競馬予想とがん治療

LINEで送る
Pocket

競馬は先週で最後と書いたのですが、JRA-VANの無料試用期間がまだ残っているようだったので、今日の安田記念に挑戦してみました。

1着10番モズアスコット、2着4番アエロリット、3着1番スワーヴリチャードでした。単勝9番人気のモズアスコットが1分31秒3のコース・レコードタイムで優勝です。配当は馬連4-10で7,370円。

私、10番のモズアスコットから流して4点各500円を買いました。

投資額:2,000円、配当:36,850円でプラス 34,850円です。

先週の日本ダービーに続く勝利でした。

競馬にはこんな仮説を立てています。

  1. 競馬や馬が走っているのではなく騎手が走っているのだ
  2. 競走馬が常に全力を出しているのではない。9番人気のモズアスコットがレコードタイムで勝利したのがよい例です。全力を出したらサラブレッドの足は持たないのです
  3. 競馬はレースではなく、あるシナリオの元に興行されるゲームである。ゲームに参加した騎手全体が、シナリオの下に走っている
  4. したがって、過去のレース実績や芝・ダートの得手不得手など、一切考える必要はない。

私は馬の名前も知らないし、騎手は武豊しか知りません。3連単や3連複の違いも解りません。それでも勝てます。

AIで強い馬を予想するソフトはたくさんあるが、的中率を上げても回収率が悪く、100%に届かない。これではゲームには勝てない。

私がなぜ9番人気のモズアスコットを軸にして馬券を買えたのか。その秘密はリアルタイムのオッズにある。リアルタイム・オッズにゲームのシナリオが現れてくるのです。(ま、それなりの分析は必要だが)

がん治療において、代替療法を吟味する時も同じです。健康保険財政が逼迫して、厚生労働省の締め付けが厳しくなり、病院経営が困難になってきています。患者のことよりも病院経営が大事と考えるクリニックが、がん治療なら、免疫療法なら患者も大金を出すに違いないと、がん治療の経験の浅い医師でも参入してきています。

そうした相手が、どのようなシナリオを描いて、がん患者から金を巻き上げようとするのか、オッズならぬ相手の公開している情報から読み取ることが大事です。

競馬では、この馬は強いし早いという情報が、競馬新聞などを通じて流されます。馬は常に全力を出しているわけではないと分かれば、競馬新聞の情報など信じるに足りないと分かります。

免疫細胞療法のクリニックでも、相手のホームページに書かれた「副作用のないがん治療」や「再発や転移を防ぐ遺伝子治療」などという情報など、端から信じてはダメです。書かれていることよりも、何が書かれていないかに注意を向けることです。

AI学習用のビッグデータとして競馬データを扱ってきたけど、本当に今日が最後です。あとはやりません。

このブログの関連記事

  • 三重路の紅葉三重路の紅葉 先週に三重県内の紅葉の名所といわれるところを訪れてきました。車で往復1000キロの旅、事前にカーナビに地点データを登録して出かけました。 最初はいなべ市の聖宝寺。週末からライトア […]
  • 「自然療法でがん治癒」に有罪判決「自然療法でがん治癒」に有罪判決 オーストラリアでの話しだけど、日本でも似たようなことがあるよね。 オーストリア連邦裁判所は15日、脳腫瘍があったが自然療法で治癒したとうそをつき、書籍などを出版していたブロガー […]
  • 今日の一冊(134)『お茶の科学』今日の一冊(134)『お茶の科学』 お茶には強力な抗酸化作用があることが知られています。抗酸化作用によってがん細胞を死滅させることができます。 このブログでは何度も […]
  • ためしてガッテン:熟睡すれば血糖値が下がるためしてガッテン:熟睡すれば血糖値が下がる 「ためしてガッテン」今日はデルタパワー。 とは言っても、熟睡しているときだけ脳から脳波のデルタ波が出るのだが、熟睡ができれば、血糖値が下がるという話題でした。出席したのは大 […]
  • サプリメントは本当に効果はないのか?サプリメントは本当に効果はないのか? 20日に、BLOGOSにサステナブル(持続可能性)ビジネス専門家、田中めぐみ氏の『「サプリメントは効果なし」米医学誌がばっさり』との記事が載りました。(著者サイトはこちら) […]
  • 鹿児島大学病院:膵臓がん対象に、腫瘍溶解性ウイルスの医師主導治験鹿児島大学病院:膵臓がん対象に、腫瘍溶解性ウイルスの医師主導治験 正常細胞では増殖しないよう遺伝子改変が施されており、正常細胞を傷つけることはありません。高い有効性と安全性を兼ね備える治療法として期待されています。 国内では第一三共やタカラバ […]
  • がん放置療法:特報首都圏がん放置療法:特報首都圏 昨夜のNHK特報首都圏は『がん治療 […]
  • 今日の一冊(24) 澤田瞳子『若冲』今日の一冊(24) 澤田瞳子『若冲』 伊藤若冲は、江戸時代中期の京にて活躍した絵師。若冲と腹違いの妹お志乃、それに義弟の弁蔵を中心に物語は展開する。弁蔵の姉お三輪は、若冲に嫁いだ2年後に自害するのだが、それを […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です