新たな光療法の開発

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

小林久隆氏らが開発した光免疫療法の治験が、がん研究センター東病院で進んでいますが、甲南大学フロンティアサイエンス学部の三好大輔教授と川内敬子准教授らは、新たに光を利用してがん細胞の増殖や転移を促す分子だけを破壊する新しい治療法を発表しました。

NRASは、H-ras、N-ras、K-rasのRASがん遺伝子の1つで、EGFR(上皮成長因子受容体)からの細胞増殖のシグナルを核に伝達して、細胞増殖を進めるアクセルとしての機能を持つと考えられています。

NRASは球状で他の物質がほとんど結合しないために、薬の開発が難しかった。しかし、NRASの遺伝情報を伝達するNRASmRNAには四重らせん構造があり、亜鉛とフタロシアニンを結び付けた化合物ZnAPCが結合することが分かった。

ZnAPCに近赤外光を照射すると、NRASmRNAを分解して、RNAとしての機能を消失し、がん細胞の消失や増殖抑制につながる。

従来の化学療法などでは治療効果の低かった活性酸素耐性のあるがんや、腫瘍中心部の低酸素環境に存在するがんにも治療効果があるとした。

まだまだ試験管レベルの研究ですから、実用化までには時間がかかるでしょう。

光免疫療法も同じ問題を抱えていますが、がん細胞に結合する抗体と呼ばれる物質を見つけられるかどうかが、実用化の鍵になると思われます。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です