スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第11回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年10月10日(日) 13:00~15:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】患者さん同士の交流会のみの開催です。迷っていること、気になることなど、同じ病気の仲間と気軽におしゃべりしましょう。

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

緩和ケアの冊子-ホスピスの探し方など

乳がん患者2人が緩和ケアの冊子を作ったわけ

日経Goodayの記事『乳がん患者2人が緩和ケアの冊子を作ったわけ

Sasshi

チーム医療が大切と言われている。早い段階からの緩和ケアが患者の予後を改善すると言われている。しかし、現実には緩和ケアに対する医師の考え方もいろいろ。

いずれやってくるがんの終末期。がんの痛みが軽くなれば、生存期間も延びるし、生活の質(QOL)も良くなるという研究もあります。

二人の乳がん患者が、がん患者の立場から知っておくべき緩和ケアの知識をまとめた小冊子『がん患者のための緩和ケアの受け方』を作成しました。

冊子の内容をこちらのサイトから読むことができます。

「がん患者のための緩和ケアの受け方」

  • どうして多くの人が最後まで抗がん剤治療をしているのか
  • 病院の患者会で、先輩から「治療を止めたら、がん難民になるわよ」と言われた
  • 自分が実際に入ろうと考えると、費用の問題はとても重要でした。それに、調べてみると、急にはなかなか入れなかったり、紹介状が必要だったりと、知っておくべきことがたくさんありました。
  • 患者は今の自分に何が必要かをきちんと知っておくことが、とても大事
  • 患者が希望すれば、当然、緩和ケアの専門家に紹介してくれるものだと思っていました。でも、それがうまくいっていない。
  • 患者が受けたいと言っても、「緩和ケアはまだいいよ」と主治医が言ったら、それでおしまいです。緩和ケア科は、紹介状がないと予約も取れないところが多い。
  • 精神面なども含めた全人的ケアは理想ですが、今の日本ではそのようなケアを期待できる施設は、あまりありません。
  • 理想的な緩和ケアが望めなくても、身体的苦痛だけはきっちり取ってもらいたい
  • 「痛みを軽くしてほしい」と望むことをためらう人が多い。この小冊子は、患者が痛みの軽減に消極的にならないようにということで、情報提供をしています。
  • 精神的な苦痛は、とにかく一人で抱え込まない。患者会に参加しよう。

私たち患者は、緩和ケアについて、疼痛治療について、
正しい知識を持って、準備をしておく必要があると思います。
元気なうちに無駄なく行動する為に、まずは、この冊子に目を通してみてください。

ホスピスの探し方のフローチャートなどは、実際の体験をもとに調査して書かれています。

疼痛管理に使われる漢方についても分かりやすくまとめられています。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がんペプチドワクチン臨床研究:和歌山医大以外でもがんペプチドワクチン臨床研究:和歌山医大以外でも 「市民のためのがんペプチドワクチンの会」公式ブログ10月1日付によると、 ①従来、HLAの型が不一致で臨床研究に参加できなかった患者さんも救う HLAの型が不一致であるなど、 […]
  • 代替医療はニセ科学か、それとも・・・代替医療はニセ科学か、それとも・・・ 現代医療(正統医療)の側からは、二重盲検法などの実証的な検討が必要だと主張する根拠として、プラシーボ効果を排除しなければならないからだという。しかし、プラシーボ効果でない「本当の […]
  • チェルノブイリ事故から30年チェルノブイリ事故から30年 自分の生きているあいだには、福島のような事故は多分起きないだろう、という淡い期待は、こんなに食事や健康に気をつけているのだから、私が癌になるはずはないだろう、と同じ。なんの根拠も […]
  • 費用という副作用費用という副作用 TPP交渉が大詰めを迎え、バイオ医薬品などの知的財産権の特許期間が8年で合意しそうだと報じられています。分子標的薬などの新しい抗がん剤が、8年間はアメリカの製薬企業の言い値で買わ […]
  • ECRR2010年勧告の概要・和訳完成 ECRR(欧州放射線リスク委員会)2010年勧告の翻訳は、こちらの美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会にアップされているが、このほど山内和也氏の監修の元、書籍としても出版さ […]
  • 「全ゲノム検査」に期待する「全ゲノム検査」に期待する 免疫チェックポイント阻害薬もCAR-T療法も、T細胞免疫の力を借りているわけですが、欠点としては腫瘍特異的ではないこと。つまりがん細胞にだけ攻撃をするのではないので、この点の研究 […]
  • 飯舘村~人間と放射能の記録~飯舘村~人間と放射能の記録~ 昨夜のNHKスペシャルは、涙と怒りなしには観られなかった。放射能は空間的・時間的に広がる。そして家族を壊し、地域の絆を壊し、生活を破壊し、農業も酪農も根こそぎ破壊する。子どものこ […]
  • 今日の散歩 食い倒れ横町、バーボンロード今日の散歩 食い倒れ横町、バーボンロード 蒲田駅西口は飲んべえの天国です。東急線の下はほとんど飲み屋で、ここが食い倒れ横町、その先がバーボンロードと、酒に縁のある名前が続きます。ちょうど五反田からの電車が上を通ります。そ […]

緩和ケアの冊子-ホスピスの探し方など” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    はなさん。
    医療者同士の連携がうまくいったようで、良かったですね。
    一日でもおだやかな日々が続くことを願っています。

  2. はな より:

    弟の場合は、9月26日の診察の時(数値的には抗がん剤投与が可能ですがどうされますか?)と聞かれ(出来るなら)と投与しました。でも3日後容態が悪くなり入院。抗がん剤投与の終了と共に、緩和ケア病棟のある病院への紹介状をもらいました。スムーズに緩和ケアに入ることができガン難民にはなりませんでした。大学病院と近くにある藤田衛生大学の緩和ケアがうまく繋がっているようです。その点ですごく良かったと思っています。今は抗がん剤も抜けつつあり発毛や食欲の回復など穏やかな毎日を過ごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です