患者申出療養の問題点

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

週刊新潮の膵臓がんに関する「特集 健康診断では見落とす『超早期がん』発見の特別検査ガイド」で、東京ミッドタウンクリニックの森山紀之・健診センター長が次のように述べている。

膵臓がんを見つけるにはPETが最適だが、「初期のすい臓がんについては、ブドウ糖を必要としないケースもあり、がんが100%見つかるとは言い難い」

そこで関連施設であるグランド・ハイメディックにはPET-MRIという最新設備があり、それを薦めている。しかし検査を受けるには、「受けたい方は、会員になっていただく必要があります。入会金は243万円、年会費は54万円」(同広報)です。

20150702_17_13_30

もちろん健康保険は使えません。お金持ちだけが利用できます。

「患者申出療養」制度の問題点を整理しておきます。

  1. 上の例のように、お金のあるなしで医療に対するアクセスが差別されることになります。病院側の言い値で商売ができるようになるので、裕福な人だけが高度な治療にアクセスできるという構図が一般的になる。
  2. えせ医療が横行する危険をはらんでいること。未承認の怪しげな薬による治療が蔓延する恐れがあります。
  3. 医療保険本体が悪用される。例えば,美容整形手術が目的なのに、保険病名をつけて入院させるというようなことが起こると、保険診療の財源が無駄に使われてしまうことになります。
  4. 自由に値段がつけられる自由診療と保険診療との二本立ての制度になれば、承認を得るために高いコストをかけて臨床試験を行うよりも、製薬会社が存在しなくなり、保険医療が空洞化する。
  5. 規制改革会議の提言では、その目的を「(1)治療に対する患者の主体的な選択権と医師の裁量権を尊重」とあるが、患者と医師とでは医療に関する情報格差は大きい。まして先進医療となるとなおさらである。結局医療側の言葉に誘導されて、高額な医療負担を強いられる可能性がある。医療事故が起きても「自己責任ですよ」で補償は受けられない。「選択の可能性が広がる」と「自己責任」は表裏一体なのです。
  6. 万が一医療事故・薬害が発生したときの第三者機関による報告と集積、情報の公開の制度が必要であるが、これが担保されていない。
  7. 過去には医師が自由に投薬できることによって、多くの難病患者の命と健康が奪われたことを忘れてはならない。(サリドマイド、スモン、薬害エイズなどなど)
  8. 未承認薬の情報は、一部の専門家に握られており、彼らの見解に誘導されやすい。また、一部の専門家と製薬企業が「夢の新薬」として宣伝してきた薬が、後になって効果が疑問だったり、重篤な副作用があることが分かったという例はたくさんある。患者が主体的に選択するために必要な情報が提供されるか疑問である。
  9. 患者が未承認の薬や医療機器の使用を望めば、15箇所の臨床研究中核病院が申請し、「前例のない治療」は原則6週間で、前例のある治療は2週間で判断することになっているが、中核病院と連携する地域の診療所でも実施できるとしている。これでは国内で実績のない治療法が、臨床研究中核病院をフィルターにして、市中病院や診療所にも広がっていきかねない。
  10. これは保険会社にとっては大きな魅力である。現在の「先進医療特約」は限られた医療施設でしか使えないが、今後は町の診療所でも「患者申出療養」が実施できるとなれば、大々的に宣伝されるだろう。日本人の国民性からして、たくさんの加入が見込まれるから保険会社としては千載一遇のチャンス到来である。
  11. 2例目からは個別症例ごとの必要性は審査されない。したがって、
  12. 3.とも関連するが、必要性の乏しい患者に、安易に未承認薬が投与される恐れがある。この制度は本来倫理的観点からの例外的措置であるはずだから、重篤で命にかかわり、他の治療手段がなく、臨床試験に参加できない場合に限るべきである。しかし、この法案にはそうした限定要件を定めていない。
  13. 安全性・有効性の審査が可能とは言いがたい。1例目については6週間、2例目以降は2週間で審査すると言うが、命にかかわることが、早ければ良いってものではないだろう。このような短期間で安全性と有効性が十分に審査できるとはいいがたい。審査方法は「合議」とされ、持ち回りでも良いというのだからなおさらである。
  14. 現行の先進医療においていも、これまで109件が実施されたが、保険に収載されたのは8件に過ぎない。日本医師会の横倉会長は「有効性・安全性を評価した上で、将来的に保険収載を目指すことが盛り込まれている。これらの点から、最低限の担保がなされた」と判断して、今回の法改正を認めたと報じられているが、まったくその保証はない。
  15. 製薬企業と医師とが、多くの新薬の治験・臨床研究においてデータの捏造などの不正を繰り返している現状で、エビデンスの質が確保できるのか疑問である。臨床研究中核病院にディオバン事件の舞台となった複数の病院が含まれていることは、この疑問を更に押し上げる。
  16. このようにしていくら症例を集めても、症例研究の域をでず、臨床研究を経て保険承認につながるはずがない。その方策も明記されていない。この制度ができたことによって、逆に保険承認になる薬が減る恐れがある。

良いこことは一つもない。社会保険と民間保険の境界域が曖昧化し、相互補完、相互乗入れが行われる。現に、住友生命、チューリッヒ生命、オリックス生命など昨年6月以降、キャッシュレスを謳い文句に保険金を医療機関に支払う「直接支払いサービス」に乗り出しており、厚労省保険局は保険会社からの出向者を受け入れている。

小泉政権時代に規制改革・民間開放推進会議議長を務めたオリックスグループの宮内義彦会長は、週刊東洋経済でのインタビューで、公的医療保険の総枠を縮小し、自由診療部門を拡大すべきだして、「金持ち優遇だと批判されますが、金持ちでなくとも、高度医療を受けたければ家を売ってでも受けるという選択をする人もいるでしょう」と述べた。それがいやならば「特約」のついたオリックス生命の保険に加入しなさいということだ。いや、まもなくそうなる。

混合診療解禁の問題は、是か非かではなく、必要な治療法が迅速に保険収載(承認)されていないことが問題の本質なのである。

ところで、PET-MRIなど使わなくても、PETとMRIを別々にやれば健康保険で賄えると思うのだが、素人考えだろうか? PET-MRIの利点は何だろう?


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する 再発したら抗がん剤は使わない 再発・転移したときの選択肢としては、抗がん剤を使うのかどうかです。手術できない場合は、抗がん剤で転移したがんが治ることはほとんどありません。乳 […]
  • CRP値にはもっと関心を持って欲しいCRP値にはもっと関心を持って欲しい CRPとは 血液検査の結果に「CRP」という項目があります。 C反応性蛋白:C反応性蛋白の産生量は炎症反応の強さに相関するため、血清中のC反応性蛋白を定量して炎症反応の指 […]
  • 緩和ケアと抗がん剤の止めどき緩和ケアと抗がん剤の止めどき 抗がん剤はいつまで続ければ良いのでしょうか。抗がん剤の「止めどき」の判断は難しいですね。「今のが効かなくなったら、次の抗がん剤。その次の・・・」と、なんとかもう少し延命したいと考 […]
  • 血糖値が高いと、充分ながん治療が受けられない血糖値が高いと、充分ながん治療が受けられない がん患者は糖尿病を併発している 東京築地の国立がん研究センター中央病院でも、糖尿病を合併する患者は多いようで、入院病床600のうち、約60人は糖尿病を合併しているそうです。 […]
  • がんの自然退縮ってどれくらいあるの?がんの自然退縮ってどれくらいあるの? 自然退縮は結構ある 治らないがんを宿した患者なら、誰しも「自分のがんだけは奇跡的に治って欲しい」と願うものです。そして、がんの「自然治癒」「自然寛解」「自然退縮」という現象 […]
  • 緩和ケア「想定外のことばかり」緩和ケア「想定外のことばかり」 今年も沢山ご訪問くださり、ありがとうございました。来年は膵臓がんに、免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」が使えるようになり、光免疫療法の治験が始まる、そのような初夢 […]
  • 丸山ワクチンは今・・・ 効くのか効かないのか丸山ワクチンは今・・・ 効くのか効かないのか 丸山ワクチンって? 「丸山ワクチン」については、最近のがん患者ではご存じない方も多いようですが、一時はブームになりました。 丸山ワクチンは、日本医科大学皮膚科教授だった丸 […]
  • 今日の一冊(86)『最新放射線治療でがんに勝つ』今日の一冊(86)『最新放射線治療でがんに勝つ』 宇都宮に高精度放射線治療センター はっきり言って、宇都宮セントラルクリニックの宣伝本です。このクリニックは、放射線による画像診断を得意としてきたのですが、この冬にはサイバーナイ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です