日光輪王寺、鬼怒楯岩大吊り橋

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき

古今集の猿丸太夫の作と云われ、小倉百人一首にもおさめられている歌ですね。

日光輪王寺の逍遙園駐車場で鹿に出会いました。牡鹿ではなかったが、「なんで、ここに鹿が?」と一瞬目をこすりました。

DP3M3089

4月の下野新聞に紹介されていましたが、交通事故で親鹿が死に、その後町中で暮らしているらしい。どおりで、人慣れした様子でした。

20151104_10_36_50

本降りの雨の中、日光と鬼怒川に行ってきました。まずは輪王寺逍遙園へ。

スライドショー:日光輪王寺、鬼怒楯岩大吊り橋(25枚)

DP1M2645
DP2M4304
DP1M2651
DP3M3075

 

DP3M3069
DP1M2659

 

鬼怒川温泉の宿へ向かう途中で、「鬼怒楯岩大吊り橋」

 

DP1M2665

 

DP3M3105
DP3M3100
DP1M2668


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がん治療「免疫細胞療法」 神大病院、実用化へ研究がん治療「免疫細胞療法」 神大病院、実用化へ研究 神戸大学医学部付属病院が、「免疫細胞療法」の臨床研究を近く始めると報道されました。2年間かけてどの癌に効果的かを臨床研究するそうです。すい臓癌も対象になっています。 【記事全 […]
  • テリーさんへの手紙テリーさんへの手紙 テリーさん。手術の成功と退院、おめでとうございます。今は少しは食事もとれるようになってきた頃でしょうか。 そしてこれから術後補助化学療法としての抗がん剤治療が始まりますね。 […]
  • 今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』 膵癌の腫瘍内部は低酸素状態になっているために、通常の放射線では効果が限定的です。しかし、重粒子線は拡大ブラッグピークという現象もあって、膵癌の腫瘍細胞を効果的に死滅されることがで […]
  • 今日の一冊(96)『美しき免疫の力』今日の一冊(96)『美しき免疫の力』 『美しき免疫の力』人体の動的ネットワークを解き明かす 読み応えのある本でした。読み終わるのに1週間かかりました。免疫学者たちの探究が、まるでシャーロック・ホームズの活躍を見 […]
  • YouTube第三作目YouTube第三作目 しばらくはYouTube向けの画像編集の学習をやっています。 動画を作成するのは結構時間がかかりますね。ま、いまは初心者ですから、いずれはコット効率良くなるでしょう。 さて、術後 […]
  • 予防原則-過去の過ちから学ぶこと フロンがオゾン層を破壊して皮膚がんが増えると、使用を制限するためのモントリオール議定書が結ばれようとしたとき、日本政府は「科学的に証明されていない」として批准をせず(のちに批准) […]
  • 今日の一冊(113)「死に逝く人は何を想うのか」今日の一冊(113)「死に逝く人は何を想うのか」 佐藤由美子さんは、ホスピス緩和ケアを専門とする米国認定音楽療法士です。長年米国のホスピスで音楽療法を実践してきた方です。またブログ「佐藤由美子の音楽療法日記」も開設されています。 […]
  • 補完代替医療を考える(2)補完代替医療を考える(2) ある調査によれば、がん患者の4割以上がなんらかの抗がんサプリメントを使用しているといいます。実際はもっと多い気がします。 サプリメントにも流行や廃れがあります。サメの軟骨な […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です