膵がん腹膜播種の形成をプラズマ活性乳酸リンゲル液で抑制-名大

Web交流会のご案内

【日 時】2021年2月7日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】20名
【内 容】
第一部 「がんゲノム医療とリキッドバイオプシー」について患者の和田さんが解説
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

082c88a04afa5c8bc4760b3a9630ab13

膵がん腹膜播種治療の新たな治療戦略

膵がん腹膜播種の形成をプラズマ活性乳酸リンゲル液で抑制-名大

名古屋大学は11月21日、プラズマ活性乳酸リンゲル液が、膵がん腹膜播種治療の新たな治療戦略となる可能性があることを明らかにしたと発表した。

細胞死を介した抗腫瘍効果を確認

研究グループは、名古屋大学で開発した大気圧プラズマ発生装置を用い、日常診療で使用されている乳酸リンゲル液にプラズマを照射して「プラズマ活性乳酸リンゲル液(PAL)」を作成。まず、PALを膵がん細胞に投与し、細胞死を介した抗腫瘍効果をもたらすことを確認したという。

また、プラズマの抗腫瘍効果には活性酸素種が重要な働きをしていることがこれまでの研究において報告されていることから、今回の研究では、活性酸素種の阻害物質とともにPALを膵がん細胞に投与。その結果、その抗腫瘍効果は阻害され、PALの抗腫瘍効果でも活性酸素種が重要な働きをしていることがわかったという。

さらに、マウス膵がん腹膜播種モデルを用いて、PALの有効性、安全性について検討。膵がん細胞をマウスの腹腔内に投与し、経時的に腹膜播種の形成状況を生体発光イメージングにより観察した。その結果、PALを投与しなかった群では経時的に腹膜播種が増大・増加したのに対し、PAL投与群では腹膜播種がわずかしか形成されず、PALに腹膜播種形成を抑制する効果があることが示されたという。またこの実験中、PAL投与群では明らかな有害事象を認めなかったとしている。

膵臓がんから腹膜播種になれば、対処療法の他はほとんど打つ手はなかったけど、一縷の希望が見えてきた。

名古屋大学 プレスリリース

ポイント

  • 乳酸リンゲル液に大気圧プラズマを照射したプラズマ活性乳酸リンゲル液が、膵癌細胞株に対して抗腫瘍効果があることを明らかにしました。
  • プラズマ活性乳酸リンゲル液が細胞の接着能を低下させることが示されました。
  • プラズマ活性乳酸リンゲル液が腹膜播種形成を抑制することが示され、膵癌腹膜播種に対する新たな治療戦略となる可能性が明らかとなりました。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 品川散歩品川散歩 退院まであと少しです。毎日リハビリで二時間ほど旧東海道や品川浦周辺を歩いています。 雑貨カフェ:オーナーはデザイナーで、ここのオリジナルケーキは地元の主婦に人気だそうです。 […]
  • 「がんペプチドワクチン療法」は夢の治療法か?(5)「がんペプチドワクチン療法」は夢の治療法か?(5) 【情報を追加】最下段にペプチドワクチンに関する情報を追加しました。 一週間ぶりの更新です。年末にも書いたとおり、3月中旬まではめっぽう忙しく、ブログの更新は後回しの処遇を受 […]
  • ステージ4をぶっ飛ばせ!ステージ4をぶっ飛ばせ! 元聖路加病院精神腫瘍科医師で精神腫瘍学の保坂隆先生のブログに「ステージ4をぶっ飛ばせ」という記事が連載されています。 ステージ4の前立腺がんから回復したFさんのこと […]
  • 9/21 佐藤典宏先生の講演、締切まで5日9/21 佐藤典宏先生の講演、締切まで5日 9月21日の『膵臓がん患者と家族の集い』佐藤先生の講演も申し込みが続いています。 予想では50人いくかな? […]
  • 週のはじめに考える「言わねばならないこと」週のはじめに考える「言わねばならないこと」 ふうきさんのご冥福をお祈りいたします。2006年に切除不能の膵頭部がんの告知をされ、抗がん剤だけで6年もの長きにわたって闘病されました。副作用に絶えてでも生きる価値もあるのだ、と […]
  • エビデンスだけでがん治療ができるのか?(9)エビデンスだけでがん治療ができるのか?(9) 著名な腫瘍内科医が「エビデンス(科学的な根拠)のない治療を患者に行うことは倫理に反する。ニュルンベルク綱領やヘルシンキ宣言に反する人体実験だ」などと述べています。確かに巷の一部の […]
  • 自分がコントロールできないことには悩まない自分がコントロールできないことには悩まない がんが治るか治らないかなんてことにも、人間の力の及ばない領域がある。及ばない領域のことを考えて、堂堂巡りしているのが多くの迷えるがん患者だろう。 自分に今できることを、継続 […]
  • 満身に怒りを込めて児玉龍彦氏【追記あり】満身に怒りを込めて児玉龍彦氏【追記あり】 東大病院にもまともな先生がいるということですね。衆議院厚生労働委員会7/27の録画です。 2011年7月27日 (水) […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です