6月1日から医療広告規制が始まった

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

前回の『比較:免疫細胞療法クリニック』では代表的な免疫細胞療法クリニックを取りあげましたが、それら以外にも本当にたくさんのクリニックがあります。

Webサイトの片隅に「延命効果はない」という自分たちの臨床試験結果を、ひっそりと載せている瀬田クリニックなどはまだ良心的?な方で、患者のことより金儲け第一のクリニックが氾濫しています。

2018年6月1日、ネット広告に関する新しい医療広告ガイドラインが施行されました。医療機関のWebサイト全体が「広告」とみなされ、患者の体験談や、CT画像を使ってもいわゆる「Before After」の写真も制限されて、治療内容や費用、合併症・副作用などのリスクについて詳しい説明を加えるない限り掲載できないことになります。

そこで巷の怪しげなクリニックが「抜け道」を探している。SEO専門家の辻正浩氏が解説しています。

SEO(検索エンジン最適化)でGoogleの検索結果を上位に表示させようという作戦です。外部インクが多ければ、より検索の上位に表示されるというグーグルのアルゴリズムを悪用しようということです。これを「リンクスパム」と言います。

この記事に取りあげられたのが医療法人輝鳳会「がんのクリニック」というサイトです。ごらんのように、免疫細胞療法がてんこ盛りです。

大量の廃棄ドメインを買い取って、外部ライターを使い、クリニックへのリンクされた記事を書かせるという手法です。医療の素人に書かせているため、「転移防止」が「移転防止」になっていたり、「免疫療法」を「粘液療法」としたりのお笑いのレベルです。

しかし、その効果があり、「NK細胞療法」や「がん遺伝子治療」で検索すると、結構上位に表示されます。

厚生労働省の締付で、医院の経営も苦慮しているようですが、それにつけ込んで細胞培養装置や培養バックを売り込みに来る業者もいるそうです。その簡単な培養装置を使って、クリニックの片隅でリンパ球を培養しているという、信じられないような話もあります。

クリニックの片隅で培養。このような貧弱な設備で大丈夫か?

「第4の治療法」として脚光を浴びている免疫療法ですが、オプジーボなどの黄河が証明された薬にしても、まだまだ効果は限定的で多額の費用がかかります。巷のクリニックで培養して免疫システムを操作できるなどと、信用する方が浅知恵です。

数億年かけて築き上げられてきた生物の免疫システムを、人類はまだわずかに理解し始めたばかりです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「がんナビ」で紹介していただきました。「がんナビ」で紹介していただきました。 『膵臓がん患者と家族の集い』が「がんナビ」で紹介されています。 正直驚きました。私からは何の依頼もしていないからです。 佐藤先生は、ご存じのように、膵臓がん専門の外科医であり […]
  • 給湯器、ここが安かった!給湯器、ここが安かった! 給湯器が寿命 建物も新築して10年はメンテナンスに気を使うことは少ないですが、それ以降はあちこちに不具合が生じてきます。給湯器も10年経つと故障が多くなるといわれています。 […]
  • 今日の一冊(96)『美しき免疫の力』今日の一冊(96)『美しき免疫の力』 『美しき免疫の力』人体の動的ネットワークを解き明かす 読み応えのある本でした。読み終わるのに1週間かかりました。免疫学者たちの探究が、まるでシャーロック・ホームズの活躍を見 […]
  • 今日の一冊(41)『がんとともに、自分らしく生きる』 ブログを書いている膵臓がんの方にも、強烈な副作用に耐えて抗がん剤を続けている方もいる。自分の価値観に従って、抗がん剤はしないという選択をした方もいる。抗がん剤は続けるけど、副 […]
  • サプリメントはどう選ぶ。メラトニンはもっと注目されてもよいサプリメントはどう選ぶ。メラトニンはもっと注目されてもよい 現代医学には限界がある 漢方は説明不足 […]
  • 官民挙げて、日本の免疫療法を確立すべきだ官民挙げて、日本の免疫療法を確立すべきだ 免疫細胞クリニックはデータを出すべきだし、ないのなら知恵を絞って臨床試験をしなさい。現状では「延命効果なし」といわれてもやむを得ないでしょ。医療の中心にいる方たちも、「エビデンス […]
  • 癌の怖さは死ぬことだけではない癌の怖さは死ぬことだけではない 筑紫哲也さんが7日に亡くなり、TBSで追悼番組が放映されました。マスコミが次第に権力にすり寄り、「権力の監視役」という本来の役割を放棄しつつあるときに、また一人、反骨精神のあるジ […]
  • 老化とがん老化とがん キーワードは「エピジェネティクス」 NHKスペシャルで放映された『人体 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です