者・サバイバーを抗癌剤の心毒性から守れ』 癌患者の延命率を飛躍的に向上させた分子標的 […]
  • 奇跡のシェフ-がんと14年間共存奇跡のシェフ-がんと14年間共存 昨年このブログ「気になる本『奇跡のシェフ』」でも紹介した神尾哲男さんが亡くなったそうです。 2002年に前立腺がんの末期で余命ゼロを宣告されながらも、独自の食事療法でがんと […]
  • 今日の一冊(67)『副作用のない抗がん剤の誕生』   タイトルからトンデモ本ではないかと、スルーしていたが、機会があったので読んでみた。著者の奥野修司氏は『看取り先生の遺言』を上梓しており、ブログでも紹介したことが […]
  • 今日の一冊(52)『軽やかに余命を生きる』今日の一冊(52)『軽やかに余命を生きる』   膵臓がんでも自分らしく生きる 医者で僧侶で末期膵臓がん患者である田中雅博さんの4冊目の本。 こちらの記事「医師で僧侶で末期膵臓がんの田中さん」や「今日の一冊 […]
  • 今日の一冊(51)『「がん」では死なない「がん患者」』今日の一冊(51)『「がん」では死なない「がん患者」』 がん患者の多くは餓死している 久しぶりの「今日の一冊」で、先日デジタル断食の際に読んだ本です。がん患者はがんではなくて餓死するのだと、長尾医師や梅澤医師もよくブログに書いて […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です