キーボードの分解掃除

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

今日は思いついてキーボードの分解掃除をしました。毎日使っているキーボード、弘法も筆を選びます。なんやかんやと一日に1万字くらいは打っているのではないでしょうか。

私の使っているキーボードは、東プレのREALFORCE 108UBK。変荷重/静電容量無接点。高級キーボードといわれ、根強い人気があります。18000円ほどするけど、その価値はあると思います。これはパソコン付属のキーボードと使い比べてみればすぐにわかります。

「贅沢にしてるねぇ」ってことはないですよ。ノートPCなんて、2009年製の富士通のFMV-S8390を、2013年に中古で実質17,000円で買い、いまだに使っています。(キーボードと同じ価格だ!)確か発売当初の価格は22万円でした。デジタルオーディオ専用機で、旧『すい臓がんカフェ』(現在は『膵臓がん患者と家族の集い』)にたまに持ち出してパワポを使うくらいですから、これで充分。製造から10年経つのに起動も速く快適です。もっとも、ハードディスクはSSDに載せ替え、Windows10にアップデートしメモリも増設しています。

必要なところに必要な投資をするということです。

東プレのREALFORCEの特徴

静電容量無接点の適度な反発感がいいんですね。疲れません。小指で押すキーは少し軽くなっている変荷重方式です。余計なひらがな刻印がないのも好感が持てます。

もう4年くらい使っているでしょうか。ときどきブロアーや綿棒で掃除をしてやっているのですが、キーキャップも相当汚くなってきたので、思い切って分解掃除をすることにしました。

ゴールドのレーザー刻印もきれいですが、薄汚れて見えます。「K」のキーだけは少し薄れた印象がありますが、私のイニシャルがKだからでしょうか。その他のキーは新品同様の輝きです。

用意する工具

キーキャップを外すのには、専用の引き抜き工具を使います。ピンセットやドライバーでも外れなくはないが、傷が付きます。

FILCO のKeypullerが一押しです。

対角する2つの角に引っかけて、真っ直ぐに上に引っ張るのがコツです。ときどき反動でキャップが飛んでいってしまいます。行方不明にならないように、部屋の中を整理してから作業した方が良さそうです。

キーボードの分解

REALFORCEの分解には工具は不要です。

メンテナンスを考慮した設計になっているんですね。メンテナンスをしながら長く使えるようにというメーカーの考えなのでしょう。

① キーキャップを外す前に、写真を撮っておきます。どのキーに入れれば良いのか、まちがわないためです。

② 裏ぶたにある4つのツメを指で押してやれば、上のカバーが徐々に外れてくれます。


スポンサーリンク

③ 上のカバーを外した状態。基板も四隅を落とし込んであるだけで、ネジなどは使っていません。

④ キーキャップをすべて引き抜きます。結構な埃やゴミがありますね。お茶ミルで挽いた緑茶の粉末もあるのかもしれません。白毛らしきものも。茶色くなっているのは、赤さびが浮いているものです。食べ物カスが入り込んでいたのでしょうか。

喫煙しながら打っている場合はもっと凄いことになっているのではないでしょうか。

キーキャップの洗浄

⑤ ぬるま湯に中性洗剤を入れて、キーキャップをごしごしとシジミを洗うように洗います。1個ずつ5つの面を丁寧に指でこすって汚れを落とします。風呂場で湯垢取りのメッシュに入れて洗ってやりました。

⑥ しっかり濯いだキーキャップは、新聞紙の上に広げて扇風機で良く乾燥させます。3時間ほど乾燥させたかなぁ。水分が残っていると故障の原因になります。

基板の掃除

⑦ キーキャップを乾燥させている間に、内部のゴミを取ります。インスリン注射の際に使っている消毒用エタノールを流用しました。これと綿棒やティッシュで丁寧に汚れを取っていきます。

⑧ すっかりきれいになりました。

⑨ 基板を取り外して、裏蓋もきれいにします。

組み立て

事前に撮影しておいた写真を見ながらキーキャップの取り付け。

スペースキーと矢印キーは、向きを間違えやすいです。高い方(左)が、キーボードの手前に来るようにはめ込みます。

完了です。綺麗になり、入力作業も快適です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 緑黄色野菜のがん予防効果。 世界初、科学的に証明緑黄色野菜のがん予防効果。 世界初、科学的に証明 緑黄色野菜の抗がん効果に関してはこれまで、疫学的には様々なデータがあるといわれてきました。がん予防には野菜や果物、ファイトケミカルを摂ることはいわば常識のようになっていたのですが […]
  • どうなる?膵癌ペプチドワクチンどうなる?膵癌ペプチドワクチン 大塚製薬がオンコセラピー・サイエンスとの契約を終了すると報じられています。大塚製薬が膵癌対象癌ワクチンOTS102のライセンス契約を終了2015/1/9 大塚製薬は、1月8日、オ […]
  • がんの臨界点で奇跡が起きるがんの臨界点で奇跡が起きる 先日の「膵臓がん患者と家族の集い」に参加された中に、複雑系の研究をされているという方がいました。このブログで過去に何度か複雑系とがんの関係について書いていますが、それを見てくださ […]
  • NHKドキュメンタリー 末期がんの“看取り医師” 死までの450日NHKドキュメンタリー 末期がんの“看取り医師” 死までの450日 昨夜放送された、医師で僧侶で末期の膵臓がんの田中雅博さんの死までの450日のドキュメント。看取りのプロの末期がんの様子を、母を膵臓がんで亡くしたディレクターが全てを撮影した。 […]
  • 血糖値上昇 & フコイダン血糖値上昇 & フコイダン 糖尿病を管理してもらっている医院で、先月測定したHbA1cの値を聞いた。 前回 6.0%  ⇒ […]
  • がんの自然治癒とプラシーボ反応がんの自然治癒とプラシーボ反応 多くの医者が、がんの”自然治癒(奇跡的治癒)”を目の当たりに見て経験しています。多くはないですが、宝くじに当たる確率よりも高そうです。 医師で『患者の力: […]
  • お昼はミシュランの蕎麦屋「しながわ 翁」お昼はミシュランの蕎麦屋「しながわ 翁」 今日は、入院中の病院から徒歩5分にある、2017年のミシュランガイドに紹介されたという名店「しながわ […]
  • GWはKindle本の出版準備でGWはKindle本の出版準備で GWも今日で終わり。国営ひたち海浜公園に行ったきりで、あとは家でごろごろ、でもなく、Kindle本の出版を目指して執筆に費やしていました。 来月で膵臓がんの手術後10年にな […]
LINEで送る
Pocket

キーボードの分解掃除” に対して3件のコメントがあります。

  1. バラン より:

    ご無沙汰しております。
    いつもブログの更新を楽しみにしております。

    REALFORCEは羨ましいですね!
    この度、数年ぶりにPCを新調し、キーボードの更新も検討中です。
    REALFORCEは店舗で実機にも触れましたが、実に素晴らしい作りで、欲しいキーボードの1つです。
    今使ってるのが、前回購入したPCに付属していた安物なので、
    キーボードは良いものを一度買えば一生物とも言いますよね(^^)
    私の一生もまだまだ続く事を祈念して、ここは良いものを購入しようと思っております!

    1. キノシタ より:

      バランさん。こんにちは。
      付属のキーボードや3千円程度の安物を使い捨てにするという考えもあるでしょうが、入力作業は毎日ですからね。
      分解掃除中に、ドスパラ付属のキーボードを使いましたが、打ち間違えが多い、多い。
      キーの感覚が独特で音も邪魔にならないですよね。
      良いものを長く・・・。もちろん膵癌とも、長く共存してです。そのつもりで買っちゃいましょうよ。

      1. バラン より:

        キノシタ様

        返信ありがとうございました!

        そうですよね!
        膵癌との長い共存の思いも込めてですよね!

        近々に日本橋へ行って、実機を最終チェックし、Amazonさんでポチっとします。

        背中を押して頂きありがとうございました!
        今後も宜しくお願い致します(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です