スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

甲状腺がんの疑い?

今日は1年ぶりのがん研、定期検査でした。
血液検査の結果:

Photo

HbA1cがまた高くなっている。7.8%。先月地元の病院では7.0だったので徐々に悪くなっている。治療方針を変えるべきか?

CEAが5.8ng/dLと基準値越え。これは術後初めてのできごとだ。ま、時系列でみると若干の上下を繰り返していて、その範囲内だと言うこともできるが、気になる。

CA19-9は問題なし。

CT画像の結果は、局所再発、遠隔転移の兆候はなし。肝臓も肺もきれいです。しかし、放射線医の指定で「甲状腺に腫瘤の疑い」と書かれていた。確かに三年前の画像と比較すると影が大きくなっている。三年前には気づかなかったか。膵がんの転移ではありません。膵がん細胞ならこんなにゆっくりと進行するはずはない。

Photo_2

来月超音波で検査することになった。

甲状腺の腫瘍のうち大部分は「良性」で、がんではない。しかしながら、中には大きくなったり、ほかの臓器に広がる「悪性」の性質を示す腫瘍があり、これを甲状腺がんという。甲状腺がんでは、通常、しこり(結節)以外の症状はほとんどないが、違和感、痛み、飲み込みにくさ、声のかすれ(嗄声)などの症状が出てくることがある。

下線の部分に引っかかる自覚症状があります。

甲状腺がんの中でも髄様がんの場合には、特にカルシトニン(甲状腺から分泌されるホルモン)やCEAなどの腫瘍マーカーの値が上昇する

もしかするとCEAの上昇は甲状腺がんのせいかもしれない。仮にがんだとしても、3年でこの程度の増大なら、ごく一般的な進行が緩やかなタイプだろう。外科手術で完治することが多いし、取り切れなくても天寿を全うすることが多いと言われている。ということで、まったく心配はしておりません。

万が一甲状腺がんだとすれば、3.11の福島第一原発の事故によって放出されたヨウ素131の影響という可能性も否定できないと思っています。セシウム137の放出経路はだいたい分かっているようですが、study2007さんの『見捨てられた初期被曝』にも書かれているように、ヨウ素131の放射能がどういう経路で、どこに、どれだけ流れていったのかはほとんど分かっていないのです。

「100歳まで生きてがんで死ぬ」が望みですが、そのがんが甲状腺がんになるかもしれないね、というわけですね。

      喜びも 半ばごろの 八年目

【面会の掛け持ち】
診察が終わって、たまたま入院していたhdさんと面会の約束をしていたので、病室へ。さらに、私の高校時代からの古い友人(この2月に膵がんのステージⅣbを告知された)も、急遽同じフロアに入院することになったので、ダブル面会。3人でデイルームで懇談しました。
hdさん、頑張っていますね。本人は「病院から見ると瀕死の状態」と言っていましたが、見た目は元気でした。私の友人も、彼からたくさんの勇気を戴きました。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • インフルエンザにはお茶でうがいをインフルエンザにはお茶でうがいを 確定申告の時期なので、今日は残った3ヶ月分の仕訳を「やよいの青色申告」に入力した。あとは決算処理と所得税の計算が残っている。なんとか来週中には終わりそうです。 インフルエン […]
  • 国営武蔵丘陵森林公園の紅葉国営武蔵丘陵森林公園の紅葉 2年前に高尾山に紅葉撮影ドライブに行って以来です。 久々の紅葉。さてどこに撮りに行こうか。まだ行ったことのない国営武蔵丘陵森林公園に的を決めました。 広大な国立公園 […]
  • ウコン、ターメリック、クルクミン 今朝は全粒パンに目玉焼き、野菜にはバージンオリーブ油の食事。 全粒パンはBoulangerie […]
  • 歩け!歩け! 今週の運動量歩け!歩け! 今週の運動量 今週のウォーキング・メーター 一日平均で1時間、7000歩ほど歩いています。がん生存者のガイドラインは十分に満たしています。カメラを担いでの散歩は時 […]
  • 今日の一冊(59)『余命半年、僕はこうして乗り越えた!』 がんの外科医が診察中に下血。検査の結果は「肝転移を伴う、根治が難しい進行胃がん。治療しなければ余命半年」と、告げられる。 著者の西村元一先生は、金沢赤十字病院の副院長であり […]
  • 人生から期待されている人生から期待されている 治らないがんになったら、絶望感でいっぱいになる。あれもこれも心配の種ばかりになってします。仕事はどうなるのか、死んだあとの家族の生活は、なりよりも、俺が死ぬとはどういうことなのか […]
  • EBMは神話か?EBMは神話か? 東海大学循環器内科学教授 後藤信哉氏が『EBM神話の終焉とPrecision medicineの裏側』という記事をMedical […]
  • 患者よ 混合診療解禁の口車に乗せられるな! 私の混合診療に反対の理由は、第一には昔の歯医者でのいやな思い出だろうか。しばらく歯医者には行っていないから分からないが、今でもそうかもしれない。歯科医に初診でいくと初診カードを渡 […]

甲状腺がんの疑い?” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    ババリーナふじこさん。
    素早い反応ですね。大丈夫、ぜんぜん心配しておりません。
    今日は新しいカメラが届いたので、その対応に忙しくて、検査結果のことなど考えている暇がありません。

  2. ババリーナふじこ より:

    師匠! 師匠に関しては、(基本的に)何の心配もしておりません。
    実は、これは、ある方が私におっしゃった言葉。続けて、「ふじこさんは、ブレないって分かっているから。揺れても、ちゃんと戻る」ですと。その時は、内心、「ちょっとは心配してよ!」って、思いましたけど。師匠の場合は、ブレないか、微震でしょうが。
    もうすぐ、8回目のお誕生日ですね。あっという間に残念な結果になることも多い中、不都合っぽい事が現れてくる程、お元気で過ごされているのですもの。すごい!
    これからも、お手本にさせていただきます。
    ところで、hdさんの近況報告、ありがとうございました。ほっ、よかった~。

コメントを残す