スポンサーリンク

明日は投票日

LINEで送る
Pocket

明日は投票日だが、日本海側を中心に大雪の予想も出ている。投票率が下がれば組織票を持つ自公、共産党に有利になるとの予測である。

いつの選挙も「これからの日本の行く先を決める大事な選挙」とワンフレーズのように言われるが、今回の選挙はまさしく「歴史的な、日本の将来を決定する」選挙と言うべきだろう。未来の日本人は、「あの選挙が歴史の分岐点だった」とふりかえって確認することになるに違いない。

「極右」の政治家が一国を代表する地位に就いている国は、先進国においては日本以外には存在しない。ヨーロッパでネオナチが政権を取ったら大騒ぎをするだろうが、第二次世界単線後の世界秩序を壊そうという勢力が政権を担っている日本という国の異常さを、国民は感じていないように見える。いや、それどころか、危険きわまりない人物に、憲法改正の発議ができる3分の2以上の議席を与えるかもしれないという、まさに「歴史的な転換点」に我々は立っている。

すでに日本はファシズムに突入していると、私はみている。彼らにとってはこれからが総仕上げである。戦前の暗い「日本を取りもどす」過程が、一歩一?進んでいく。そう、あの北朝鮮のような「独裁国家」に日本がなろうとしている。安倍一人の判断で憲法の解釈を変え、集団的自衛権を認めるということは、個人を憲法の上位に置くという意味ですでに「独裁」である。

ファシズムと独裁には、弱者の切り捨てが常に付随している。いや、一心同体である。言論の自由、表現の自由の抑圧が平行して断行される。警察権力が我が物顔にふるまい出す。

国家の役にたたないものは切り捨てられる。もちろん病人、がん患者などは国富を無駄に消費する”国賊”扱いになるに違いない。生活保護費の切り捨て、医療費の抑制がすでに現実に進行しているが、戦力保持が第一に重要だとして、いっそう弱者の切り捨てが進むに違いない。

棄権することは、ファシズムへの道に無条件に賛同することになるにちがいない。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 論文代筆は保険財政からの詐欺論文代筆は保険財政からの詐欺 日報を書き換えたり、ないと言っていたものがあとで出てきたりと、この国の政府と官僚は壊れてしまっていますが、製薬業界でも論文を都合良く書き換えることが茶飯事のようです。 バイ […]
  • 今日の一冊(113)「死に逝く人は何を想うのか」今日の一冊(113)「死に逝く人は何を想うのか」 佐藤由美子さんは、ホスピス緩和ケアを専門とする米国認定音楽療法士です。長年米国のホスピスで音楽療法を実践してきた方です。またブログ「佐藤由美子の音楽療法日記」も開設されています。 […]
  • ゴボウでがんが消えた話ゴボウでがんが消えた話 山あじさい 紫陽花ももう終わりかなぁ。今年は早いような気がする。 […]
  • 抗がん剤による真の延命効果は10%程度しかない抗がん剤による真の延命効果は10%程度しかない 抗がん剤は効くのか効かないのか、効くとすればどの程度なのか。再発予防効果はどれくらいあるの? 統計の罠とは?そうした疑問に答えます。 クロスオーバー試験とは 近 […]
  • 緩和ケアの冊子-ホスピスの探し方など緩和ケアの冊子-ホスピスの探し方など 乳がん患者2人が緩和ケアの冊子を作ったわけ 日経Goodayの記事『乳がん患者2人が緩和ケアの冊子を作ったわけ』 チーム医療が大切と言われている。早い段階からの緩 […]
  • 親鸞と複雑系科学親鸞と複雑系科学 昨年の4月25日の東電・保安院の外国人記者向けの会見に、一人も記者が出席しなかったとの報道がありました。普通の人間の感覚なら、記者会見を中止するのでしょうが、原子力保安院の方々は […]
  • どうしてこんなに危機感がないんだろう?どうしてこんなに危機感がないんだろう? 新型コロナウイルス感染者数、死者数が連日 曜日ごとの最高を更新しています。 そんな状況なのに、一か月後に緊急事態宣言が解除されたらばGOTO […]
  • 腹膜転移を有する膵がんに対する腹腔内投与併用療法腹膜転移を有する膵がんに対する腹腔内投与併用療法 「腹膜転移を有する膵がんに対する […]
LINEで送る
Pocket

明日は投票日” に対して14件のコメントがあります。

  1. 何を書こうが勝手ですが より:

    すい臓がん罹患者やその家族は全員反与党でしょうか?
    懸命な主様なら答は「否」だと思いたいです。
    正直パンキャンが政治的に色付いた方々の集団だと思われるのは迷惑です。
    ここのブログや主様の存在はすい臓がんに脅かされる患者自身やその家族の活動に勇気を頂けるものだと思っておりました。
    多くは書きたくないですし杞憂かと存じますが、影響力のある方の発言が患者やその家族に望ましくない作用を及ぼすかも知れぬという懸念を抱かせる事をご理解頂ければ幸いです。

  2. naka より:

    うーんさんへ。
    何か間違っていませんか。
    ここはキノシタさんのブログですよ。
    何を書こうがキノシタさんの自由でしょ!

  3. キノシタ より:

    shinya55さん。
    参考にしていただいて恐縮です。お役に立てば嬉しいです。
    こちらこそ、よろしくお願いいたします。

  4. shinya55 より:

    キノシタさんのブログでいろいろと勉強させて頂いております。
    貴重な情報などリアルタイムで掲載して下さるので本当に参考になっております。
    今後とも宜しくお願い致します。

  5. キノシタ より:

    shinya55さん。入院中でしたか? ご苦労様でした。
    大きな病院では「院内投票」ができるのですが、(がん研ではそうでした)なによりも清き一票になりましたね。
    お大事になさってください。

  6. shinya55 より:

    初めてコメント致します。
    「国家の役にたたないものは切り捨てられる。もちろん病人、がん患者などは国富を無駄に消費する”国賊”扱いになるに違いない。」「いっそう弱者の切り捨てが進むに違いない。」・・・キノシタさんが仰有る通り、私もそうなるのではないかと心配でたまりません。
    民意を無視しごり押しする現在の自民党政権は必ず医療分野に大鉈を振るい、言葉巧みに弱者を切り捨てにはいると思います。
    キノシタさんの記事を読ませていただき、慌てて病院に外出届けを出して投票所に行って来ました。

  7. キノシタ より:

    tiduさん。力強いコメントに励まされます。
    膵癌でも生活のために休日もアルバイトをしている方もいます。年金生活では、抗がん剤の投与が続けられない患者もいます。政治の仕事は、こうした弱者に手をさしのべることだと思うのですが、現政権はそれとは真逆の方向に向かっているようです。阿倍さんの言う「自助努力」とは、金のない者は早く死んでもしかたがないということなのでしょう。
    せめて末期がん患者が、安心して治療に専念できる政治になって欲しいと、切に思います。

  8. tidu より:

    キノシタさんの考え方に賛同する者です。いつも多方面からの発信を読ませていただいています。「生きるためのたたかい」には、政治が大きく関わると思います。抗がん剤が高額で支払えないためストップされた方、すい臓癌が見つかっても生活を支えるために就活をされている方…。いろいろな方のブログからも、政治が良くなって、誰もが生きやすい世の中になって欲しいと強く思います。自分の足を自分で縫っている男性の映像が、目に焼き付いています。資本主義のアメリカからの映像です。私は固定観念にとらわれず、大切な一票を投票します。

  9. キノシタ より:

    花桃さん。いまの自民党は、昔のそれとは異質になってしまいましたね。保守でも戦争を経験した政治家は、それなりの矜持を持っていたのですが、安倍政権になってからはまったく別物です。沖縄の保守も含めた共闘がそれを証明しているようです。
    我々団塊の世代としては「こんな日本にするはずではなかった」という思いが強いです。

  10. 花桃 より:

    私もキノシタさんの感じていらっしゃること、全く同感です。
    権力側の争点はあくまでもアべノミクスという態度が私には納得がいきません。
    もし、新聞の世論調査の予想のような結果になったら、ますます安倍政権の暴走に弾みがつき、とんでもない国になってしまいますね。
    自民党、公明党への票が減ることを祈るのみです。
    どうか、若い人たちの投票が増えますように。

  11. キノシタ より:

    コシヒカリ命さん。応援の言葉、ありがとうございます。
    あなたの本日の記事も拝見しました。
    >ある期待を込めて「選挙特番」を見続けます。
    私も同様です。

  12. コシヒカリ命 より:

    記事内容、コメント対する返答に関しても全く同感です。
    キノシタさんの考え方に賛同する方はまままだ多く存在していると
    思います。
    主義主張を、頭ごなしに抹殺しようとする人間は許せません。
    どうかこれからも遠慮なく、社会全般にわたっての事柄にも堂々と
    主張し続けていって頂きたいと思います。
    ずっと応援していきます。

  13. キノシタ より:

    医療はすぐれて政治的な問題だし、このブログもがんのワン・イシューを掲げているわけではない。がんとの闘いも私の全存在をかけているのであって、思想・哲学抜きにがんとの闘いを語ることはできません。
    社会的な問題に関しても、遠慮なく私の考えを述べていくつもりです。誰に遠慮が要るものか。

  14. うーん より:

    共産党支持者なのはわかるけど、パープルリボンと掛けるのはダメでしょ。
    皆さん生きるためにたたかっていて、政治は関係ない。
    もっと言えば今の保険診療は共産党国家でないから成立しているのだし。
    貴方の存在は貴重だけど左寄りすぎる主張はパープルリボンに変な色が付きます。
    やりたいのならパープルリボン以外でやって下さい。
    赤旗で構いませんから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です