スポンサーリンク

インスリンとインフルエンザ

LINEで送る
Pocket

どうやら何年ぶりかでインフルエンザに罹ったようです。息子がB型と診断されて会社を休んでいるのですが、それを移されたのかもしれない。

37.3度の微熱と関節の痛み、咳とたん。私は重症にならなければ病院には行かない。インフルエンザ・ウイルスに効く薬はないから。

気になるのは血糖値。今朝の空腹時血糖値が88mg/dL。低血糖のぎりぎりの線か。先月は71mg/dLで低血糖の症状が出た。インスリンを8単位から6単位に減らしてみた。食後に測ったら212mg/dLだった。

インフルエンザなどの感染症は体にとって大変なストレスになる。感染するとウイルスを退治する働きが起こる。血糖を上げる作用のあるホルモン(インスリン拮抗ホルモン)や炎症性サイトカインが増加し、血糖を下げるホルモンであるインスリンの作用が低下し血糖が上昇する。

  • 主治医に連絡し指示を受ける。医師はインスリン注射を行っている患者が病気のときに、インスリン注射量を調整するようアドバイスすることがある。
  • インスリン注射で治療をしている人は、食事をとれない場合でも注射を中断しない。
  • 少なくとも4時間ごとに血糖自己測定を行い、血糖の変動を記録し医師に伝える。
  • 水分を十分にとり脱水を防ぐ。通常の食事を続けるか、それができない場合は消化の良い食物をとる。なるべく炭水化物を通常量通りとるようにする。
  • 体重を毎日はかる。体重が減っている場合は高血糖が疑われる。
  • 朝晩に体温をはかる。発熱している場合は感染症が疑われる。

インフルエンザや風邪に感染すると「血糖値は上昇する」とされているが、私の場合は下がっている。どうなっているんだろう。

前日の総歩数が16000歩、速歩時間が70分だったから、強度(私としては)の運動による血糖値低下かもしれない。

症状が治まるまで「糖質制限食」は中止だ。それに3食前に自己血糖測定値を測ってみよう。それでインスリンの量を細かく調整する。

明日は鎌倉に相棒と写真撮影に行く予定だったが、仕方なくキャンセル。桜はどこへ行こうかと思案中。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 傷だらけの黒揚羽傷だらけの黒揚羽 先月、高知の「モネの庭」で撮った一枚の写真が気になって仕方がない。一匹の黒揚羽が林の中でじっとしていた。ファインダー越しに見ると、羽もあちらこち らがちぎれて痛々しい。時折レス […]
  • 日吉ミミさん、膵臓がんで死去日吉ミミさん、膵臓がんで死去 ビックリしました。手術をして経過が良いと聞いていたのですが。6月11日の肝胆膵学会にゲストとして参加するとかの噂もあったようですが、その様子もないのでおかしいなと思っていました。 […]
  • 今日の一冊(105)「死」とは何か:イェール大学で23年連続の人気講義今日の一冊(105)「死」とは何か:イェール大学で23年連続の人気講義 私の生き方は、やがて死ぬという事実にどのような影響を受けてしかるべきなのか。必ず死ぬという運命に対して私はどのような態度をとるべきなのか。例えば死を恐れるべきなのか、やがて死ぬと […]
  • 大津秀一先生のブログから、膵臓がんに関する記事大津秀一先生のブログから、膵臓がんに関する記事 大津秀一先生のブログから、膵臓がんに関するものをピックアップしてみました。 膵臓がん以外の癌腫を対象としたものも記事も含んでいます。 […]
  • 週刊新潮に膵臓がんの最近治療情報週刊新潮に膵臓がんの最近治療情報 週刊新潮の11月26日号に、富山大学附属病院 […]
  • 今日の一冊(99)『QOLって何だろう』今日の一冊(99)『QOLって何だろう』 抗がん剤の効果がなくなって、次に使える薬もないとき、否応なく「自分の人生観」や「価値観」、「いのちとは何か」を考え、これからどのように生きるのか、あるいはどのようにして「死」を迎 […]
  • 第7回WEB交流会の報告第7回WEB交流会の報告 清水研先生をお迎えしての第7回『膵臓がん患者と家族の集い』WEB交流会は、28名の参加申込で、3時間半の長丁場でしたが、無事に終了しました。 この日は、パンキャン北 […]
  • 心と癌と量子力学の関係(3)心と癌と量子力学の関係(3) 沫雪(あわゆき)の中にたちたる三千大千世界(みちあふち)またその中に沫雪ぞ降る 良寛にこんな歌があります。三千大千世界を「みちあふち」と読ませ ていますが、三千大千世界とは、仏教 […]
LINEで送る
Pocket

インスリンとインフルエンザ” に対して6件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    やすさん。
    具体的に計画しますから、その際にはぜひ参加を。

  2. バラン より:

    お加減いかがでしょうか?
    どうぞご自愛ください。

  3. やす より:

    がん患者による、撮影会
    笑っちゃ失礼ですが、なんかいいです!!!
    是非参加します

  4. キノシタ より:

    もこさん、ジイジさん。ご心配ありがとうございます。
    10時間寝て、まだだらだらと寝て過ごしています。これ以上は悪化しないような気がします。
    鎌倉での「すい臓がんカフェ IN 鎌倉写真撮影会」いいですね。
    「膵臓がんなんて吹っ飛ばせ! 患者と家族でいま生きている時間を満喫し、免疫力をアップしよう」
    行くなら桜の時期でしょうか。でも参加者がいるかなぁ。北鎌倉で集合して南下し、最後は長谷寺というコースかなぁ。

  5. ジイジ より:

    無理をなさらぬようご自愛くださいませ。
    ハードな日々の連続でしょうから、ここらで休息しなさいとの神様の仕業でしょうから。
    鎌倉の写真撮影はいいですね。
    すい臓がんカフェ IN 鎌倉写真撮影会なんてどうでしょうか?
    でも今はしっかり休んで回復してください。

  6. もこ より:

    大丈夫でしょうか。。
    ご快癒を祈っております。
    寒の戻りが続くようです。
    どうぞお大事になさって下さいませ。
    m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です